殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」3巻は10月21日発売!
セガ公認メガドラミニ番外編も収録なるか?

:: 2014/1/17 金曜日::

■[漫画]杉元照文の覚悟「弱虫ペダル」32巻

弱虫ペダル 32 (少年チャンピオン・コミックス)
著者/訳者:渡辺 航
出版社:秋田書店( 2014-01-08 )
コミック ( 205 ページ )
作者サイト:「弱虫ペダル」と「まじもじるるも」の制服ブログ箱

Kindle版:弱虫ペダル (32) [Kindle]

熱闘したインターハイも終わったのでしばらくは日常パートかと思いきや、
人によってはインターハイ編以上に熱い1年生レースが描かれてましたよ!
「弱虫ペダル」も何だかんだで30巻以上も続きマンネリ感が出てくるかと思っていましたが、
まさかここまで熱く、興奮する物語を見せてくれるとは思いもよりませんでした。
凄い、「弱虫ペダル」はやっぱり凄い少年漫画だ…!

一年生の頃はピエロみたいだった杉元。
それが、インターハイ最後の坂道の姿を見て一念発起して地道な練習を積み上げてきたことにより、
ここまで熱いレースを見せてくれることになるとは…
一度は折れかけた心を、切れかけた信念を、兄弟の絆によって手繰り寄せ、
もう二度と離さないとばかりにペダルを回す姿には目頭が熱くなりました。
そして、だからこそその残酷なまでの結末には切なくなりました。

恐らく今までの「弱虫ペダル」という作品からするなら、杉元がレギュラーに選ばれるべきです。
チームの絆、6枚のジャージ、諦めないメンタル…
そういった総北スピリッツを受け継いでいるのは間違いなく杉元です。
でも、敢えてそうせず、残酷なまでの実力差から一年生の鏑木がレギュラーを獲得し、
その子供のままな感性を総北の一員として鍛えられていく姿を描いていく所に、
「弱虫ペダル」の新しいことへの挑戦、という名の覚悟を見た気がします。

それにしても杉元は本当に良い漢です。
ここまで印象が180度変わったキャラというのも珍しいくらいです。
その男気を何とか汲み取れないかという坂道に対して、
自分の覚悟を示してみせたシーンを読んでいた時、
私の心は感動で一杯でしたよ。
そしてクールダウンしながら号泣する姿にはこちらまで泣きそうになりました。

でも杉元はまだもう一年チャンスがあります。
そしてもうチャンスがない人が総北には居ます。
果たしてその人は誰なのか、その人にどういった覚悟があるのか。
そこら辺は次の33巻で描かれると思いますが…
まだまだ総北メンバーからは目が離せません…!

関連エントリー


弱虫ペダル 36 (少年チャンピオン・コミックス)著者/訳者:渡辺 航出版社:秋田書店( 2014-10-08 ) 作…

弱虫ペダル 40 (少年チャンピオン・コミックス)著者/訳者:渡辺 航出版社:秋田書店( 2015-06-08 ) 作…

弱虫ペダル53巻 出版社:秋田書店 作者名:渡辺航 作者サイト:「弱虫ペダル」と「まじもじるるも」の制服ブログ箱 Ki…

弱虫ペダル 48 (少年チャンピオン・コミックス)著者/訳者:渡辺航出版社:秋田書店( 2017-01-06 ) 作者…

弱虫ペダル54巻 出版社:秋田書店 作者名:渡辺航 作者サイト:「弱虫ペダル」と「まじもじるるも」の制服ブログ箱 Ki…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.451 sec. Powered by WordPress