殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」2巻は4月22日発売!
おじさん…!

:: 2009/6/18 木曜日::

■[漫画]青春は一人一人、心の中に「銘高祭!」1巻

銘高祭! (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
著者/訳者:TOBI
出版社:芳文社( 2009-06-12 )
定価:¥ 620
コミック
ISBN-10 : 4832278150
ISBN-13 : 9784832278158
作者サイト:橙空間BLOG

デビュー作「眼鏡なカノジョ」でメガネ属性のない人に、メガネ属性を萌芽させたTOBIさんの最新作。
今度は掲載誌をきららフォワードに移して、文化祭をテーマにしたオムニバス形式の青春群像劇。
今まで学園モノで文化祭が出た作品は多いけど、文化祭のみを切り取った作品は珍しいですが、
オムニバス形式ながらストーリー性も備わった内容で魅力溢れる作品となっています。

中学の時に訪れた高校の文化祭に感激し、その高校に入学して1年目は会計として頑張った紺野みちえ。
2年に進級して生徒会に呼ばれた彼女に与えられたのは銘高祭実行委員長の大任の役。
そこから始まる銘高祭に向けての生徒たち一人一人の思いや青春が描かれており、
読んでて恥ずかしくなるくらいに熱く頑張っている姿には何かしら感じるものがあります。

親友が青春を掛けている銘高祭にそれほど熱くなれないことに悩む子もいたり、
頑張りが過ぎて空回ってみんなに迷惑を掛けてしまう子もいたり、
そしてそんな子を助けようとする子もいたりと羨ましいくらいに青春してるんですよね。
憎まれ役をやる瞳先生も描き下ろしのエピソードで可愛い所を見せてくれて、
ホントどのキャラも魅力的でたまらないんですよね。

ただ、「眼鏡なカノジョ」に比べてラブコメ成分が薄く、現在の所だと会計の眼鏡カップルくらいで、
それはそれで大変素晴らしいものだったんですが、欲を言えばもっと欲しい所です。
まぁ、まだ銘高祭の準備が始まったばかりだし、文化祭というのはカップルが増えるイベントだし、
2巻以降に期待したいです。

関連エントリー


銘高祭! (2) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)著者/訳者:TOBI出版社:芳文社( 2010-0…

■超電脳あるまじろくらぶさん 桜高文化祭新刊「「ぶちょうがタヌキでなにがわうり!」「別にいいけどな」」 りっちゃんがぽん…

共学高校のゲンジツ6巻 出版社:小学館 原作者名:伊丹澄一 原作者サイト:ItamiWorks 原作者twitter:…

■男子高校生の日常 第22話「男子高校生と文化祭4」 文化祭編はまだ続くぜ! というかカオスすぎる! ■うろんなページさ…

電波女と青春男〈6〉 (電撃文庫)著者/訳者:入間 人間出版社:アスキーメディアワークス( 2010-09-10 )文…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.407 sec. Powered by WordPress