ベルセルク 41巻、12月24日発売予定…!
それは惜しいというには、存在が大きすぎた…

:: 2011/2/7 月曜日::

■[漫画]ちゃーらーへっちゃらー「据次タカシの憂鬱」3巻

据次タカシの憂鬱 (3) (まんがタイムKRコミックス)
著者/訳者:あどべんちゃら
出版社:芳文社( 2010-09-11 )
コミック ( 120 ページ )
作者サイト:サークルT&K
作者twitter:あどべんちゃら (adoventyara) on Twitter

という訳で昨日の今日ですが、早速3巻を見付けたので購入。
相変わらず表紙と中身がミスマッチですが萌えを前面に押し出したのは潔いです。
とはいえ、タイトルは兎も角表紙から作品内容が読み取れるくらいには、
合わせた方が良い気がしないでもないです。

3巻になっても尽きることのない据次のトラウマスイッチの数々には、
思わず笑ってしまいますが、この3巻で言えばトラウマコメディよりも、
ラブコメディとしての面白さが詰まっており大変ニヤニヤしてしまいます。

具体的に言えば据次が親戚と母の勘違いの暴走から、
わかなに彼女のふりを頼んだはずが、告白になってしまうも据次がそれに気付かず、
わかなも”ふり”であることに気付けないから告白されたと思って挙動不審になってしまい、
いつにも増して赤面しまくりなのが大変ニヤニヤしてしまいます。

それと、いくみが自覚なしで嫉妬に近いモヤモヤを抱えてるのも良いですね!
これで本気でわかなと据次が付き合い始めてから、自分の気持ちに気付いて、
陰で涙を流す展開になったら超萌えるんですが、この作品に限れば可能性が低そうなのが、
何とも残念ですが、まぁ、何かしらありそうな気がするので楽しみです。

惜しむらくは約束のわかなのパンチラサービスが巻末になかったことですが、
4巻には収録されるらしいので楽しみにしたいと思います。
意外と下着シーンとかないんですよね、この漫画。
だからこそ稀少なだけに期待したいですね、ハイ。

関連エントリー


据次タカシの憂鬱 (6) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)著者/訳者:あどべんちゃら出版社:芳文社(…

据次タカシの憂鬱 (4) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)著者/訳者:あどべんちゃら出版社:芳文社(…

据次タカシの憂鬱 (1) (まんがタイムKRコミックス)著者/訳者:あどべんちゃら出版社:芳文社( 2008-07-2…

据次タカシの憂鬱 (5) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)著者/訳者:あどべんちゃら出版社:芳文社(…

おなクラの幽霊さん1巻 出版社:芳文社 作者名:あどべんちゃら 作者twitter:あどべんちゃら (@adovent…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.085 sec. Powered by WordPress