ベルセルク 41巻、12月24日発売予定…!
それは惜しいというには、存在が大きすぎた…

:: 2012/10/26 金曜日::

■[漫画]女神編、完結!「神のみぞ知るセカイ」19巻

神のみぞ知るセカイ 19 (少年サンデーコミックス)
著者/訳者:若木 民喜
出版社:小学館( 2012-10-18 )
コミック ( 224 ページ )
作者サイト::: HoneyDipped ::
作者twitter:若木民喜 (angelfrench) on Twitter

女神編の完結巻なのに何故ちひろが表紙なのかというと、
この女神編はある意味ちひろ編だったとも言えるからなのです。
ただ一人、女神が中に居て記憶が残っている訳でもないのに、
素のままの自分で決めて告白して、徹頭徹尾自分の恋だったちひろこそが、
一番のメインヒロインだったんだと思わされます。

女神を出す為に歩美を攻略する為に取る桂馬の手段だけど、
ちひろから見たら確かにバカ芝居だよなぁ…(笑
これもバクマン。で言う所のシリアスな笑いというコトなのかも知れませんね。
本人たちは地獄のコトとか自分の恋で真剣なだけに余計笑えるという。

しかし歩美は本当に最初のヒロインであり、最後のヒロインだったんだなぁ。
だからこそ、結婚エンドというある意味ギャルゲ―的に王道であり、
非常に分かりやすいラストを迎えたんだな、とも思えます。
まぁ、そこに行くまでが大変面倒というのもある意味メインヒロインらしいですけども。
ToHeartでもあかり攻略には第三者にアプローチしないといけなかったように、
歩美攻略も結果的にはちひろへの脇道が必要だったのかもしれませんね。

ラストのバンドシーン、女神全員が翼を広げる中で自分だけ翼がないちひろが浮かべる、
口惜しさが滲み出る表情から色々なコトが読み取れて凄く切ないですね…
メルクリウスが飛び立った時は見えなかったと言っていたのに、
実際はちゃんと見えてるみたいなのが、ちひろらしいと言いましょうか…
どうか彼女も最後には幸せな記憶を…
と願わずにおりません。

関連エントリー


神のみぞ知るセカイ17+18巻セット 画集付き限定版 (特品)著者/訳者:若木 民喜出版社:小学館( 2012-07-…

神のみぞ知るセカイ 16 (少年サンデーコミックス)著者/訳者:若木 民喜出版社:小学館( 2012-03-16 )コ…

神のみぞ知るセカイ 12 (少年サンデーコミックス)著者/訳者:若木 民喜出版社:小学館( 2011-04-18 )コ…

神のみぞ知るセカイ 14 (少年サンデーコミックス)著者/訳者:若木 民喜出版社:小学館( 2011-09-16 )コ…

神のみぞ知るセカイ 13 (少年サンデーコミックス)著者/訳者:若木 民喜出版社:小学館( 2011-06-17 )コ…


 Comments (3)

3 Comments »

  1.  という訳で、女神顕現編が終了ですね。19巻の表紙は女神全員かなぁと思っていただけに、まさかのちひろには吃驚しました。

    >ToHeartでもあかり攻略には第三者にアプローチしないといけなかったように、

     同級生2でも桜子攻略には美佐子さんへのアプローチが必要でしたからね!(古) ハクアも発言していた通り「舞台裏なんか見たくなかった」というのが現実でしょうw 優雅に湖面をたゆたう白鳥の水面下は滑稽なモノなのですな。
     しかし、歩美だけは再度攻略に単行本二冊。一押しなだけに嬉しいですがちと他の五人に申し訳ない感じです。特に面を向き合わせて「好き」という感じの発言をしていないされていない月夜が……(涙)。実は単行本5巻ラストに伏線が張られていたという事実を最近、気が付いた私です(結果論かも知れませんが)。屋上から桂馬をずーっと見ていたのですから、アレは月夜でなくとも怒りますぜ。それでも許すんですから月夜は優しい良い子ですなぁ……。
     ラストのディアナがメルクリウスを掻っ攫っていったシーンですが、あの時点では「自分の中にあった可能性があるモノ」の片鱗を目にする事が出来なかった一方で、実際にステージで目にしてみたらソレはソレで「自分の中にその力はない」という事実を突き付けられて、打ちひしがれるというか現実を見せられたというか、……いたたまれないですね。
     唯、前巻でも評しました通りちひろは全ヒロインの中で女神との関連がないながら地獄の事情を知る唯一のヒロインですから、実際に立ち位置としてまだ可能性がない訳ではないんですよね。何せ「駆け魂の影響を全て排除したニュートラルの状態で桂馬を好きになった」のですから。そういう意味では天理とどっこいで気持ちは純粋なのかも知れません。がんばれちひろ! ですからP.163の、ちひろか歩美の背中を一押しするシーンは感動でした。……コレで桂馬が歩美以外を選択したらちひろは黙っちゃいないでしょうなわっほい! 歩美のおっぱいは大きかった……(P.17、P.57)。

