僕の心のヤバイやつ (10) 特装版 4月8日発売!
夏! 海! 青春!

:: 2024/2/12 月曜日::

■[漫画]春は再び訪れる「機動戦士クロスボーン・ガンダム LOVE&PIECE」2巻

クロスボーンの断片集の2冊目ですが、
1巻で良いところで終わったイオとカグヤの百合…
もとい、女スパイのスリルとサスペンスな事件の続きが語られています。

豚の王が暗躍しているというのにはもにょりますが、
自分で考えて判断せず、AIのビッグマリアの言う通りにしか動けない人間を見ていると、
自分が何をすべきかを自分で考えて決める大切さを思い出しますね。
その事件を解決に導いたのが、洗脳されていた頃のイオというのがとても皮肉ですが…

そのイオがカーティスに保護されてからの話「直線の迷宮」が面白かったですね!

初恋のトビアと見た目がそっくりなニコルと二人の任務とか、
そりゃちょっとはソワソワしますよね。
とはいえ、ニコルとトビア(カーティス)は別人な訳なので、
ヤキモキしちゃうのも仕方が無いというか…
でも、何だかんだ良い感じになってるのは微笑ましいですよね。
カグヤを振ったイオが、カグヤに振られたニコルと良い仲になるというのも妙な感じですけどねw

それと「春が来る」も良かったですね…!
アッシュの仲間であるマック・ストームに副題通りに春が来るんですが、
巨漢の非モテ男子がモテても信じられるわけがないし、自信がないんですよ。
それでもグイグイ来られたらそりゃ戸惑いますよね。

アプリコットさんが積極的すぎてドキドキが止まらないわけですよ。
美人の未亡人に迫られるとかそりゃ鼓動が早くなりますよ。
マックの気持ちもわかるわぁ…

それでも最後はとても良い終わり方だったし、
マックには幸せになって欲しいものだと思います。
非モテが幸せになっても良いんやで…?

関連エントリー


機動戦士クロスボーン・ガンダム LOVE&PIECE1巻 出版社:KADOKAWA 作者名:長谷川裕一 作者サイト:ス…

機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST4巻 出版社:KADOKAWA 作者名:長谷川裕一 作者サイト:スタジオ秘密基…

機動戦士クロスボーン・ガンダムX-112巻 出版社:KADOKAWA 作者名:長谷川裕一 作者サイト:スタジオ秘密基地…

機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト (12) (カドカワコミックス・エース)著者/訳者:長谷川 裕一出版社:KA…

機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト (8) (カドカワコミックス・エース)出版社:KADOKAWA/角川書店( …


 Comments (0)

No Comments »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 0.625 sec. Powered by WordPress