りゅうおうのおしごと! 14 ドラマCD&抱き枕カバー付き特装版 予約開始!
各種専門店では個別の特典もアリ!
:: 2015/5/7 木曜日::

■[漫画]一生懸命な恋物語「いなり、こんこん、恋いろは。」10巻

神と人間の友情と恋の物語、完結!

伏見稲荷大社に祀られるうか様と人間のいなりの友情と、
いなりと丹波橋くん、うか様と燈日の一生懸命な恋物語が、
この10巻で堂々の完結を迎えました!
全10巻という程よい長さでここまで綺麗に終わるとは、
これはもう充分名作と言って良いのではないでしょうか…!

うか様の神通力がいなりに流れたせいで、
いなりは新神になりかけ、うか様はちょっと人間寄りになってしまい、
危うい均衡の上に成り立つ状況で男の子たちが良い所を見せてくれましたよ!
惚れた女のためなら高天原にだって行っちゃうし、
大事な家族と会えなくなろうとも、惚れた女の傍に居る決意をするんですよ!
いやー、いなりとうか様は良い男に惚れましたね。

それとうか様を見た人たちのミーハーっぷりが面白かった。(笑
いなりの両親だけじゃなく、まさか墨染さんまであんなにはしゃぐとは。
シリアスなストーリーが進行中でもちゃんと笑える微笑ましいネタがあって、
安心して読めるのがこの作品の良い所だと思います。

内容的には少女漫画そのものだったんですが、
味付けというか見せ方が青年漫画寄りだったために、
女性と男性、両方が楽しめる内容だったと思います。
途中、いなりの行動にヤキモキすることもあったけど、
まだ中学生の女の子だと思えば全然許容範囲でしたしね。

それにしても終わり方が本当に綺麗だったなぁ…
昔ながらの変身魔法少女モノを踏襲した形なのかもしれないけど、
単行本描き下ろしのエピローグ含めて素晴らしかったです。
全10巻というボリューム含めて良い作品だったと思います。
面白い漫画を読ませていただき、ありがとうございました。

しかし10巻通して読んで思ったんですが…
やっぱりこの漫画の真ヒロインはいなりではなく、うか様だと思います。(笑

:: 2015/1/16 金曜日::

■[漫画]人間と神様の友情と恋心「いなり、こんこん、恋いろは。」9巻

クライマックス直前!

いなりと丹波橋くん、うか様と燈日がそれぞれ想いを伝え合い、
両想い同士で恋仲になることが出来たんだけど、
それで物語が綺麗に終わることはなく…
恋人になってからが物語は佳境を迎えるのです…!

いなりと丹波橋くんの二人は中学生らしい初々しいカップルだなぁ。
からかわれるのが恥ずかしい丹波橋くんが微妙にいなりを避けるようになるとか、
定番中の定番の初々しさですよ!
そこで寂しく思ってもちゃんと耐えてお互いの気持ちを伝え合って、
一歩前進していく二人の姿を見ていたら、
初々しくあっても長い間続いていく二人だと思わされます。

特に丹波橋くんの家庭の事情で問題が出てきても、
それを気付いていても根掘り葉掘り聞かず、言ってくれるまでじっと我慢し、
丹波橋くんの想いを汲み取ろうとするいなりを見てると、
この二人はきちんと支え合うことが出来るから大丈夫だ、と思わせてくれます。

しかし問題はいなりが持つ神通力。
人間である燈日に恋してしまったがために、
人間になりたいと思ううか様が神通力をいなりの方に流してしまい、
どんどん人間でなくなっていくいなりが切ない。
うか様と燈日の恋と、丹波橋くんの家庭の問題の負担が全部いなりに行ってるから…
そして何より、友達だったはずのいなりとうか様がすれ違い、
二人の友情に亀裂が入ってしまったがの切ないんだよなぁ。

そういった情緒溢れるストーリー展開が素晴らしいのとは別に、
恋に溺れるうか様の可愛さは格別でした。
もうね、本当にうか様が可愛い。
そんなうか様を泣いたままになんてして欲しくないので、
燈日には是非とも男を見せて欲しいですね!

次回で最終巻ということで、どういった結末になるのか気になって仕方がないです。
楽しみ!

:: 2014/6/29 日曜日::

■[漫画]人間たちの恋、神様の恋。「いなり、こんこん、恋いろは。」8巻 BD付き限定版

バレンタインで浮かれるうか様可愛い!

今回は恋する乙女の一大行事バレンタインということで、
物語は大きく動きますよ!
今まで一生懸命頑張ってきたいなりが成長を見せてくれますし、
墨染さんも素敵な友情パワーを発揮してくれたお陰で、
割りとドロドロな女の子の恋模様をスカっと魅せてくれます!

