りゅうおうのおしごと! 14 ドラマCD&抱き枕カバー付き特装版 予約開始!
各種専門店では個別の特典もアリ!
:: 2013/10/6 日曜日::

■[ラノベ]ごめんね、ありがとう。「よろず屋退魔士の返済計画」2巻

「よろず屋退魔士の返済計画」の2巻が出たので買いましたよ。
ええ、もちろんKindle版で!
オーバーラップ文庫はKindle版を発売後すぐに出してくれるから助かります!
流石はオーバーラップ文庫! ヒュー! 流石は平和さんが勤める出版社だけはあるぜぇ!

あんまりステマると平和さんが激おこなので、肝心の本編ですが…
みぎりに並ぶヒロインであるはずの葛がこれでもかというほどにダメっ子どうぶつになってて、
なんというか涙がチョチョ切れそうです…(笑
それにしても古今東西、作中で料理下手なキャラは居ましたけど、
ここまで具体的にどう下手かを描写されるキャラは居なかったと思いますよ!
不憫だけどそんな仕打ちも仕方がないほどに壊滅的ですね、葛の家事能力…(笑

そんなちょっとほのぼのな前半とは打って変わって後半からは追儺の術士編ですが、
1巻の時以上に外道なキャラを出してきましたねー
ただ、そんな外道なキャラを容赦なく打ち砕くからこそ、
みぎりと狗朗の二人に爽快感が出てくるんでしょうね。
そこら辺は見事にエンターテインメントしてると思います。

七人ミサキを行った金村に対する因果応報な笑いと、
「死者相手の何でも屋」というスタンスが崩されないまま、
追儺事件を解決して少女を救うという物語構成と、
「謝罪」と「感謝」というテーマを綺麗に織り込むやり方と、
読んでて楽しく、かつ上手いと思わせる面白さでしたね。

3巻も楽しみですが…
狗朗の鈍感さが治るのかはかなり未知数だとは思いますが、
取り敢えず葛にももっとヒロイン力を付けてもらいたいモノです。
おっぱい的な意味ではなく。(笑

:: 2013/9/13 金曜日::

■[ラノベ]彼女たちの友情「デスニードラウンド」ラウンド2

デスニードラウンド ラウンド2 (オーバーラップ文庫)
著者/訳者:アサウラ
出版社:オーバーラップ( 2013-08-22 )
文庫 ( 320 ページ )
作者サイト:アサウラの生存観察室
作者twitter:アサウラ (asaura_seizon)さんはTwitterを使っています
絵師サイト:てら速
絵師twitter:赤井てら (akaitera)さんはTwitterを使っています

1巻ではどう見てもマクドのドナルドな人体改造超能力者との銃撃戦でしたが、
2巻では生体強化スーツを着たどう見てもピーポ君なP君との銃撃戦だ!
というかどこまで危険なネタに突っ込む気なんだアサウラさん!
こんなのを許可するとかオーバーラップ文庫の度量は半端ないな!

台湾からやってきた美少女は松倉さんたちの元同僚の娘の美鳳。
ユリの数少ない友人である宇佐美先輩にも気に入られて3人が楽しく遊ぶ日々を送っていたら、
ある日いきなり宇佐美先輩がP君に狙われる事件が!?
どうやらかつての親友がいじめを苦に主犯を殺そうとするも返り討ちにされ殺された件で、
被害者の誤解と逆恨みの日記を元にP君が惨劇を繰り広げようとしている!?
P君が犯人ということで警察はアテに出来ないのでユリを頼った宇佐美だけど、
ユリはユリでタダ働きはしない松倉たちの態度の前に途方に暮れて…

友情と仕事の板挟みになるユリが可哀想ではあるんだけど、
そこは大人になりきれない女子高生だから持つことが出来るジレンマなんだろうなぁ、
などと思ってしまう大人になってしまったワタクシ。
そして何だかんだで松倉も自分で決めたルールを遵守しながらも、
動くことが出来るように辻褄を合わせようとしている所が微笑ましかったです。

