殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」2巻は4月22日発売!
おじさん…!

:: 2013/11/13 水曜日::

■[漫画]お後がよろしいようで「じょしらく」6巻

じょしらく(6)完 (ワイドKC)
著者/訳者:ヤス
出版社:講談社( 2013-11-08 )
コミック ( 152 ページ )
作者サイト:Σぎゃあ
作者twitter:ヤス (yasu895)さんはTwitterを使っています

「じょしらく」が終わってしまうとフキダシ係の久米田康治先生が無職なっちゃう!
とムダに心配してたんですが、週刊少年マガジンで新連載が始まってちょっと安心。
そういった意味では落語らしく「お後がよろしいようで」と追われるんですが、
ヤスさんはどうなるのか、そっちはちょっと心配だったり。

それにしても今回はジャンプネタがいつにも増して多かった気がします。
やはりこれは最終巻だからというのもあるのでしょうか?
冨樫先生ネタやワンピネタは当然だけど、まさかマジシャンズレッドまで出てくるとは!
しかもちゃんと荒木飛呂彦先生に許可取ってるのが凄い。
これは一部を模倣したパロではなく、モロだから許可取ってるのかしら。

それにしても終わり方もしんみりせずに、
楽屋オチのアホなラストだったのも「じょしらく」らしかったですね。
ちなみに1000ページ超えの雑誌は結構ありますが紙質によって厚さは結構変わりますので、
アフタヌーンと同じ紙質にすれば別マガも物理的に薄くなって、
連載も延命出来たのに、と無駄なツッコミを思いついたけど興ざめなので黙っておくことにします。(ぉ

しかし、連載当初は久米田康治×ヤスという異色のタッグに驚いたもんだけど、
終わってみてみればアニメ化もしたし4年も続いたし、何より面白かったしと、
良い組み合わせだったなぁ、と思います。
久米田先生はしばらく週マガの連載で忙しいとは思いますが、
それが終わればまたフキダシ係をやってみるのも良いのではないでしょうか。(←縁起でもない発言

関連エントリー


じょしらく(2) (ワイドKC)著者/訳者:ヤス出版社:講談社( 2011-01-07 )コミック ( 128 ページ…

じょしらく(3) (ワイドKC)著者/訳者:ヤス出版社:講談社( 2011-10-07 )コミック ( 128 ページ…

じょしらく(4) (ワイドKC)著者/訳者:ヤス出版社:講談社( 2012-06-08 )コミック ( 128 ページ…

さよなら絶望先生 第19集 (少年マガジンコミックス)著者/訳者:久米田 康治出版社:講談社( 2009-11-17 …

さよなら絶望先生 第11集 (11) (少年マガジンコミックス)著者/訳者:久米田 康治出版社:講談社( 2007-1…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.289 sec. Powered by WordPress