ちなみに読みながら「今の学校に焼却炉は稼働してへんやろ…」
とツッコミ入れてたら巻末おまけ漫画でうか様に突っ込んじゃダメだぞ、
と釘を刺されてて笑いました。(笑

墨染さんと京子ちんの恋は、まぁ、ガチとノンケだとそこが落とし所だよなぁ、と。
いなりの方は妨害はあったけど、ちゃんと自分の気持ちを伝えることが出来て、
一応のゴールを決めたんだけど、学生の恋ってのは付き合い始めてからが本番ですからね!
神通力という、丹波橋くんと共通の秘密があるから大丈夫に見えるけど、
まだまだこれからだよなぁ。

そんなことより!
この漫画の一番の見所はやはりうか様関連だと思う訳ですよ!
異教の星人を奉った行事なのに市井の女の子みたいにそわそわするうか様可愛い!
でも、想い人の燈日のことが好きな少女の願掛け絵馬から、
神である自分と、人間である燈日の違いを痛感したことで、
かつてのいなりみたいに暴走しかかったのは切ないなぁ…!

なんでや! うか様悪くないやん! ただ神様だったというだけやん!
と心を痛めながら読んでたら燈日がミラクルを決めてくれましたよ!
これはニヤニヤが止まりませんな!

inari08_01

やっぱり恋するうか様が一番可愛い!

まだまだ障害はあるでしょうけど、
今後の展開も楽しみであります。

ちなみに特典のBDですが、3巻収録の白兎くんとコンの家出回ですね。
やっぱり背景、BGMどれも素晴らしいアニメでした。
全国ネットの夕方にやっても良いと思うんだけどなぁ…
いやはや、もったいないことです。

:: 2014/1/11 土曜日::

■[漫画]恋の決戦前夜「いなり、こんこん、恋いろは。」7巻

いなり、こんこん、恋いろは。 (7) (カドカワコミックス・エース)
著者/訳者:よしだ もろへ
出版社:KADOKAWA/角川書店( 2013-12-27 )
コミック ( 151 ページ )
作者サイト:公式サイト
作者twitter:よしだもろへ (yoshidamorohe)さんはTwitterを使っています

遂にアニメが始まりました「いなり、こんこん、恋いろは。」
私は放映圏外なので残念ながら視聴することは出来ませんが、
アニメ情報を見る限り、原作の絵柄に近いテイストで良い感じですね!
これを機にファンが増えると嬉しいです。

冬コミでは原作を読んでない友人知人たちに「どんな風に面白いの?」
と聞かれる事が多かったので私はこう応えました。
「昔ながらの変身魔女っ娘モノみたいな感じの恋愛漫画だけど、
 真のヒロインはいなりのお友達のうか様です! うか様可愛い
と。

まぁね、実際ね、この7巻ではいなりがきちんと主人公してるのは確かなんですよ。
優しいだけの理想の世界を拒絶して現実に戻ってきたいなりは成長した所を見せてくれます。
今まで恋に悩んできたからこそ、墨染さんに的確な助言をしたり、
幼馴染みの京子にもキツめに叱ったりと強くなってる見せてくれるんですよ。
まぁ、最後にちょっとミスってる所は何ともいなりらしいなぁ、
とは思いますが全体的にちゃんと主人公してるんですよね。

ですが、やはりヒロインという意味ではうか様が一番でしょう!
燈日への恋心はもう結構バレバレな感じですし、
燈日自身も結構気があるっぽくてニヤニヤが止まらないのです。
というか、うか様は温室育ちの神様だからか天然なんですよね…
そこもまた魅力的と言いましょうか。
しかしまさか、燈日が預かってた髪紐を受け取ってくんかくんかするとは…

inari07_01

うか様の魅力は五臓六腑に染み渡るでぇ…

とはいえ神様と人間の恋、というのは身分差というのも烏滸がましいものがありますし、
墨染さんの恋も、いなりの恋もまだまだ障害が多そうなのでこれからも大変そうです。
何とかみんな幸せになってくれると良いんだけどなー

:: 2013/7/5 金曜日::

■[漫画]神様でも恋がしたい!「いなり、こんこん、恋いろは。」6巻

いなり、こんこん、恋いろは。 (6) (カドカワコミックス・エース)
著者/訳者:よしだ もろへ
出版社:角川書店( 2013-07-03 )
コミック ( 196 ページ )
作者サイト:公式サイト
作者twitter:よしだもろへ (yoshidamorohe)さんはTwitterを使っています

