りゅうおうのおしごと! 6 ドラマCD付き限定特装版 7月15日発売!
今大人気のライトノベルのドラマCDが聴ける!

:: 2011/6/30 木曜日::

■[漫画]新キャラ投入なれど第一部完「ハニカム」5巻

ハニカム(5) (電撃コミックス)
著者/訳者:桂 明日香
出版社:アスキー・メディアワークス( 2011-06-27 )
コミック ( ページ )
作者サイト:ad lib[アド リブ]

作者の桂明日香さんが産休で発売が遅れましたがハニカム5巻も何とか発売。
ただ、産休なのと作者の息切れによりこの5巻で第一部完となっているので、
ファンとしては事情が事情なだけに仕方ないとは思うのですが、
やはり寂しさも同時に感じてしまうのです。

そんな少々寂寥感の漂う読後感のある5巻ですが、ここに来て新レギュラーが登場しました。
流行りの男の娘こと、やたらと見た目と言動が可愛らしい浦方薫(22)。
本人は男らしくあろうと目指しながら、しかしてその実体は御手洗をキュン死させる萌えっぷり。
それでいて鐘成さんに仄かな想いを抱いてしまうという、
萌の戦線復帰で混沌としだしたラブコメ戦線を更に混線させる薫くんに乾杯!

しかしラブコメ的に一番熱かったのは王里&舞だと思うんですよね。
後輩の手前、気丈に振る舞いながらも実は怖かった舞の心境を察してあげてたりとか、
王里も結構ポイント稼いでる場面が多いっていうのもあるんですが、
王里の汚部屋を片付けてあげる舞とか凄くラブいんですよね。
何でこの二人は正式にくっつかないのでしょうか。

しかし御手洗を争う奇妙な五角関係は結局最後まで維持されたままというのが…
まぁ、第一部完なだけですし、今後ふとしたことで第二部が開始されるかもしれませんし…
今後また、鐘成さんや守時さんのラブコメ萌えを見る機会があると期待しつつ、
たまに1巻から読み返していきたいと思います。

関連エントリー


レディ・ハニカム Side story of “Honey Comb” (電撃コミックスEX)著者/訳者:桂 明日香出…

わくらばん 1 (電撃コミックス EX 190-1)著者/訳者:桂 明日香出版社:アスキー・メディアワークス( 201…

わくらばん (2) (電撃コミックスEX)著者/訳者:桂明日香出版社:アスキー・メディアワークス( 2013-10-2…

わくらばん (3) (電撃コミックスEX)著者/訳者:桂明日香出版社:KADOKAWA/アスキー・メディアワークス( …

わくらばん (4) (電撃コミックスEX)著者/訳者:桂明日香出版社:KADOKAWA/アスキー・メディアワークス( …


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.029 sec. Powered by WordPress