本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第五部「女神の化身IX」 8月10日発売予定!
ゲルラッハ攻防戦!

:: 2011/1/9 日曜日::

■[漫画]人気格闘漫画家はロリツンデレ娘!「こみっく☆すたじお」1巻

こみっく☆すたじお(1) (ヤングマガジンコミックス)
著者/訳者:此ノ木 よしる
出版社:講談社( 2011-01-06 )
コミック ( 192 ページ )
作者サイト:此ノ木よしる公式HP
作者twitter:此ノ木よしる (y_konogi) on Twitter

「らき☆すた」の白石とあきら様のラブい同人誌を描くあいちこのubizoさんが別PNでデビュー
しかも月刊ヤングマガジンという講談社の雑誌でとはかなり意外。
でも内容は硬派なイメージのあるヤンマガ的なものではなく、
同じ雑誌で連載している「Kiss×sis」に近い、萌えが前面に押し出されている漫画家漫画なのです。

漫画家志望の相原実(20)が持ち込みをした編集に紹介されたのは、
大好きな格闘漫画「アルティメット番長」を描く高倉健二。
期待で胸を膨らませて教えられた場所で見付けたのは、
木の上に登って降りられない「アルティメット番長」出てくる萌えキャラ、
世界いちこそっくりなロリ少女。
しかしその正体は大人気漫画家高倉健二こと、瀬貝いちこ(20)その人なのであった…

いやー、いちこちゃんはツンデレなんですけど、デレ分が半端無いですね。
出会った当初こそツンがありましたけど、実のことを気になり始めてからは、
トーンの買い出しという口実を作ってデートしたり、
アイディアを浮かぶためと言っては抱きついてイチャイチャしたりと、
兎に角いちこちゃんのデレモードの萌えっぷりが半端無いのです。
いちこちゃん可愛い。

サークル「あいちこ」のファンなら気に入ること間違いなしの内容なので、
ファンなら買って損なしと断言できます。
しかし、月刊とはいえヤンマガにド直球な萌え漫画が載るとは…
良い時代になったもんですなぁ…(笑

関連エントリー


こみっく☆すたじお(2) (ヤングマガジンコミックス)著者/訳者:此ノ木 よしる出版社:講談社( 2011-06-06…

こみっく☆すたじお(3) (ヤンマガKCスペシャル)著者/訳者:此ノ木 よしる出版社:講談社( 2011-12-06 …

こみっく☆すたじお(4) (ヤンマガKCスペシャル)著者/訳者:此ノ木 よしる出版社:講談社( 2012-06-06 …

SE 4 (ジェッツコミックス)著者/訳者:此ノ木よしる出版社:白泉社( 2015-04-28 ) 作者サイト:此ノ木…

SE 3 (ジェッツコミックス)著者/訳者:此ノ木 よしる出版社:白泉社( 2014-11-28 ) 作者サイト:此ノ…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.612 sec. Powered by WordPress