実に四年ぶり「涼宮ハルヒの驚愕」初回限定版 | フラン☆Skin


水上悟志新作「プラネット・ウィズ」1巻が7月30日に発売!
7月からTVアニメ放送開始!

:: 2011/6/5 日曜日::

■[ラノベ]実に四年ぶり「涼宮ハルヒの驚愕」初回限定版

涼宮ハルヒの驚愕 初回限定版(64ページオールカラー特製小冊子付き) (角川スニーカー文庫)
著者/訳者:谷川 流
出版社:角川書店(角川グループパブリッシング)( 2011-05-25 )
文庫 ( ページ )
絵師サイト:□■BENJA-MING TOP■□
絵師twitter:いとーのいぢ (itoww)はTwitterを使っています

何が驚愕って予定通りに発売されたのに驚愕してしまうという、涼宮ハルヒシリーズ待望の最新刊!
4年ぶりという、大学に入学した読者も卒業してしまう期間を経て遂に発売ですよ。
そりゃいとうのいぢさんも絵柄が変化するってなもんです。
まぁ、今のいとうのいぢさんが描かれるハルヒたちも十二分に可愛いので全くの無問題なんですけど。

しかし4年という長さだったので作風が変わるかと思ってたんですけどそんなことはなく、
相変わらずキョンはキョンで、ハルヒはハルヒでした。
分裂で新入生万来御礼なαルートと長門が倒れたβルートに分岐して、
驚愕の後編までそのまま分裂し続けるということになるんですけど、
違和感なく読み進めましたよ。

それにしても新キャラこと新入団員が居た、というのには少々驚きましたけど、
オチまで読むとなるほどねー、と思わされたというかオチに気付いた人も多かったのではないでしょうか。
それと分裂にてやっと名前が判明した佐々木団(仮)の面子ですが、
それにしても未来人の藤原(仮)は終始ムカつくキャラとして描かれてましたが、
最後の方では「ざまぁ」と思わされる展開があって多少なりとも溜飲が下がったのも確かかと。
周防九曜は謎キャラで不気味さ具合は予想通りのキャラでしたが、
まさか谷口と事前に知り合っててあまつさえアレだったとは完全に予想外というか、
谷口がまさか伏線キャラだったとはと、今回一番驚愕した一コマだったのは疑いようがありません。
そして橘京子さんは苦労性なキャラというか何と言いましょうか…
強く生きて下さい。(ぉ

いやはやそれにしても新キャラだったり初回特典冊子で書き下ろされた中学時代の佐々木だったり、
魅力的なキャラが多かったのは確かですが、正直一番可愛かったのはキョンの妹なのかも知れない。
新キャラと佐々木に懐きすぎな小6女子可愛いっすなぁ…

関連エントリー


涼宮ハルヒちゃんの憂鬱 (6) (角川コミックス・エース 203-9)著者/訳者:ぷよ出版社:角川書店(角川グループパ…

涼宮ハルヒちゃんの憂鬱 (4)著者/訳者:ぷよ出版社:角川書店(角川グループパブリッシング)( 2009-12-26 …

涼宮ハルヒちゃんの憂鬱 (3) 超限定版よっ!著者/訳者:ぷよ出版社:角川書店(角川グループパブリッシング)( 200…

涼宮ハルヒちゃんの憂鬱 (1) (角川コミックス・エース 203-1)著者/訳者:ぷよ いとう のいぢ 谷川 流 出版…

涼宮ハルヒちゃんの憂鬱 (2) (角川コミックス・エース 203-2)著者/訳者:ぷよ出版社:角川グループパブリッシン…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 0.994 sec. Powered by WordPress