Landreaall OAD付き29巻限定版が2月25日に発売!
あのLandreaallがついに… ついにアニメ化…!

:: 2017/1/10 火曜日::

■[漫画]女神の微笑「ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」10巻

皇太子ゾルザルによるクーデターが勃発した帝国。
一気に政情不安定になり庶民の生活も窮乏し、
苦労がまたもや水の泡となったピニャが絶望する中、
伊丹たち一行は冥府の神ハーディに会うためにベルナーゴに赴いて…

いやー、レアでしたねー
何がレアってレレイの笑顔ですよ。

ハーディがレレイに乗り移ることで、
基本的に無表情だったレレイの感情表現が豊かになったお陰で、
色々な表情を見ることが出来たのは嬉しい誤算というか。
まぁ、あくまで中身はハーディなんですけどね。
レレイの掛け値なし純度100%の感情発露が見られるのは、
恐らく外伝最終巻だと思われるので、コミカライズを待つのは大変そうな予感…

それとゾルザルによる内政改革ですが、
何というか中二病患者がやりそうな断行ばかりなのが痛痒いというか。
こう、何というかNAISEI的なモノが感じられてモゾモゾしちゃうんですよね。
これがゾルザルの意志がそのまま通ってればまだマシだったんだろうけど、
テューレの意志で捻じ曲げられちゃってるからなぁ。
それもまたゾルザルの悪行の因果応報なのでモニョるんですけどね。

ハーディが炎龍を目覚めさせた理由もわかったけど、
それによって事態は国と国の問題ではなく、世界と世界の問題へと発展しそうですね。
まぁ、ここらへんは原作読んでればわかると思いますので、
コミックでは次巻以降のお楽しみということで。

さて、次巻あたりで動乱編もクライマックスに近付くでしょうか。
一時はアニメに追い越されましたがもう少しで追いつきそうな予感…!
このままアニメでは描かれなかった本編ラストだけでなく、
外伝のコミカライズまで期待したいところです。
まぁ、まだまだ先の話ですけどね。(笑

関連エントリー


ゲート 7―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり (アルファポリスCOMICS)著者/訳者:柳内 たくみ出版社:アルファポリス…

ゲート 自衛隊彼の地にて、斯く戦えり 4 (アルファポリスCOMICS)著者/訳者:柳内 たくみ出版社:アルファポリス…

ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 6 (アルファポリスCOMICS)著者/訳者:柳内 たくみ出版社:アルファポリ…

ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 8 (アルファポリスCOMI)著者/訳者:竿尾 悟出版社:星雲社( 2015-…

ゲート 5―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり (アルファポリスCOMICS)著者/訳者:柳内 たくみ出版社:アルファポリス…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 0.618 sec. Powered by WordPress