殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」2巻は4月22日発売!
おじさん…!

:: 2013/9/27 金曜日::

■[漫画]終わらない恋物語の終わり。「恋愛ディストーション」8巻

恋愛ディストーション 8 (サンデーGXコミックス)
著者/訳者:犬上 すくね
出版社:小学館( 2013-09-19 )
コミック ( 192 ページ )
作者サイト:docile -犬上すくねファンサイト-
作者twitter:犬上すくね (sukuneinugami) on Twitter

「恋愛ディストーション」が完結しました。
やっと…、やっと完結しました…
サンデーGXで最終回を読んだ時は、
まだ続きがありそうな終わり方だったというのと、
何より今までの経緯が経緯だったので本当に終わったのか実感が沸かなかったんですが、
この8巻をあとがきまでじっくりと読むことで実感することが出来ました。
あぁ、本当に終わったんだなぁ、と…

この「恋愛ディストーション」はラブコメ作品として不朽の名作と言って良い完成度だと思います。
何しろ15年前に出た第1話を、新装版になった今読み返しても面白さが損なわれるどころか、
新たな味わいをもって読むことが出来ましたからね。
何度にもわたる掲載雑誌の休刊騒動にも関わらず未完に終わらなかったのは、
その面白さに惹かれた多くのファンが居たからだと思います。

8巻では山野辺の付き合い初めたばかりの男女にありがちな騒動の続きと、
棗と大前田のバレンタイン話、そして棗の亡き父の遺作探しにおける二人の大喧嘩の話がメインに。
そしてラストは綺麗に3組みのカップル+1組みで、
みんなでバーベキューというラインナップになっております。

実はこの棗と大前田の大喧嘩はかなり以前に伏線として出てきています。
具体的に言うと旧版恋ディス4巻のカバー下にあるんですよね。
山野辺に彼女が出来ることも、まほ先生の双子姉妹の話も、
そして今回の棗たちの騒動まできちんと設定が当時から為されていたことが判ります。
ホント、ここに辿り着くまで長かったよなぁ…

それにしても棗って本当に面倒くさい女だよなぁ…(笑
大前田はドMな犬だよ間違いなく! 凄いけど共感できない!
でも、バレンタインにあの棗が手作りチョコをくれた際のリアクションには大いに共感できました!
ええ、ホント男ってのはロマンチストで乙女チックな生き物なんですよねー(笑

そしてラストを飾るメインの4組のカップルの話ですが、これも良かったですねー

rennaidistortion08_01

ちなみに棗とまほ先生がお互い面識なかったのには気付いてました。
2巻で映画館のお手洗いですれ違っているのを見て「わざとだなぁ」と思ったので。
しかしその伏線を最終回に持ってくるとはなぁ…
いやはや、お見事であります。
それにラストではまほ先生と棗の二人の1巻からの成長を感じられて感慨深かったです。
これからも喧嘩はまだやるだろうけど、それも成長の糧として仲を深めていくだろうと感じられて、
みんなの今後に対しては不安がないような終わり方なのも良かったですね。

しかしこれで本当に完結なのかー…
私が犬上すくねさんのファンになったきっかけになった作品なだけに、
終わるのは寂しく思いますが、今までの放浪連載のことを考えると、
無事に終わってくれて安心しているのも確かだったりします。(笑
作者の犬上すくねさんも、長い間応援していたファンの方々もお疲れ様でした!
そして完結してくれてありがとうございました!
最高に面白かったです!

関連エントリー


恋愛ディストーション 1 (サンデーGXコミックス)著者/訳者:犬上 すくね出版社:小学館( 2011-03-18 )…

恋愛ディストーション (サンデーGXコミックス 10YEAR’S CHRONICLE)著者/訳者:犬上 すくね出版社:…

恋愛ディストーション 2 (サンデーGXコミックス)著者/訳者:犬上 すくね出版社:小学館( 2011-04-19 )…

恋愛ディストーション 7 (サンデーGXコミックス)著者/訳者:犬上 すくね出版社:小学館( 2013-02-19 )…

恋愛ディストーション 5 (サンデーGXコミックス)著者/訳者:犬上 すくね出版社:小学館( 2011-07-19 )…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.215 sec. Powered by WordPress