表紙の受験勉強に疲れた燈日を休ませてあげようと膝枕するうか様可愛い!
神様でも恋がしたい! そんな「いなり、こんこん、恋いろは。」6巻!
神通力をうか様に返したせいでうか様を見ることが出来なくなったいなりだけど、
何故か唐突に神通力を宿すことになって…

うか様の友だちで居る事と丹波橋くんと良い仲になることが、
まるでシーソーゲームの如く、あちらを立てればこちらが立たずで、
読んでて非常にもどかしくてやきもきしますね!
いなりはいなりなりに精一杯頑張ってるのになぁ…
これも人間以上の力を持つことに対する対価なんだろうか…

いなり以外の恋模様も色々と前途多難なのがまたもどかしいんですよ!
墨染さんの同性に対する恋心とか、常識的に考えて間違ってるからこそ、
常識を弁えている墨染さんは苦悩する訳で…
こっちも墨染さんは何も悪くないだけに読んでてやきもきしまくりなのです!

そして一番可愛いくて厄介な恋をしているのは間違いなくうか様だと思う訳ですよ!
自分の髪紐を預けた燈日に言われた言葉で動悸して赤面した時はその理由が判らなかったけど、
離れてからどんどん募る燈日への想いに気付き始めたうか様の可愛さといったらもう!

赤面うか様

うか様の萌えっぷりは神レベル!

でもねー、うか様は神様で燈日は人間ですからねー
古今神様と人間が結ばれた例は数多くあれども、思い悩まずにはいられないわけですよ!
自分では恋じゃないと思い込もうとしているけど、
これはもう紛う事なき恋ですからね!
いなりや墨染さんと違ってまだ自覚しようとしてない分、ホント前途多難ですよ!

いなりはいなりでまた厄介な事態に陥っていて心配だけど、
私としてはやはりうか様の恋の行方が一番気になる次第であります。

:: 2012/12/7 金曜日::

■[漫画]神ならざる人の恋心。「いなり、こんこん、恋いろは。」5巻

いなり、こんこん、恋いろは。 (5) (カドカワコミックス・エース)
著者/訳者:よしだ もろへ
出版社:角川書店(角川グループパブリッシング)( 2012-12-01 )
コミック ( 190 ページ )
作者サイト:公式サイト
作者twitter:よしだもろへ (yoshidamorohe)さんはTwitterを使っています

アニメ化決定とのことですが、「鬼灯さん家のアネキ」にアニメ化の動きと言いながら、
一年経っても続報がないヤングエース編集部はイマイチ信じることが出来ないので、
眉に唾をつけざるをえない情報ではないかな、と思います。
何にしても最近のヤングエースはサブカル臭がプンプンしてキッツイので、
是非とも「いなり、こんこん、恋いろは。」の知名度アップで浄化して欲しい所存です。

前巻で何とかうか様の見合いをインターセプトできたものの根本的な解決はされず、
うか様は存在が消えないように天岩戸に閉じ込められいなりと接触できないようになり、
いなりは京都に戻って神力を使わないように学校生活を送るいなり。
折りしも修学旅行という一大イベントで丹波橋への恋の期待が膨らむけど…?

いなりが可哀想すぎて泣けてくるでホンマ…
男子はコイバナで盛り上がってるのに、いなりは丹波橋くんと二人きりになれないばかりか、
4巻で神力で取り繕った桃山さんの告白の件が尾を引いて、
女子特有の陰湿なイジメが始まって…(つД`)
まぁ、桃山さんが良い子だったのは救いかな。
いなりには友達思いな墨染さんとかちゃんといますし。

その墨染さんですが京子と二人きりになったりと、
色々とイベントがあって百合的な恋心はどんどん盛り上がってて、
それはそれで見所なんですけど、個人的には墨染さんの今回のベストショットは、
怒ったら怖い墨染さんでしょうか。

笑顔でキレる墨染さん

友達のためなら笑顔でキレる墨染さんってば素敵。

それと忘れてならない恋模様はうか様と燈日の神様と人間の恋ですね!
徐々に自覚症状が出てきた燈日も良いですけど、
強がりを簡単に見抜かれて子供になるうか様がホンマに可愛いですわー

あ゛ー!

そして遂に「人間になりたい」という願いを持つようになったうか様だけど、
果たしてどうなるのかしら。
正直言って、いなりと丹波橋くんの恋の結末より、私、気になります!

それはそうと今回巻末に収録された幼少期のいなりたちとうか様の交流を描いた第零話で気付いたんですが…
これ、絶対に燈日の初恋はうか様ですよね!(笑
うか様ってばホンマ罪つくりやわ…
これは責任取って燈日を婿に迎えないとですね!

HTML convert time: 0.572 sec. Powered by WordPress