りゅうおうのおしごと! 14 ドラマCD&抱き枕カバー付き特装版 予約開始!
各種専門店では個別の特典もアリ!

:: 2009/10/24 土曜日::

■[漫画]これぞ山田秀樹の面白さ!「山田秀樹短編集 とある女子大生の日常にみる」

山田秀樹短編集 とある女子大生の日常にみる (TECHGIAN STYLE)
著者/訳者:山田 秀樹
出版社:エンターブレイン( 2009-10-24 )
定価:¥ 714
Amazon価格:¥ 714
コミック ( ページ )
ISBN-10 : 4047261629
ISBN-13 : 9784047261624
作者サイト:こんちき堂/こんちきblog

こんちきさんこと、山田秀樹さんのことを知ったのは電撃大王初掲載の、
「とある女子大生の日常にみる 小市民的『夏』」
が最初でして、それ以来ずっと応援していたんですよね。
具体的には電撃大王のアンケートハガキでしつこく復活希望を綴ったりとか。
で、この度読み切り全てを収録した短編集発売ということで形になった訳ですよ!
いやー、これは本当に素直に嬉しいですわー
正直言うと連載化して欲しかったのですが、「魔乳秘剣帖」を連載してるし、
そこら辺は妥協するしかないかなー、と思ったりしつつもちょっと残念だったりも。

で、表題作の「とある女子大生の日常にみる」というのは、
趣味の自転車や遊びに金を使いすぎて万年ビンボーのダメ女子大生の亜紀が、
単位足りなくなったら教授の弱みにつけ込んだり、
弱みがなかったら親友のまゆを罠に嵌めても弱みを作ってつけ込んだり、
金の為に褌姿で往来をツッパリしながら走ったりと最高に馬鹿な漫画です。
いや、本当に馬鹿としか言い様が無くてこれがまた楽しくて仕方ないんですよ!(笑

んで、「GOD BLOOMER」もこれまたヒジョーに馬鹿でして…
天界で自堕落な生活を送っていた神様が下界のブルマという衣服に興味を持って、
下界に降りてみたら、そこはブルマ廃止運動で激しい抗争を繰り返す学校で…
悲喜交々なドラマがあるんだけど、神様がブルマに夢中という時点で台無しになっています。
まぁ、そこが笑いのポイントであり爆笑してしまうのですが。(笑

そして最後に収録されている「なぎさ」は毛色が全然違ったジュブナイル作品。
同人誌も持っているんですが、これがもう感動しまくりの傑作なんですよね!
離島に住む少年が年上のお姉さんに寄せる幼い恋心を綴った名作!
多くの男性はかつての自分を思い出して共感できるんじゃないかなぁ。
山田秀樹さんはギャグだけの作家じゃないということが良く判ると思うので、
これは本当に面白いので、是非是非読んで欲しいです。

関連エントリー


惰性67パーセント 1 (ヤングジャンプコミックス)著者/訳者:紙魚丸出版社:集英社( 2015-08-19 ) 作者…

TECH GIANイレギュラーズ summer(エンターブレインムック)出版社:エンターブレイン( 2009-07-1…

らき☆すた (8) (角川コミックス)著者/訳者:美水 かがみ出版社:角川書店(角川グループパブリッシング)( 201…

こえでおしごと! 3 (ガムコミックスプラス)著者/訳者:紺野 あずれ出版社:ワニブックス( 2009-12-25 )…

魔乳秘剣帖(3) (TECHGIAN STYLE)著者/訳者:山田 秀樹出版社:エンターブレイン( 2008-10-2…


 Comments (2)

2 Comments »

  1. 「GOD BLOOMER」は本気で馬鹿な作品でしたねえ(笑)

    こんちきさんは挿絵メイン時代も良い仕事をされているので、そちらのチェックもオススメしたいですね。
    既に読まれている可能性も高いとは思いますけど、万一読んでなかったら、高瀬彼方さんの『ディバイデット・フロント』(スニーカー文庫)とか。
    「この人の挿絵あってこその完成度やで……!」と何度も思ったもんです。小説を完全に消化吸収したうえで、どんなテンションのシーンであっても完璧にビジュアル化する。いや、あれはもう「再現」ではなくて「合作」のレベルですね。
    ホントに感動もののクオリティですよ、こんちきさんの挿絵は。

    コメント by nekome — 2009/10/25 日曜日 @ 20:04:33

  2.  私もフランさんお奨めということで、表紙イラストもリンクのアマゾンから見た限りで好みだったので試しに購入しました。で、一話目を見てみて。
     …………。「ディバイデット・フロント」の絵の人じゃないですかー!? 吃驚です。そんなわけでコメントを付けに来たら、nekomeさんが既に言及なさっておりますね。「ディバイデッド・フロント」が大好きだったので高瀬彼方氏の著作は未だに発売されないか待っているのですが、「ブルー・ハイドレード」といい、私好みの作家さんは沈んでいく運命にあるようです……。長谷敏司先生も「円環少女」で私好みの作風でなくなった途端に売れるという……。つまり、私好みの作風は既に角川スニーカーなどの購買層から外れているということでしょうか? ……佐藤大輔先生などの講談社文庫や徳間書房からもう一度、再出発を!(もはや「フルメタル・パニック」くらいですからねぇ……)

     ていうか、「とある女子大生~」も「なぎさ」もきちんと私、紙上掲載を見てましたよ!? でもその時は「山田秀樹」≠「ディバイデッド・フロントの絵師様」だったので、改めてこの本を購入して「ゴッドブルマー」でカモ・ペイントしてスティンガー構えてAK提げているショートの女の子を見た瞬間、ピンと来たのはある意味、異常ですね……。柏木さゆりさんは間違いなく、「ディバイデッド・フロント」の……。
     で、連鎖的に「……えー!? ということは『魔乳秘剣帖』も山田先生が描いてるのー!?」という吃驚具合。「とある女子大生~」は私も連載していただきたかったのですが、どう転んだら「魔乳秘剣帖」に行き着くんですか山田先生!? 購入するべきか否か……。

     余談ですが、去年辺りにまんがタイムきららの四コマメインである三誌のうち、どれかにゲストでいらしたお方が似たような駄目女子大学生のお話を描かれて、真っ先に「とある女子大生~」を思い出したと同時に「この作品も連載してくれないかしら?」と思ったのは内緒です。と申しますか、あのきらら三回ゲストを見て「とある女子大生~」を思い出して、現在はこの「とある女子大生~」を見てあの連載を思い出しておりますw うむ、読みたくなったので押し入れにしまってあるきらら漁ってこよう。

    コメント by Mya — 2009/11/3 火曜日 @ 15:50:00

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.207 sec. Powered by WordPress