僕の心のヤバイやつ 2巻、9月6日発売予定!
恋を自覚した市川と、恋を自覚する山田の悶絶、両片想いラブコメ最新巻!

:: 2013/8/23 金曜日::

■[漫画]忽鄰塔開催!「まおゆう魔王勇者 「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」」8巻

主立った魔界の氏族が一堂に集う忽鄰塔が開催!
地球では遊牧民族が住まうモンゴルで行われた部族長会議のことだけど、
魔界でもその意味合いは似たようなもので、
現在地上の人間との間で行われている戦争の行く末を決定する為に開催するんだけど、
もう一つ地球と同じ意味合いがあることも「典範」に記されており、
それが魔王を苦しめることになって…

国王と教会がトップに立って独裁的な政治を行う地上とは違い、
魔界は複数の氏族の同意を持って意思を決定する合議制。
それ故に各氏族に対して事前の意思確認と根回しが必要な訳であって、
そういった交渉こそが重要になってくるんだけど、
どの氏族も一筋縄ではいかない個性を持っていて…

表紙にも出ている鬼呼族と妖精族は魔王の主張する停戦派だから良いけど、
プライドの塊な蒼魔族と脳筋な獣牙族が魔王たちを悩ませる訳でして…

maoyuu08_01

流石の魔王もグロッキー状態で悩ましい…
勇者はこういった交渉は不得手なので裏方で支えてはくれるんだけど、
やはり魔王は魔王なだけあって矢面に立つのは魔王なんだよなぁ。
いやはや大変。

しかし交渉だけで済むならまだ魔王が得意な戦場と言えるのだけど、
蒼魔族の嫌らしい手法が中々に痛烈に効いたのが痛い。
それに対して火竜大公が良い役者を演じてたのは格好良かったなぁ。
古くからの部族を率いる長としての威厳でもって蒼魔王に対しても正面から意見を言える、
その貫禄が頼もしい訳ですよ!
開門都市の件で以前衝突しながらも交渉し、味方に引き込めたのは大きかったですね。

その火竜大公のお陰で蒼魔王の策は未然に防げたかに見えたけど…
いやー、最後のあのシーンは見開きで見せられたからこその迫力ですね!
かなり強烈なヒキですので原作読んでても続きが気になる終わり方ですよ!
ちなみにこの続きは今月発売のコンプエースに載ってますのでそちらを是非どうぞ!

関連エントリー


まおゆう魔王勇者 「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」 (15) (カドカワコミックス・エース) 原作者サイト:m…

まおゆう魔王勇者 「この我のものとなれ、勇者よ」「断る! 」 (6) (カドカワコミックス・エース)著者/訳者:石田 …

まおゆう魔王勇者 「この我のものとなれ、勇者よ」「断る! 」 (12) (カドカワコミックス・エース)著者/訳者:石田…

まおゆう魔王勇者 「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」 (16) (カドカワコミックス・エース)著者/訳者:石田 …

まおゆう魔王勇者 「この我のものとなれ、勇者よ」「断る! 」 -7 (カドカワコミックス・エース)著者/訳者:石田 あ…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 5.062 sec. Powered by WordPress