本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第五部「女神の化身X」 12月10日発売!
聖地での戦い

:: 2022/12/6 火曜日::

■[漫画]接客一番にゃん「ラーメン赤猫」2巻

ラーメン赤猫2巻ラーメン赤猫2巻
出版社:集英社
作者名:アンギャマン
作者twitter:アンギャマンさん(@ANGYAMAN) / Twitter
連載サイト:ラーメン赤猫 – アンギャマン | 少年ジャンプ+
紙書籍通販:ラーメン赤猫 (2)
Kindle版まとめ買い:ラーメン赤猫
DMM電子書籍:ラーメン赤猫 (2)

接客一番 味二番

直立歩行する猫たちが経営する「ラーメン赤猫」を巡る、
ラーメン好きと猫好きたちの物語の第2巻です!
表紙のクリシュナちゃんも換毛期を乗り越えて頑張ってるよ!

ラーメン赤猫は猫好きに支えられているお店だなぁ…
そう、しみじみと思う2巻でした。
弁護士さんも大の猫好きで、本当は赤猫のスタッフとして働きたいとか、
難関の試験を突破したキャリアを無駄にすることに躊躇がなさすぎるというか…w

それに普通の女性客もラーメン赤猫を推してるのが良いですよね。

あと、常連さんが内心で共感してるのも面白いです。
この常連さんが通うようになった出会いも巻頭カラーで描かれてますが、
店内がよく見えるような店構えが、常連ホイホイの秘訣なんでしょうね…w

やり手実業家っぽい社長さんも有能な秘書さんが猫好きだったのですげなくされたり、
世間には猫好きが多いのだなぁ、と思いますね…
それに、赤猫スタッフの猫さんたちの接客が素晴らしいから、
猫好きがどんどん猫好き度を上げていくんでしょうね。

特に今回は子連れママさんを見かねた佐々木さんが、
店内で休憩させてあげた時のエピソードが実に良かったです。

動物と赤ちゃんという、二大癒しコンテンツが今ここに…!

そしてママさんも子育てが大変で疲れていたけれど、
赤猫の接客とラーメンでお陰でその疲れを癒して活力を得たのは、
とても良いと思うのです…!

もちろんこんな丁寧な接客はいつもできるわけじゃないから、
ハナちゃんの懸念もわかるんですけどね。
たまにはこんな例外も良いんじゃないかな、と思うんですよ。
あの親子にはあと2,3年後にもう一度来てくれたらな、と思います。

関連エントリー


ラーメン赤猫1巻 出版社:集英社 作者名:アンギャマン 作者twitter:アンギャマンさん(@ANGYAMAN) /…

早乙女姉妹は漫画のためなら!?2巻 出版社:集英社 作者名:山本亮平 連載サイト:早乙女姉妹は漫画のためなら!? - …

2.5次元の誘惑14巻 出版社:集英社 作者名:橋本悠 紙書籍通販:2.5次元の誘惑 (14) Kindle版まとめ買…

早乙女姉妹は漫画のためなら!?3巻 出版社:集英社 作者名:山本亮平 連載サイト:早乙女姉妹は漫画のためなら!? - …

早乙女姉妹は漫画のためなら!?8巻 出版社:集英社 作者名:山本亮平 連載サイト:早乙女姉妹は漫画のためなら!? - …


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.129 sec. Powered by WordPress