     さて、物語で回収されていない伏線は以下のような感じになりました。

    ・リミュエル(倉川灯)のポジション。
    ・担任、二階堂先生が駆け魂を捕獲できる理由。
    ・ディアナに翼が出た理由。

     こんな具合ですか。二階堂先生は例のあの子かなぁという予想は薄々とする訳ですが、ストーリーがあの子中心で進んでいないのはちと気がかりです。加えて長瀬先生編(単行本5巻)で二階堂先生の過去の姿が若干、紹介されているので時期としてブッキングしているんですよね。そうなると違う可能性の方が高いのですが、唯、別人物とすればいよいよ二階堂先生は何処のポジションなのよ? 倉川灯とどんな関係?(バディ?) というのがストーリーテラーとして気に掛かる訳です。この辺り、暴露されるのはまだかなり先になりそうなので今は待ちの一手ですね。
     そんなこんなで余った時間は、女神が居た攻略相手の過去に遡って「女神が居る」という前提でラストを振り返ってみるというのが楽しいですよ。ハクアが表現した「かのんとつきあってるのに、自分にも手を出した最悪フタマタクズ男」が如何にして生まれたかというのがヒロイン毎に判りますw

     さて、私は限定版購入者なのですが、てっきり前回の付属DVDに続いてバンド編が描かれるモノだとばかり思っていたので、結が登場しなくてかなり残念だったりします。や、別に天理が悪いとかそういう意味ではないのですが!(汗) OVAが二巻続きなので次の巻の限定版も予約済ですが、……書店員からウチの店に限定して発言しますと、ちと売れ行きは芳しくないです。同じOVAでもバンド編が付属していた13巻はかなり捌けたので、……まぁ、その……、天理ェ……。
     OVAになっている以上、テレビ編でディアナは登場しなかったと思いますのでそれなりに需要はあると思ったのですが、神のみファンとしてちと残念です。

    コメント by Mya — 2012/10/28 日曜日 @ 23:01:06

  2.  スイマセン、伏線が二つ程、抜けてました。

    ・旧校舎シアターと女神の紋を校章に持つ学園と物語の関係。
    ・エルシィには姉が居る。

     旧校舎のシアターはかなり強調されていたので近いウチに回収されそうですが、エルシィの姉は出番があるのでしょうか? チョットドキドキです。
     神のみぞは読み返していたら所々、「メルクリウス」が「メリクリウス」になってましたねw メリクリ! 恐らく正解はメルクリウスだと思うのですが結構、メリクリウスの登場回数も結構、多いという……。

     
    >恋愛しませんか?

     其処は究極、「当初は読み切り一話の予定がアンケート良くて次描いて次描いて、気が付けば単行本九巻完結」の「ささめきこと(いけだたかし著/メディアファクトリー刊)」がありますので、……行けますゼ! 先ずは目指せ五巻?

     
    >まじん☆プラナ

     最終回、きららキャラットに掲載されていましたね。前号のキャラットで最終回作品の欄にプラナの名前がなかったのでドキドキでした。
     ハーレムエンドと思いきやキチンとメインヒロインとのエンディングでしたが、個人的には河原家と伊達先生×ころちゃん先生がどうなったのか気になります! 私は無論ながらルト派ですが、ラニが普通にエンディングで登場していただけに、色恋沙汰は無しかなぁとか。まさかの宗方礼エンドとか!
     あと、エンディングの紙芝居で登場した黒髪ぱっつんな二人の子供が判りません……。誰かの子供でしょうかね!?
     さて、何はともあれnino先生お疲れ様でした。暫くは休養なさるという事ですが、やはり兼業作家は苦労が大きかったのでしょうかね? 可能であれば体力が回復した頃に次回作を登場させて頂けると、ファンとしても嬉しい限りです。

    コメント by Mya — 2012/11/1 木曜日 @ 14:18:12

  3. 取りあえずしばらくは神知るはYU-NO編でしょうねー

    コメント by フラン — 2012/11/2 金曜日 @ 21:52:34

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.046 sec. Powered by WordPress