殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」2巻は4月22日発売!
おじさん…!

:: 2018/9/27 木曜日::

■[漫画]絶望の英雄戦「ゴブリンスレイヤー」5巻

ゴブリンスレイヤー5巻ゴブリンスレイヤー5巻
出版社:スクウェア・エニックス
原作者名:蝸牛くも
作者名:黒瀬浩介
作者twitter:黒瀬浩介 (@kuroseP) | Twitter
Kindle版:ゴブリンスレイヤー (5)
Kindle版まとめ買い:ゴブリンスレイヤー
DMM電子書籍:ゴブリンスレイヤー (5)

水の街で起こる行方不明事件の原因と思しきゴブリンを退治するため、
剣の乙女に呼ばれたゴブリンスレイヤー一行は、
地下水道でゴブリン退治をしていると、
罠に嵌められた上に小鬼英雄(ゴブリンチャンピオン)が出てきて…

チャンピオン相手の戦いは絶望でしたね。
原作読んだ時も充分に絶望感を味わえましたが、
漫画として描かれるとその絶望感は200%増しでしたよ…

あの妖精弓手がゴブリンに群がられて剥かれて、
女神官ちゃんが肩を食われてのこの絶望顔。
何より、この事態に陥った原因が、
ゴブリンスレイヤーがクリティカルを食らって瀕死になったからなのが、
絶望の闇をより深くしているんですよ…

まぁ、そんなファンブルからも立ち上がるのがゴブリンスレイヤーなんですけどね。
ラッキーもあったとはいえ、諦めず、立ち上がり、
更に立ち向かう強さがゴブリンスレイヤーの魅力なわけです。

そんな絶望のあとはご褒美タイムと言わんばかりに、
必然性のあるお色気展開になっているのは読者的には嬉しいけど、
ゴブリンスレイヤーは相変わらず興味ナッシングですね。
恥じらう女神官はこんなに可愛いというのに…

半裸に剥かれたのに街に戻ったら元気いっぱいな妖精弓手も可愛かったけど、
今回のヒロイン度は女神官の方が高かったかな、と思います。
妖精弓手もリョナ的なヒロイン力は今回高かったんですけどね。
いえ、リョナは未遂ですけども。

しかし、ラノベ定番の粉塵爆発…
やっぱりゴブリンスレイヤーなら使って来ますよね。
威力は申し分ないけど前哨戦でしかないので、
次回のチャンピオンとの再戦は更に凄いことになりますので、
乞うご期待というやつであります。

関連エントリー


ゴブリンスレイヤー3巻 出版社:スクウェア・エニックス 原作者名:蝸牛くも 作者名:黒瀬浩介 作者twitter:黒瀬…

ゴブリンスレイヤー6巻 出版社:スクウェア・エニックス 原作者名:蝸牛くも 作者名:黒瀬浩介 作者twitter:黒瀬…

ゴブリンスレイヤー4巻 出版社:スクウェア・エニックス 原作者名:蝸牛くも 作者名:黒瀬浩介 作者twitter:黒瀬…

ゴブリンスレイヤー(1) (ビッグガンガンコミックス)著者/訳者:蝸牛 くも 黒瀬 浩介 出版社:スクウェア・エニック…

ゴブリンスレイヤー(2) (ビッグガンガンコミックス)著者/訳者:蝸牛くも 黒瀬浩介 出版社:スクウェア・エニックス(…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.412 sec. Powered by WordPress