ベルセルク 41巻、12月24日発売予定…!
それは惜しいというには、存在が大きすぎた…

:: 2018/5/22 火曜日::

■[漫画]平凡な男「弱虫ペダル」56巻

弱虫ペダル56巻弱虫ペダル56巻
出版社:秋田書店
作者名:渡辺航
作者サイト:「弱虫ペダル」と「まじもじるるも」の制服ブログ箱
Kindle版:弱虫ペダル (56)
Kindle版まとめ買い:弱虫ペダル
DMM電子書籍:弱虫ペダル (56)

インターハイ3日目、ゴール手前の山岳賞。
クライマックス直前という大いに盛り上がる賞を箱根学園のエース葦木場と争うのは、
総北の平凡な地味な男、手嶋純太だった…

熱かった…!
そして、感動した…!

今泉のような輝かしい経歴もなく、
坂道のような天性のクライマーでなく、
鳴子のような負けん気の強い性格でもなく、
葦木場のような恵まれた体格を持つでもなく、
生まれ持った才能も今までの戦歴もないけれど、
地道な努力をコツコツと誰よりも積み重ねてきた平凡な男、手嶋純太。

そんな手嶋の今までを見てきたからこそ、
その努力が実った瞬間は本当に感動した…!

正直、敗北しても仕方がないと思ってたんですよ。
真波との勝負ではフェアプレーに徹して僅差で負けたし、
何より3日目は広島との死闘を既に繰り広げたばかりだし、
盟友の青八木も既にリタイアしてしまっていたし、
不利な要素しかなかったんですよ。

それでも、今までの手嶋の努力を見ていた後輩からは信頼され、
既に卒業したOBたちからは期待され、
熱い勝負を見ている観客からは応援され、
そして遂には勝利をもぎ取るという…!
いやー、本当に熱かった…!
この漫画をずっと読んできて良かった…!

もちろん、まだインターハイは終わってません。
むしろ、クライマックスはこれからと言えます。
特に京都伏見とかこれからが本番でしょうしね。

でも、手嶋が成し遂げたことは坂道たちに伝わったので、
これから更に熱い戦いが繰り広げられる予感しかしません。
まだまだ面白くなりそうだ…!

関連エントリー


弱虫ペダル54巻 出版社:秋田書店 作者名:渡辺航 作者サイト:「弱虫ペダル」と「まじもじるるも」の制服ブログ箱 Ki…

弱虫ペダル 36 (少年チャンピオン・コミックス)著者/訳者:渡辺 航出版社:秋田書店( 2014-10-08 ) 作…

弱虫ペダル51巻 出版社:秋田書店 作者名:渡辺航 作者サイト:「弱虫ペダル」と「まじもじるるも」の制服ブログ箱 Ki…

弱虫ペダル 42 (少年チャンピオン・コミックス)著者/訳者:渡辺航 作者サイト:「弱虫ペダル」と「まじもじるるも」の…

弱虫ペダル 39 (少年チャンピオン・コミックス)著者/訳者:渡辺 航出版社:秋田書店( 2015-04-08 ) 作…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 2.437 sec. Powered by WordPress