僕の心のヤバイやつ (10) 特装版 4月8日発売!
夏! 海! 青春!

:: 2023/8/28 月曜日::

■[ラノベ]年の差幼馴染みハーレムラブコメ「10年ぶりに再会したクソガキは清純美少女JKに成長していた」1,2,3巻

10年ぶりに再会したクソガキは清純美少女JKに成長していた1巻10年ぶりに再会したクソガキは清純美少女JKに成長していた1巻
出版社:オーバーラップ
作者名:館西夕木
作者twitter:館西夕木さん(@kanzaiyuki) / Twitter
絵師名:ひげ猫
絵師twitter:ひげ猫さん(@higeneko_tail) / Twitter
Web版:10年ぶりに再会したクソガキは清純美少女JKに成長していた
紙書籍通販:10年ぶりに再会したクソガキは清純美少女JKに成長していた 1
Kindle版まとめ買い:10年ぶりに再会したクソガキは清純美少女JKに成長していた
DMM電子書籍:10年ぶりに再会したクソガキは清純美少女JKに成長していた 1

10年ぶりに再会したクソガキは清純美少女JKに成長していた2巻10年ぶりに再会したクソガキは清純美少女JKに成長していた2巻
出版社:オーバーラップ
作者名:館西夕木
作者twitter:館西夕木さん(@kanzaiyuki) / Twitter
絵師名:ひげ猫
絵師twitter:ひげ猫さん(@higeneko_tail) / Twitter
Web版:10年ぶりに再会したクソガキは清純美少女JKに成長していた
紙書籍通販:10年ぶりに再会したクソガキは清純美少女JKに成長していた 2
Kindle版まとめ買い:10年ぶりに再会したクソガキは清純美少女JKに成長していた
DMM電子書籍:10年ぶりに再会したクソガキは清純美少女JKに成長していた 2

10年ぶりに再会したクソガキは清純美少女JKに成長していた3巻10年ぶりに再会したクソガキは清純美少女JKに成長していた3巻
出版社:オーバーラップ
作者名:館西夕木
作者twitter:館西夕木さん(@kanzaiyuki) / Twitter
絵師名:ひげ猫
絵師twitter:ひげ猫さん(@higeneko_tail) / Twitter
Web版:10年ぶりに再会したクソガキは清純美少女JKに成長していた
紙書籍通販:10年ぶりに再会したクソガキは清純美少女JKに成長していた 3
Kindle版まとめ買い:10年ぶりに再会したクソガキは清純美少女JKに成長していた
DMM電子書籍:10年ぶりに再会したクソガキは清純美少女JKに成長していた 3

有月勇は盆正月も休みなしなブラック企業に勤めて10年目にして身体を壊して退職。
高校卒業以来の故郷に帰省して実家が営む喫茶店で働きだしたら、
清楚なJKに「名前を当ててください」という不思議なゲームを仕掛けられる。
そのJKの正体はずっと勇に会えるのを待ちわびていたお隣りに住んでいたクソガキの未夜で…

先日私のTLに流れてきたこのツイート。

この画像に一目惚れして一気に新刊ともども購入したわけなんですが、
メチャクチャ面白いですね!
富士山の麓の地方都市を舞台にした年の差幼馴染みハーレムラブコメなんだけど、
ヒロインたちの個性が強くて魅力的なのです。

未夜は子供時代は生意気で冒険心が強かったんだけど、
この10年で文学少女になって大人しくなってる上に、
学校の男子にも人見知りが発動するのに勇にはべったりとか、
とても可愛すぎるのではないでしょうか?

眞昼は子供時代からボーイッシュだったけど、
そのままに成長しながら身体は母親に似て勇好みになった上に、
コミュ力も高いバレー少女になってるのに中身は恋する乙女とか、
とても可愛すぎるのではないでしょうか?

朝華は子供時代からお嬢様育ちの大人しさを見せてたけど、
思い出に囚われてグダグダしてたと思ったら吹っ切れて、
一気に勇を落とすために積極的にスキンシップを取ってくるとか、
とてもエロ可愛すぎるのではないでしょうか?

そんな三人のJKに好かれる勇だけど、
まぁ、未夜を赤ちゃん時代からずっと傍で見守っていて、
警察のご厄介になりそうな事案に巻き込まれて見捨てず、
友達付き合いよりも子守りを優先するお人好しですからね。
そりゃ初恋相手になると思いますよ。

でも、その地方出身のお人好しな高卒とかブラック企業にとってはカモでしょうからね…
良いように使い潰されるのは現代の日本の闇だと思いますよ。
全く、そんな企業に使い潰されるくらいなら朝華パパに頼んでコネ入社すれば良かったのにね…

とはいえ10年前に突然別れたことで三人にトラウマが植え付けられ、
初恋+トラウマの二重の意味で印象が深かったからこそ、
10年ぶりなのにすぐバレるんだと思います。
普通は小学1年生の頃に出会った初恋相手とか記憶の彼方ですよね…
まぁ、写真を毎日見てたなら覚えてるか…

未夜は産まれた頃から知ってるせいかのんびり構えているというか、
天然ポンコツであり、チョロインっぷりを発揮しているので、
このまま彼女の恋路が実るのか逆に心配になってくるんですよね…

眞昼は普通に恋する乙女だと思ったら一番トラウマが強烈っぽいし、
何かをしでかしそうでちょっと怖くもあるというか…

朝華は一番積極的に動いているけど…
友情との折り合いをどう付けるのかが気になるところですね。
まぁ、ヤンデレの素質は充分あるので困ったもんですけど。
あと、一番実家が太いというのが地味にアドバンテージがありますよね。

作中に出てくる富士山の描写は、静岡とかで住んだことがないのでイマイチ実感できませんが、
ブラック企業のトラウマで電話の着信音が怖いというのにはちょっと共感できます。
私も院生時代のトラウマで有機薬品の匂いを嗅ぐと当時のトラウマが思い出されてキツいですし…
それと、父親が車好きというのが良いですね。
未夜パパからEK8を100万円で譲られるとかちょっと羨ましいですw

今のところ三人の成長した身体にドキドキしながらも、
妹のように接してきた相手ということで理性を保っている勇が、
どこまで耐えられるのか気になるところです。
どの子を選んでも残り二人は闇堕ちしそうなので怖い…!

関連エントリー


10年ぶりに再会したクソガキは清純美少女JKに成長していた4巻 出版社:オーバーラップ 作者名:館西夕木 作者twit…

美少女宇宙人とふしぎ道具回収のはずが肌色展開すぎてヤバイ 1 (オーバーラップ文庫)著者/訳者:遠野 渚出版社:オーバ…

死神に育てられた少女は漆黒の剣を胸に抱く1巻 出版社:オーバーラップ 作者名:彩峰舞人 作者サイト:彩峰舞人 絵師名:…

異世界混浴物語 2 熱情の砂風呂 (オーバーラップ文庫)著者/訳者:日々花長春出版社:オーバーラップ( 2015-08…

IS〈インフィニット・ストラトス〉 8 (オーバーラップ文庫)著者/訳者:弓弦イズル出版社:オーバーラップ( 2013…


 Comments (0)

No Comments »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 0.458 sec. Powered by WordPress