りゅうおうのおしごと! 15 小冊子付き特装版 9月15日頃発売!
幼馴染みの年上の巨乳JDが本気を出してきたぞ!

:: 2021/8/20 金曜日::

■[漫画]5人の女たち「BLACK LAGOON」12巻

BLACK LAGOON12巻BLACK LAGOON12巻
出版社:小学館
作者名:広江礼威
作者サイト:Welcome.
作者twitter:広江礼威さん(@hiroerei) / Twitter
紙書籍通販:BLACK LAGOON (12)
Kindle版まとめ買い:BLACK LAGOON
DMM電子書籍:BLACK LAGOON (12)

ある日ロアナプラに現れた5人の黒スーツの女性たち。
フランス語を話す彼女たちは大柄な黒人男性を殺してまわり、
流石にやりすぎて連絡会に目を付けられた。
そしてその条件に合致するダッチに火の粉が掛かる前にロックは動き出して…

3年振りの新刊で新章開始です。
今まで出自不明で謎だったダッチの素性が少し見えてきた12巻でしたね。
まぁ、まだ確定はしてない状態なんですけども。

しかし今回の新キャラも濃いですね。

黒スーツの女性5人という時点で濃いけど、
垣間見えるそれぞれの事情というのも中々に濃いです。
ロアナプラという悪所でも生き残れる暴力を持ちつつ、
厄介で面倒くさい任務があるというのが濃いんですよね。

ロックが動く動機がとてもロックでしたけど、
ロアナプラにわりと染まってきているのもロックでしたね。
前回知り合った中国人のフォンとは良いビジネスパートナーになってるみたいだし、
居心地の良いポジションを得てきているんじゃないかな、と思うんだけど、
レヴィに言わせればそれはアカンやつなわけで。
難しい場所だなぁ、ロアナプラってのは。

裏切られたら裏切り返して、
鉄火場の中を駆け抜けるとか、本当に怖いところですよ。

表紙を飾ったこのルマジュールは生き残れるのかどうか…
うーん、半々くらいかなぁ…?

ちなみに巻末に20周年記念の記事が収録されてますが、
長い休載期間の理由が正確に載ってましたね。
サボってたとは思わなかったけどうつ病だったとはなぁ…
これはちゃんと公表しなかったのは悪手だったと思いますよ。
何しろ我々世代だと原稿落として逃げた作家の話とか山盛り聞いてるので、
そっちを連想する人がそれなりに出るのは分かりきっていたので。

まぁ、やはり心を壊す前にちゃんと休まないとですね。
呪術廻戦みたいに。
手遅れになる前にね。

関連エントリー


BLACK LAGOON11巻 出版社:小学館 作者名:広江礼威 作者サイト:Welcome. 作者twitter:広…

ブラック・ラグーン 10 広江礼威アートワーク集+お風呂ポスター付き限定版 (サンデーGXコミックス)著者/訳者:広江…

ブラック・ラグーン 2 (ガガガ文庫)著者/訳者:虚淵 玄出版社:小学館( 2011-01-18 )文庫 ( 232 …

神様ドォルズ 12 (サンデーGXコミックス)著者/訳者:やまむら はじめ出版社:小学館( 2013-04-19 )コ…

恋愛ディストーション 2 (サンデーGXコミックス)著者/訳者:犬上 すくね出版社:小学館( 2011-04-19 )…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.119 sec. Powered by WordPress