僕の心のヤバイやつ 2巻、9月6日発売予定!
恋を自覚した市川と、恋を自覚する山田の悶絶、両片想いラブコメ最新巻!

:: 2012/6/26 火曜日::

■[漫画]永水は貧乳のち爆乳でしょう「咲 -Saki-」10巻

咲-Saki-(10) (ヤングガンガンコミックス)
著者/訳者:小林 立
出版社:スクウェア・エニックス( 2012-06-25 )
コミック ( ページ )
作者サイト:dreamscape

相変わらずの麻雀漫画と異能バトル漫画の中間を遊覧飛行する展開ですが、
そこが面白いし、何よりキャラが萌えるのであります。
それに人間ドラマもありますしね!

のどっちが覚醒した場面から始まり、デジタル打ちと異能のぶつかり合いかと思いきや、
永水の鬼門使いの薄墨さんと、宮守女子の相手の手を塞ぐ塞ちゃんと、
清澄ののどっちと、ただ姉に憧れて麻雀を腕を上げただけの姫松の愛宕妹と、
能力持ちとそうでない人という変則的な組み合わせなものに。

結果として見ると薄墨にとって塞は非常に相性が悪く、
また、異能的なものがないからといって麻雀がボロ負けするということもなく、
愛宕妹とのどっちもちょっと前進という意外な展開に。
何というか、面子の相性が重要ですよね「咲 -saki-」では。

そして異能バトルとして更に輪をかけて凄くなるのが咲が出陣する大将戦。
サクっと咲が嶺上開花するだけでなく、
宮守の姉帯が追っかけリーチで一発で和了る上に裸単騎で和了る能力まで発現させ、
更には永水の石戸霞が能力を開放して…
いやー、一人だけ凡人の姫松の末原先輩が可哀想になってきますね…

しかし石戸といい、薄墨といい永水は濃い、もといエロいキャラばかりですね。
というか薄墨はもうはいてないと見られてもおかしくないですよね、アレ。
トーンでスジを作ってる職人芸が凄いと思います!(笑

関連エントリー


咲-Saki-(14) (ヤングガンガンコミックス)著者/訳者:小林 立出版社:スクウェア・エニックス( 2015-0…

咲Saki(9) (ヤングガンガンコミックス)著者/訳者:小林 立出版社:スクウェア・エニックス( 2012-03-2…

咲-Saki-(16) (ヤングガンガンコミックス)著者/訳者:小林 立出版社:スクウェア・エニックス( 2016-1…

咲-Saki-(15) (ヤングガンガンコミックス)著者/訳者:小林 立出版社:スクウェア・エニックス( 2016-0…

咲-Saki-12巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス) 発売日:2013-12-25作者サイト:dreamsca…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.656 sec. Powered by WordPress