りゅうおうのおしごと! 14 ドラマCD&抱き枕カバー付き特装版 予約開始!
各種専門店では個別の特典もアリ!

:: 2011/5/17 火曜日::

■[漫画]頑張れ! 女の子たち!「魔法先生ネギま!」34巻

魔法先生ネギま!(34) (少年マガジンコミックス)
著者/訳者:赤松 健
出版社:講談社( 2011-05-17 )
コミック ( 192 ページ )
作者サイト:AI Love Network
作者twitter:赤松健 (KenAkamatsu) on Twitter

「最近ネギまは萌え展開が少なくて読んでない」という声が友人からも聞かれるのですが、
いやいや何言ってるんですか、これほど面白い少年漫画は中々ないですよ!と声を大にして言いたいです。

特にこの34巻は今までにない危地の連続で、緊迫感が半端無いんですよ!
ネギが敵の幹部デュナミスと相打ちになるという、想定外にも程がある展開!
そんな窮地の中、諦めずについ先日まで一般人だった少女たちが、
恐怖に立ち向かいながら頑張り、仲間が倒れても突き進む展開が壮絶に熱くて手に汗握らざるを得ないのです!

その少女たちの中でも今回一番頑張ったのが今まで脇役だった夏美。
ソバカスが目立ち、惚れてる相手もコタローとメインストリームに居なかった彼女が、
フェイトをして騙しきる280年世に出ることがなかった「孤独な黒子」というレアアーティファクトを使い、
恐怖に顔を歪めながらもコタローの為に立ち上がる姿は健気で可愛らしいのですよ。

そういった熱い展開がありながら恐怖から夏美がもれるっぽい台詞が出たりと、
多少マニアックながらも萌え展開を忘れないのがネギまがネギま足る所以だと思います。(笑
個人的にはツンデレな千雨がネギへのラブ度で赤面する場面とかは大好物です!
果たしてベスト3は誰なのか凄く興味があるのですが…、公表されることはないんだろうなぁ。(笑

さてさて、美味しい所は明かされず小出しにされる世界の謎に、
窮地を抜けたと思ったら更に難敵が登場したりと緊迫感溢れる展開!
そしてそこに登場する復活する主人公と盛り上がらずにはいられないんですよ!
んー、やっぱりネギまは最高に面白い!

関連エントリー


魔法先生ネギま!(35) (少年マガジンコミックス)著者/訳者:赤松 健出版社:講談社( 2011-08-17 )コミ…

魔法先生ネギま!(33) (少年マガジンコミックス)著者/訳者:赤松 健出版社:講談社( 2011-02-17 )コミ…

魔法先生ネギま!(32) (少年マガジンコミックス)著者/訳者:赤松 健出版社:講談社( 2010-11-17 )コミ…

魔法先生ネギま!(38)<完> (講談社コミックス)著者/訳者:赤松 健出版社:講談社( 2012-05-17 )コミ…

魔法先生ネギま!(36) (講談社コミックス)著者/訳者:赤松 健出版社:講談社( 2011-11-17 )コミック …


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.219 sec. Powered by WordPress