ベルセルク 41巻、12月24日発売予定…!
それは惜しいというには、存在が大きすぎた…
:: 2021/6/20 日曜日::

■[ラノベ]密林の不滅竜「いつでも自宅に帰れる俺は、異世界で行商人をはじめました」4巻

祖母から受け継いだスキルを駆使して日本と異世界ルファルティオとの貿易に勤しむ尼田士郎。
交易都市でも商人として石鹸とシャンプー無双したのも束の間、
今度は日本で双子の妹たちに異世界への扉、もとい襖がバレてしまった!
好奇心旺盛な妹たちはすぐさまルファルティオに進出するんだけど、
入って早々、いきなり正体不明の卵を見付けてしまい…

前から思ってましたが作者の霜月緋色さんは子供の可愛らしさを書くのが上手いですね!
今回は拾った卵から孵ったドラゴンのすあまちゃんが初登場するんですが、
ドラゴン形態でも可愛かったのに、人化して甘えてくる姿がとても愛らしいんですよ…!
妹たちやアイナちゃんと遊んでいる姿も愛らしいし、
士郎に肩車されてキャッキャしている姿も愛らしいんですよ!

そんなすあまちゃんを護るため、お姉ちゃんとして身代わりになるアイナちゃんも尊かったけど、
それでもやっぱり心配はしちゃいましたね。
この作品ではそんなシリアス展開はないだろうとは思ってましたけど、
それでもちょっと気が気じゃなかったです。

終盤にバトル展開が入ったのには驚きましたが、
最後にはちゃんとタイトルの通りに商人らしい話になり、
Win-Winな取引となってスッキリして良かったです。
妹たちの商売も士郎には出来ないJKらしさが溢れるもので面白かったし、
やはりこの作品の売りは幼児の可愛らしさと商売だな、と再認識した次第です。

次の5巻ではすあまちゃんの出番もそうですが、
パティ親分の出番も増えて欲しいな、と思いました。
楽しみにしています。

:: 2021/1/7 木曜日::

■[ラノベ]妹の二人に「いつでも自宅に帰れる俺は、異世界で行商人をはじめました」3巻

祖母から譲り受けたスキルを使い、
日本と異世界ルファルティオを行き来して行商人っぽいことをしている尼田士郎は、
ニノリッチの祭りで祖母を名乗るうら若い女性と出会ったが…!?

ばーちゃん若いな!?
わりと全知全能っぽいし無敵感が半端ないばーちゃんですが、
ファンキーというか楽しそうというか。
流石は遺影がダブルピースなだけあるわ…

そして今回の士郎の無双は商人らしいものでしたね。
自分を初対面で冷遇した相手を日本アイテムでスマートに打ち負かし、
貴婦人たちにとって垂涎のシャンプー&ドレスでハートをゲットし、
誠実な相手に富をもたらすという、王道&定番のスカッとする展開で、
ストレスなくすいすい読めました。

ただ、ラストのアイナちゃんのお話はね…
ちょっとしんみりしましたね…
仕方ないとは思うし、良い話ではあるんですけどね…
アイナちゃんには幸せになって欲しいなぁ…

そしてラストですが、士郎の妹たちが本格的にルファルティオに介入ですかね?
ばーちゃんの正体もバレるんだろうなぁ。
どうなるんだろう…?

:: 2020/8/23 日曜日::

■[ラノベ]ミラジュ・リポート「いつでも自宅に帰れる俺は、異世界で行商人をはじめました」2巻

ブラック企業で酷使された社畜の尼田士郎が祖母の家で見付けたのは異世界への扉だった…
「等価交換」と「空間収納」のスキルも受け継いだ士郎は、
日本と異世界ルファルティオの間で行商人として生活することに決め、
ニノリッチの町で出会った幼い少女のアイナを助けたりしながら過ごしていたら、
亡くなったと思っていた祖母が生きていることを知るのであった…!

今回は新たな仲間が出てきます。
それは妖精族というレアな種族の少女パティ。
命を助けられた士郎が恩返しのために人捜しに協力するんだけど…
この人捜しがね… 実に良いんですよ…

ぶっちゃけこの2巻のストーリーも王道なので先の展開は簡単に読めたんですが、
それでも感動できてしまうのが王道たる所以だと思うんですよ。
時を超え、種族の垣根を越えて結ばれる友情とか涙腺を刺激しやがるわけですよ…
判ってても感動して泣いてしまってね…
ちくしょう、卑怯だぜ…!

今回の日本からの交易品SUGEEEは酒でしたね。
確かに現代日本は物流が盛んですので世界の銘酒は金さえ出せば手に入るので、
物流が乏しい異世界では大量の種類の酒というのは珍しいどころじゃないでしょう。
それを商人として先行投資をした上で客を喜ばせてきっちりと利益を回収するだけでなく、
パティの依頼もしっかりこなしているあたり、三方良しって感じでしたね。
士郎は良い仕事するなぁ。

アイナちゃんの子供らしい可愛さと健気さの描写も流石でしたね。
霜月緋色さんは子供の可愛らしさを引き出すのが格段に上手いと思うのです。
これは次の3巻にも期待が高まるわけですが…
最後に出てきたあの人がどう動くのか未知数なだけに、
どうなるのか全く読めないですね…!
楽しみです。

:: 2020/5/4 月曜日::

■[ラノベ]異世界の村の中で輝いて「いつでも自宅に帰れる俺は、異世界で行商人をはじめました」1巻

ブラック企業を辞めて亡き祖母が遺した家でスローライフを送ろうした尼田士郎。
しかしそこにあったのは異世界ルファルティオへと繋がる扉だった…
祖母が遺してくれたスキルのお陰で異世界でも生活できるようになった士郎は、
日本の産物を使った商人をやることになるんだけど…

「普通のおっさんだけど、神さまからもらった能力で異世界を旅してくる。疲れたら転移魔法で自宅に帰る。」の霜月緋色さんによる新作です。
あちらは冒険者ですが、こちらでは商人さんです。
ただ、相変わらず可愛らしい幼女が出てきますし、
わりと軽いノリで読めるので前作が好きだった人はオススメです。

それにしても相変わらずガンダム好きを隠しませんね…w
主人公の名前がシロー・アマダ、もといシロウ・アマタとか、
ヒロインの幼女の名前がアイナとか08小隊すぎる…!
他にも08小隊由来の名前が幾つかあるので、知っている人はニヤリとしましょうw

異世界に日本の便利グッズを売るというアイディア自体はありふれたモノだし、
マッチを売るというのも殊更目を引くというものでもなかったんですが、
今回はアイナちゃんという少女の可愛さと、
母親を思う健気さには正直、かなりグッと来てしまいましたね…
わりとオーソドックスな内容なんだけど…
こういうのには涙腺が緩くなってしまうんだよなぁ…

それにしても士郎は誰とくっつくのだろうか…
年齢から考えると独身美人町長のカレンさんはアリでしょうし、
アイナちゃんのお母さんの未亡人のステラさんもアリでしょう。
ただ、名前からすると正ヒロインはアイナちゃんなんだよなぁ…
うーん…
児ポ確待ったなし…!w

HTML convert time: 0.895 sec. Powered by WordPress