殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」3巻は10月21日発売!
セガ公認メガドラミニ番外編も収録なるか?

:: 2011/3/3 木曜日::

■[漫画]涼馬くんの意地っぱりー!「世界の果てで愛ましょう」4巻

世界の果てで愛ましょう 4 (電撃コミックス)
著者/訳者:武田 すん
出版社:アスキー・メディアワークス( 2011-02-26 )
コミック ( ページ )
作者サイト:たけだ動物園

TS(性転換)モノのお約束の一つに、
「身体は女の子なのに言動は男の子」というものがありまして、
今回はその中でも顕著な例の一つ「パンツ一枚での行動」をフィーチャーした、
大変に抱腹絶倒なネタが初っ端から入れ込まれ笑いの渦に誘い込まれます。
ちなみに「女も自宅ではパンツ一枚で居るよ」という事実は、
男の夢を破壊するものなので気にしない方向で。

しかし本当に涼馬くんが意地っぱりなんだよなぁ。
ツンデレとはまた違う、意固地で頑固な女の子の系統と言いましょうか。
イジデレ(?)とでも言いましょうか、素直になれない女の子が可愛いのです。

自分は男だと言い張ってパンツ一枚で過ごす事に意地張ったり、
王子のことなんか気にしない、嫁になんてなるもんかと言っておきながら、
王子を狙っていたアリシアがもう王子狙いじゃなくなったと知った途端に、
やけに嬉しそうにしたりと、素直じゃないんだけど、ふとした折に見せる可愛らしさが可愛いのです。

しかしそんな涼馬くんの意地っぱりで素直になれない所が、
終盤になって悪い方向に傾いて大変なことに…
いや、1話の内容を覚えていれば充分考えられる展開だったんだけど…
もう、本当に涼馬くんって意地っぱりで素直になれないけど、超が付くほどお人好しなんだから…
王子には気張って貰って何とかして欲しいトコです。

関連エントリー


世界の果てで愛ましょう 5 (電撃コミックス)著者/訳者:武田 すん出版社:アスキー・メディアワークス( 2011-0…

世界の果てで愛ましょう 7 (電撃コミックス)著者/訳者:武田 すん出版社:アスキー・メディアワークス( 2012-1…

世界の果てで愛ましょう (8) (電撃コミックス)著者/訳者:武田すん出版社:アスキー・メディアワークス( 2013-…

世界の果てで愛ましょう 6 (電撃コミックス)著者/訳者:武田 すん出版社:アスキー・メディアワークス( 2012-0…

ハルとナツ 2 (ジェッツコミックス)著者/訳者:武田 すん出版社:白泉社( 2011-05-27 )コミック ( 1…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.364 sec. Powered by WordPress