本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第五部「女神の化身X」 12月10日発売!
聖地での戦い

:: 2022/10/24 月曜日::

■[漫画]草原の馬競べ「乙嫁語り」14巻

乙嫁語り14巻乙嫁語り14巻
出版社:KADOKAWA
作者名:森薫
紙書籍通販:乙嫁語り (14)
Kindle版まとめ買い:乙嫁語り
DMM電子書籍:乙嫁語り (14)

お馬さんがとても出てくる14巻です。
森薫さんの馬好きっぷりが溢れに溢れていますよ。
ここまで素晴らしい馬を描く漫画家は中々いないと思いますよ。
いるとすれば荒川弘さんくらいじゃないかなぁ。
まぁ、あの人は馬よりも牛だろうけど…w

ロシアの南下政策を肌感覚で知っている指導者層が、
草原と町が同盟を組んで対抗しようとするのは当然の成り行きなんだけど、
実際に行われた歴史を知っていると、どうしてもモヤモヤするものがあります…

でも、この時に行われた馬競べはとても気高くて面白いです。
同盟のために草原の民が一つとなるべくジャンディク一族と婚姻を結ぶことになり、
ジャンディクの娘たちとの嫁取り勝負で馬競べをすることになったんだけど…
黄金の馬に乗ったビケさんがとても気高いんですよね…

気難しいというわけではなく、誇り高く気位も高い。
そして乗馬技術も高いし、戦闘力も高いし、思い切りも良い。
アゼルのような強い男がどんな女性を嫁にするのかと思ってましたが、
これ以上ないほどの良縁だと思います。

アゼルの婚姻ということでアミルとカルルクも出てきましたけど、
カルルクは確かに成長してましたね。
弓矢を使って狩りもしてましたけど、
一発で心臓を射貫くアミルは流石の一言でした。

それはそうとジョルクは良いお嫁さん持ちましたね…
彼ならロシアの南下政策で大変なことになっても、
なんだかんだで生き残りそうな気がします…w

関連エントリー


乙嫁語り 7巻 (ビームコミックス)著者/訳者:森薫出版社:KADOKAWA/エンターブレイン( 2015-02-14…

乙嫁語り10巻 出版社:KADOKAWA 作者名:森薫 Kindle版:乙嫁語り (10) Kindle版まとめ買い:…

乙嫁語り 9巻 (ビームコミックス)著者/訳者:森 薫出版社:KADOKAWA( 2016-12-15 ) Kindl…

乙嫁語り13巻 出版社:KADOKAWA 作者名:森薫 紙書籍通販:乙嫁語り (13) Kindle版まとめ買い:乙嫁…

乙嫁語り11巻 出版社:KADOKAWA 作者名:森薫 Kindle版:乙嫁語り (11) Kindle版まとめ買い:…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.164 sec. Powered by WordPress