りゅうおうのおしごと! 14 ドラマCD&抱き枕カバー付き特装版 予約開始!
各種専門店では個別の特典もアリ!

:: 2017/12/21 木曜日::

■[ラノベ]21世紀から転生したら奈良なのである「ブラック・トゥ・ザ・フューチャー 坂上田村麻呂伝」

日系三世の黒人警官マール・タムラはマフィア捜査中に殉職。
そして神とブッダに出会い、転生させられることになるんだけど、
何故かその場所が奈良時代の武門の家、坂上家で…

「異世界から帰ったら江戸なのである」や「オール・ユー・ニード・イズ・吉良」といった、
時代考証が無駄に凝った(褒めてます)小説を書く左高例さんの作品です。
積んでたんですが、仕事が一段落ついたので一気に読破した次第であります。
しっかし、相変わらず突拍子もないけど史実と微妙に合致した設定と展開のオンパレードで、
読んでてひたすら楽しかったです。(笑

坂上田村麻呂黒人説という、割りと与太な話を軸に物語が構成されてるんですが、
転生したマールの、人生前向きハッピーに生きる生き様と、
同じく転生してきた高子のTSエンジョイハッピーワイフっぷりが楽しかったです。
レイバンのサングラスとか唐突にネタをぶっ込んできたり、
もうわけがわからないけど、それもまた良し!(笑

「オール・ユー・ニード・イズ・吉良」もそうだったけど、
途中は読んでて楽しいんだけど、終盤は謎の感動を味わってしまうから凄い。
田村麻呂が最後の出陣をする時の周囲の反応とか見てると、
何というかこう、グッとくるものがあるんだよなぁ…
これが、格好良い男というものなのかしら…

何はともあれ面白い作品でした。
惜しむらくは洋画に詳しくないので、洋画ネタの殆どがわからなかったことかな…
流石に「バック・トゥ・ザ・フューチャー」はわかりましたけどね。(笑

関連エントリー


異世界から帰ったら江戸なのである 第参巻著者/訳者:左高例出版社:KADOKAWA/エンターブレイン( 2015-12…

異世界から帰ったら江戸なのである 第壱巻著者/訳者:左高例出版社:KADOKAWA/エンターブレイン( 2014-11…

異世界から帰ったら江戸なのである 第弍巻著者/訳者:左高例出版社:KADOKAWA/エンターブレイン( 2015-05…

オール・ユー・ニード・イズ・吉良~死に戻りの忠臣蔵~ 作者名:左高例 作者サイト:左高例 Web版:オール・ユー・ニー…

火輪を抱いた少女II 悪鬼著者/訳者:七沢 またり出版社:KADOKAWA/エンターブレイン( 2016-02-29 …


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.534 sec. Powered by WordPress