りゅうおうのおしごと! 14 ドラマCD&抱き枕カバー付き特装版 予約開始!
各種専門店では個別の特典もアリ!

:: 2013/7/7 日曜日::

■[漫画]小坂さん…「高杉さん家のおべんとう」7巻

高杉さん家のおべんとう 7 (フラッパーコミックス)
著者/訳者:柳原 望
出版社:メディアファクトリー( 2013-06-22 )
コミック ( 182 ページ )
作者サイト:柳原望・公式web「天水花苑」/home

うん、判っては居たんですよ。
フラグはビンビンに立っていたし、小坂さんのことを考えるとそれが良いとは判ってはいるんですよ。
年齢的に小坂さんが割りと厳しいのは判ってはいるんだけども!
でもねー…、丸宮兄と付き合うにしてももうちょっと待って欲しかったというか…
読んだ後の、この虚脱感というか寝取られ感というか、
そういうのを感じるのはオタク特有のモノなのでしょうか…

描き下ろしエピソードで、如何にして小坂さんが落ちたのかというのを描いてるのもまたね…!
キャラクターを掘り下げる意味でも重要なのは判りますし、
これはこれで必要だということも重々承知しております!
でもね、これは中々にキツイものがある訳ですよ!
丸宮兄と高杉さんを比べると圧倒的に高杉さんに共感してしまう私としては!

後書きで書かれているとおり高杉さんは「空気を読むが機を逃しまくる男」なんですよね。
それに比べて丸宮兄は「空気は読まないが機を逃さない男」な訳で、
そういった意味でも高杉さんは草食系であり、丸宮兄は肉食系だと思うんですよ。
これはもう本当にそういった性格というか個性なんでしょうね。

高杉さんは失敗は多いけれど性格が悪いわけではないだけに、
何というか応援してあげたくなるだけにもどかしいと言いましょうか。
今回も長年の地道な努力が報われたと思った途端にハシゴを外される展開で、
読んでて悲しくなりましたよ…!
それでも今までの経験から耐性が出来ているお陰でへこたれず、
少しずつ成長を見せてくれる高杉さんを見てると更に応援したくなりますね…!

小坂さんとは本当に”縁”がなかったんだなぁ、とは思うんですよ。
久留里が来なかったら高杉さんは成長せず、小坂さんのハートを掴めなかった訳で…
でも久留里が居るからこそ高杉さんは久留里中心になって物事を考えてしまい、
結果として小坂さんが身を引く事態になってしまった訳で…
何だろうなぁ、「うさぎドロップ」でダイキチとコウキママが結ばれなかった時も思ったけど、
本当に歯痒くてもどかしいものがありました。

そしてそんな風に読後に色々と考えさせられるのも、
ある意味漫画の面白さなのかな、とも思います。

久留里は将来像が徐々に明確になってきた感じはするけど、
高杉さんはまだまだ(過保護気味の)保護者気分から脱してないので、
久留里は苦労することが多いとは思います。
ですが、草食系な高杉さんをスーパーの特売の時に見せる肉食系な勢いで、
是非ともゲットしていただきたい所存であります。

関連エントリー


高杉さん家のおべんとう6 (フラッパーコミックス)著者/訳者:柳原 望出版社:メディアファクトリー( 2012-10-…

高杉さん家のおべんとう 4 (MFコミックス フラッパーシリーズ)著者/訳者:柳原望出版社:メディアファクトリー( 2…

高杉さん家のおべんとう 8 (MFコミックス フラッパーシリーズ)著者/訳者:柳原 望出版社:KADOKAWA/メディ…

高杉さん家のおべんとう 3 (MFコミックス フラッパーシリーズ)著者/訳者:柳原 望出版社:メディアファクトリー( …

高杉さん家のおべんとう 5 (フラッパー)著者/訳者:柳原望出版社:メディアファクトリー( 2012-03-23 )コ…


 Comments (6)

6 Comments »

  1. うさぎドロップの件も自分も思いました。歯がゆかった(つд⊂)
    自分は小説書いてますが、寝取られの件で読者様からご批判もらいました。この意見と全く同じことで・・・ここで読んで何故そう思われたのかやっとわかりましたm(_ _)m

    コメント by 桐生清一 — 2013/7/8 月曜日 @ 10:11:00

  2. >自分は小説書いてますが、寝取られの件で読者様からご批判もらいました。
    男性オタク読者だと特にデリケートなので厳しいんだと思います。
    「高杉さん家のおべんとう」は女性作者だからこそこういう風に描けたんだと思いますし。
    ラブひなやネギま!で有名な赤松健先生はそこら辺よく弁えてらっしゃるのでハッピーエンドになっても主人公に恋慕していたヒロインは振られても、後で適当に男キャラを宛がうとかもやらないので有名ですね。(笑

    コメント by フラン — 2013/7/8 月曜日 @ 15:09:05

  3. 小坂さんと兄結ばれたのか。

    やっぱり女性作者だけあるなぁ。読者はほとんど男性な気がするけど大丈夫だろうか。心配だな。
    かんなぎもそれであれになってしまったから。

    まあこういう展開書いても特になんないからふれない方がいいんじゃないかと心配してしまうのも男だからかな。普通は完全タブーな領域ですからねぇ(笑

    コメント by あい — 2013/7/8 月曜日 @ 19:21:07

  4. 女性作者だからは関係ないと思う
    白泉で描いてた頃は、こんな展開描くような人じゃなかったし
    そのころの方が男性主人公は優遇(?)されてたよ
    少なくとも今の徹底したハル弾圧と比較すれば

    自分も男読者だけど、その頃の作品に惹かれてファンになった身としては
    今の展開は、その…見てらんねえ

    コメント by J — 2013/7/10 水曜日 @ 14:18:31

  5. この描写は女性作家じゃないとさらっと描けないと思うよ。
    フルーツの実弾って表現もさることながら
    悪意が無いから余計たちが悪いwww

    コメント by けむのひと — 2013/9/13 金曜日 @ 16:32:35

  6. 僕的には高杉さんに対していらいらしますね。周りからの好意、もうちょっと気付けよみたいな。

    コメント by kikukawahumi — 2014/1/6 月曜日 @ 11:20:15

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 2.272 sec. Powered by WordPress