殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」3巻は10月21日発売!
セガ公認メガドラミニ番外編も収録なるか?

:: 2011/5/23 月曜日::

■[漫画]この恋は波瀾万丈だけど止まらない「オニデレ」10,11巻

オニデレ 10 (少年サンデーコミックス)
著者/訳者:クリスタルな洋介
出版社:小学館( 2011-05-18 )
コミック ( 192 ページ )
作者twitter:クリスタルな洋介 (kurisutaruna) on Twitter

オニデレ 11 (少年サンデーコミックス)
著者/訳者:クリスタルな洋介
出版社:小学館( 2011-05-18 )
コミック ( 192 ページ )
作者twitter:クリスタルな洋介 (kurisutaruna) on Twitter

サンデーの中でもかなり好きだったコメディ作品の「オニデレ」が10,11巻同時発売で完結!
ジャンル的にはラブコメなんだろうけど、最早コメディ作品としかカテゴライズできないというか、
自分でもなんでここまでツボに入るのか判らない面白さが終始漂ってました。
やっぱり漫画ってのは絵よりもネームなんでしょうか…

個人的にはラブコメのクライマックスは完結巻の11巻ではなく、
サヤ vs サキの構図が描かれた10巻こそが至高だと愚考する次第であります。
自分の気持ちを自覚するも、ほぼ同時に正の想いを知ることになったサキさんマジ不憫。
でも、ひ弱なはずなのにサヤにチョップを食らわせまくるとか、
恋する乙女の粘り強さを見せる所は正直笑ってしまいましたが、可愛かったです。(笑

コメディ的にはホント随所で笑わせられましたが、子供になる回が特に良かったなぁ。
まぁ、エゾプトとか出る、リアリティ? 何ソレ美味しいの? 的な作品ですので、
こういった回があっても一向におかしくないんですが…
子供になったみんなが走りまくって手が掛かる描写は無駄にリアリティがありましたね!
そこが笑えるのですが。(笑

大団円を迎えたラストもあり、更には未収録だった短編もきっちりと収録。
更には付き合い始めたばかりのサヤが如何にデレていったかを描いた描き下ろしと、
ファン的には詰め込まれた内容でお腹一杯な内容となっております。
取りあえずクリスタルな洋介先生! お疲れ様でした!

関連エントリー


オニデレ 7 (少年サンデーコミックス)著者/訳者:クリスタルな洋介出版社:小学館( 2010-07-16 )コミック…

オニデレ 9 (少年サンデーコミックス)著者/訳者:クリスタルな洋介出版社:小学館( 2011-02-18 )コミック…

オニデレ 5 (少年サンデーコミックス)著者/訳者:クリスタルな 洋介出版社:小学館( 2009-10-16 )定価:…

オニデレ 8 (少年サンデーコミックス)著者/訳者:クリスタルな洋介出版社:小学館( 2010-11-18 )コミック…

オニデレ 2 (2) (少年サンデーコミックス)著者/訳者:クリスタルな 洋介出版社:小学館( 2008-12-18 …


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 2.313 sec. Powered by WordPress