僕の心のヤバイやつ 2巻、9月6日発売予定!
恋を自覚した市川と、恋を自覚する山田の悶絶、両片想いラブコメ最新巻!

:: 2009/12/19 土曜日::

■[漫画]ぎゃおおおん!? こっちの涼ちんは元男のコ!「世界の果てで愛ましょう」2巻

世界の果てで愛ましょう (2)
著者/訳者:武田 すん
出版社:アスキー・メディアワークス( 2009-12-18 )
定価:¥ 599
Amazon価格:¥ 599
コミック ( ページ )
ISBN-10 : 4048682970
ISBN-13 : 9784048682978
作者サイト:たけだ動物園

身分に関係なく王子を命懸けで助けようとした涼馬の無償の愛に惚れ込み、
性転換の薬を飲ませて女性にし、妻として迎えようとしたエミリオ王子のお陰で、
元男の子である涼ちんがこの世に爆誕したのです!
という訳で2巻では涼ちんの可愛らしさにキュンキュンしまくって、
道を踏み外しまくったアホどもを楽しむ内容になっています。

2巻でのメインは王子の勝手に決められた婚約者、超大国タイタニアのアリシアの登場でしょう!
独善的で周りの迷惑を一顧だにせず、恥をかかせた涼ちんに仕返しする為なら、
実質的に世界征服して嫌がらせするのも厭わない超迷惑女なのです!
しかしそのアリシアと涼ちんの雌雄を決する勝負がスク水尻相撲とか、
全くもって馬鹿馬鹿しくて最高に笑えましたよ。

それにしても涼ちんの元男の子とは思えない純真無垢っぷりには参りますよ。
男の下心に全く気付かず、それでいて小悪魔的な魅力たっぷりですからね。
弟の祐二は自分にエッチな想いは抱いてないと信じる穢れ無き心を持ってるとか最高じゃないですか!
また、王子に人工呼吸で命を助けられて照れくさくてキツク当たったりして、
もうホント女の子より可愛くてメロメロです。

しかしそのピュアっぷりはホント罪つくりなもので、
まだまだ幼い中学生の初恋をもぎ取っていく様にはニヤニヤが止まりませんでしたね。
ゲーセンであった可愛いお姉さんにドキドキしていたら、
実は子供の頃に遊んだ友達のお兄ちゃんだった、とかもう最高ですね。
初恋を乗り越えて春樹くんが成長することを祈ります。

関連エントリー


■ねこうさプリンさん 秋月涼漫画 πタッチにドキドキが止まらない! いけない階段を昇り始めた涼ちんの明日はどっちだ! ■…

世界の果てで愛ましょう 7 (電撃コミックス)著者/訳者:武田 すん出版社:アスキー・メディアワークス( 2012-1…

世界の果てで愛ましょう (8) (電撃コミックス)著者/訳者:武田すん出版社:アスキー・メディアワークス( 2013-…

世界の果てで愛ましょう 5 (電撃コミックス)著者/訳者:武田 すん出版社:アスキー・メディアワークス( 2011-0…

世界の果てで愛ましょう 3 (電撃コミックス)著者/訳者:武田 すん出版社:アスキー・メディアワークス( 2010-0…


 Comments (1)

1件のコメント »

  1.  あれ!? 「世界の果てで愛ましょう (2)」発売していましたか!? 買いそびれましたー! 本日買って参ります。いつもいつも情報、感謝です! 「けいおん!」は何故か平棚に置いていませんでしたので、これも本日、見てきます。
     朝霧の巫女最新刊も遂に秒読みに入りましたねー。過去に宇河先生が「全十巻」と仰っていた記憶があるのですが、本当に大丈夫なんですかね……? 兎に角、待望の六巻発売です。
     そして、そろそろCHOCOLATE-SHOPのCHOCOさんが冬コミ情報を更新しているかなと久々に見てきましたところ、何と「イグナクロス零号駅、連載再開計画スタート!」との知らせが! やりました! 田中久仁彦先生画集「龍骨」と同じく永きに渡って待ち続けた甲斐が……、……連載再開「計画」スタート? ……連載再開では無いんですね……。良いです、待ちますよぅ、グスン。

     あと前回、謝辞を申し上げ無ければならない所、すっかり忘却しておりました。申し訳ありません。
     フランさんの薦めで「乙嫁語り」購入しました! 前作の「エマ」は存在を知った時点で既に五巻まで刊行されており、乗り遅れたので購入しそびれまして、今回の「乙嫁語り」はどうしようかと迷っていたところ、フランさんの推薦文を見て購入してみたのですが、この面白さは異常です! 本当に素晴らしい情報をいつも有り難う御座います。

     お礼といっては何ですが、私からもつい先頃、一巻が発売されました「ミミツキ(相川有先生。幻冬舎コミックス)」を自薦します。著者が相川有先生なので終始、ほのぼのとはいかない可能性もありますが、発売されたばかりの一巻は実にキュートで楽しい獣っ娘が盛り沢山、登場します。物語もノリの良いギャグです満載で、自身が獣っ子であるとつい先般、知らされたばかりの大学生主人公が叫ぶ名言「ここはダメッ子動物園だ……!(私註:主人公含む)」がとても素敵ですw
     そして作中に「大黒」という鼠っ娘が登場するのですが、この連載が始まったのが今年のコミックバーズ七月号なので、その大黒の登場が、容姿がそっくりにも拘わらず性格の上で真逆な東方星蓮船のナズーリンとほぼ同時期なんですよね……。何か運命めいたモノを感じてしまいました。
     少しでもお気に係りましたら、宜しければまだ店頭に並んでいる可能性がある今月号のコミックバーズ巻頭カラーをご覧になっていただけると幸いです。先月号はもの凄く面白いところですから。大黒の電話の使い方には吃驚ですよw

    Comment by Mya — 2009/12/21 月曜日 @ 4:03:18

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.247 sec. Powered by WordPress