水上悟志新作「プラネット・ウィズ」1巻が7月30日に発売!
7月からTVアニメ放送開始!

:: 2018/11/24 土曜日::

■[漫画]だって好きだから「その着せ替え人形は恋をする」1,2巻

その着せ替え人形は恋をする1巻その着せ替え人形は恋をする1巻
出版社:スクウェア・エニックス
作者名:福田晋一
作者twitter:福田晋一 (@fukudashin1) | Twitter
Kindle版:その着せ替え人形は恋をする (1)
DMM電子書籍:その着せ替え人形は恋をする (1)

その着せ替え人形は恋をする2巻その着せ替え人形は恋をする2巻
出版社:スクウェア・エニックス
作者名:福田晋一
作者twitter:福田晋一 (@fukudashin1) | Twitter
Kindle版:その着せ替え人形は恋をする (2)
DMM電子書籍:その着せ替え人形は恋をする (2)

雛人形の頭師を目指している五条新菜(わかな)は友達いない高一男子。
幼い頃のトラウマで自分の好きな事を表に出すのに忌避感がある新菜。
ある日自宅のミシンが壊れたので学校の被服室でミシンを借りて雛人形の衣装を作っていたら、
クラスのイケてる女子筆頭の喜多川海夢(まりん)に目撃されてしまう。
新菜はトラウマからバカにされるのを覚悟していたら海夢にはミシンを使えることを褒められ、
更に海夢が行き詰まっていたコスプレ衣装作成を頼まれて…

これはとても良いラブコメですよ…!

このタイトルの通りに海夢は恋をするんですけど、
そこに持っていくまでの道程がとても良く出来ているんですよね。
これは表紙のビフォーアフターといい、話の区切りといい、
1,2巻同時発売なのも納得の内容になっています。

ラブコメとして面白いのはそうなんですが、
その面白さを際立たせているのはやはりキャラクターの個性でしょう。
海夢は見た目と言動がとてもギャルなのに、
エロゲの性奴隷ヒロインのコスがしたいという時点でまず濃すぎる…!

それも見た目が可愛いからという理由ではなく、
プレイしてそのキャラに惚れ込んでというのも素晴らしいし、
何より、自分が好きなことを全力でやることに躊躇いがないところが良い…

新菜の心にこびり付いていたトラウマの数々を、
そうと知らず、ごく自然に拭い去っていくところが良いんですよね。

採寸で水着姿になるのに恥じることが全くなくて、
コス衣装選びでガーターを付けた時にはエロい挑発までしておきながら、
この子間違いなく処女な上に初恋ですよ…!
これはトキメキ感が半端ありません!

まぁね、海夢が恋に堕ちるのは仕方ないですよ。
好きな事を真面目に受け止めてくれる上に、
忙しい中でも全力で取り組んでくれて、
しかも心の底から自分のことを奇麗だと言ってくれたのがわかるんですからね。
そりゃー、恋に堕ちるのも仕方ないでしょう。
あの恋に堕ちたシーンは最高の見開きでしたね…!

そして新菜だけど… これがまたホント良い主人公で…
トラウマのせいで友達がいないのは残念だけど、
自分が好きなことがハッキリしてて、更に夢に向かって邁進してて。
公私が多忙で心が折れかけても逃げ出さず、
歯を食いしばり、涙を拭いながら、
自分が居て良かったと言ってくれた海夢に喜んでもらうためにコス衣装を作るとか…
いやー、本当に、実に、良い男の子ですよ…!

もちろん雛人形の衣装と人間が着るコスプレ衣装は勝手が違うので、
色々と失敗はやらかしてるんだけど、
それすらも青春の思い出になりそうなんだよなぁ。
実に良い…

あと、単純に漫画として面白いですね。
海夢の行動力に翻弄される新菜とか見てて楽しいですし、
普段はコミュ障なのに随所で真面目な顔で「なんですって?」と突っ込む新菜が面白い!

そんな新菜が海夢の自然なエロ可愛さに翻弄されるのもまた良いというか…
うん、全体的に面白いところばかりで最高だな…!

現時点で既に充分以上に面白いんですが、
巻末に新キャラが出てきたお陰でまた更に面白くなっていきそうなんですよね。
これは次の3巻もとても楽しみになって参りましたよ!
良作が多いヤングガンガンの中でも特に楽しみにしている作品なので、
多くの人に知ってもらいたいし、読んでもらいたい作品です。
面白いよ!

試し読みできます↓
その着せ替え人形は恋をする。 第1話 | SQUARE ENIX

関連エントリー


ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか (1) (ヤングガンガンコミックス)著者/訳者:大森 藤ノ 九二枝…

オシエシラバス(2) (ヤングガンガンコミックス)著者/訳者:高尾 じんぐ出版社:スクウェア・エニックス( 2011-…

はなまる幼稚園(11)(完) (ヤングガンガンコミックス)著者/訳者:勇人出版社:スクウェア・エニックス( 2011-…

ニコイチ 7 (ヤングガンガンコミックス)著者/訳者:金田一 蓮十郎出版社:スクウェア・エニックス( 2010-04-…

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(6) (ヤングガンガンコミックス)著者/訳者:大森藤ノ 九二枝 ヤ…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 0.853 sec. Powered by WordPress