りゅうおうのおしごと! 14 ドラマCD&抱き枕カバー付き特装版 予約開始!
各種専門店では個別の特典もアリ!

:: 2013/10/3 木曜日::

■[漫画]女帝・入須「氷菓」5巻

氷菓 (5) (カドカワコミックス・エース)
著者/訳者:タスクオーナ
出版社:角川書店( 2013-09-25 )
コミック ( 152 ページ )
原作者サイト:汎夢殿
原作者twitter:米澤穂信 (honobu_yonezawa)さんはTwitterを使っています
作者サイト:A/O LABO

「氷菓」屈指の名エピソードである「愚者のエンドロール」編が完結!
アニメで見た時にも思いましたが、これって本当に凄くよく出来てますよね。
単純な密室トリックではなく、様々な個性的な解法を提示した上で、
正解よりも高度な誤答を導き出せるようにした仕掛けと、
その仕掛けを利用しての人間ドラマというストーリー構成が素晴らしかったです。

奉太郎の「力」が発揮された解決編でしたが、
意図的な入須先輩と天然のえるは対照的ではありましたけど、
確かにタロットの通り女性に翻弄されてましたね。(笑
でも一番奉太郎を翻弄しているのはやっぱり供恵姉さんでしょうけど。

それにしても入須先輩の確固たる自己は凄いよなぁ。
到底高校生には思えない在り方だと思うんですが、それも魅力の一つな訳で。
それにしてもやっぱり入須先輩は奉太郎にとってのアイリーン・アドラーなんでしょうかね?
でも奉太郎には最高に可愛いえるがお似合いだと思うんだ。
「愚者のエンドロール」編ラストをえるが綺麗に締めて読後の余韻を良くしてくれてますし、
やはりえるは大天使ですよ。

一つの漫画作品としての出来が良いのは勿論のこと、
アニメの追体験をするのにも最適な一冊だと思います。
原作にも手を出して、その魅力を更に体験したいとは思いつつも、
忙しくてまだ手を出してないんですよねー…
うーん、先日のKADOKAWA電子書籍半額キャンペーンの時に、
Kindle版で全部買っておくんだったな…
と思って調べたら2013/10/03 20時時点でまだ半額だった…
いつ買うのか? 今でしょ!(←言ってみたかっただけ

氷菓 (角川文庫) 愚者のエンドロール (角川文庫) クドリャフカの順番 (角川文庫) 遠まわりする雛 (角川文庫) ふたりの距離の概算 (角川文庫)

関連エントリー


氷菓13巻 出版社:KADOKAWA 原作者名:米澤穂信 原作者サイト:汎夢殿 原作者twitter:米澤穂信さん (…

氷菓 6 (角川コミックス・エース 387-7)著者/訳者:米澤 穂信出版社:KADOKAWA( 2014-04-26…

氷菓 (3) オリジナルアニメBD付き限定版 (カドカワコミックス・エース)著者/訳者:タスクオーナ出版社:角川書店(…

氷菓11巻 出版社:KADOKAWA 原作者名:米澤穂信 原作者サイト:汎夢殿 原作者twitter:米澤穂信 (@h…

氷菓 (8) (カドカワコミックス・エース)著者/訳者:タスクオーナ出版社:KADOKAWA/角川書店( 2015-0…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.293 sec. Powered by WordPress