そして宇佐美先輩、殆ど罪がないのに執拗に追い回されて不憫すぎる…
どこまでも友達思いな良い子なだけに、理不尽さに腹が立つなぁ。
理不尽な目に合わせるP君も日本社会と米国資本の歪な社会構造による理不尽な目にあった犠牲者なだけに、
なんともやるせない気持ちになります。

クレイジーすぎる設定な割に迫力満載の銃撃戦というギャップが面白い作品ですが、
流石にメディアミックス展開が難しすぎると思うんですよね…(笑
もしコミカライズするとしたら高遠るいさんくらいしか出来ないんじゃないかなぁ…
あ、あと松本ドリル研究所?(参考:Jコミ | 勤務中異状なし

ちなみに今回はKindle版で読みました。
本棚が一杯やねん…

:: 2013/7/25 木曜日::

■[ラノベ]大空を舞うファンタジー戦記「蒼天のサムライ 第一部 端琉島脱出戦」

蒼天のサムライ 第一部 端琉島脱出戦 (オーバーラップ文庫)
著者/訳者:田代 裕彦
出版社:オーバーラップ( 2013-07-24 )
文庫 ( 320 ページ )

今まで散々ネタにしたせいか編集Kこと平和さんから献本が届きました。
ありがとうございます! 流石平和さん太っ腹!
それにしても初めて献本して頂く本が空戦モノの「蒼天のサムライ」とは…
初めて平和さんに勧められて買った本が「とある飛空士への追憶」だっただけに、
何というか縁が感じられて感慨深いものがあります。

タイトルからして坂井三郎の「大空のサムライ」っぽい感じがしますが、
実際パイロットモノです。
まぁ、主人公の愛機は飛行機じゃなくて竜なんですけどね。
そう、この作品は竜が空戦の花形となっているファンタジー戦記モノなのです。
そういった意味では「とある飛空士」シリーズより「皇国の守護者」の方が近いでしょうか。

多数の航空機と空母を備えて物量で押し、世界を席巻する覇権国家のグロース帝国の脅威に曝されながら、
旧態依然とした悪循環から未だ抜け出せずにいる天津煌国の下士官竜士の竜洞マスミ。
彼が帝国から遠い端琉島に派遣され、親友の竜部シンヤとその妹アユネと再会するも、
程なくして帝国からの奇襲攻撃で壊滅的な被害を受け撤退することになるんだけど…

血と硝煙と油の臭いが撒き散らされる世界が舞台なのである程度覚悟はしていたけど…
容赦ないっすね! ネタバレなんで大きな声では言えないけれど、
それにしたってこの仕打ちはキツイものがあると思わされましたよ。
マスミがどういった人物であるかを浮き彫りにするには的確だったかもしれませんが、
1冊目からのこの展開とは思いもよりませんでした。

旧弊が目立つ大本営と練度が高いけれど少数の友軍と、物量で攻めてくる敵軍。
というシチュからして日本人なら胸熱な展開な訳ですが、
冒頭で語られる後に語られる史実と現実の齟齬も気になるので、
次も期待したいところです。
まぁ、もうちょっと手加減してくれると嬉しいのですが…(笑

■[ラノベ]R-15相当!「美少女宇宙人とふしぎ道具回収のはずが肌色展開すぎてヤバイ」1巻

こちらも献本頂きました。
長い上に”肌色展開”というエロいのがモロ分かりなタイトルで、
読む前から中身の推察余裕でした。
というかカラー口絵の状態で噴いたわ!

まぁ、それも作者がフランス書院の美少女文庫で活躍されている、
ということで納得な訳ですが、それにしたってスゴイあからさまっぷりです。(笑
というかあとがきを読み限り、これでもかなりマイルドになっているというから驚きです。
現時点でどう低く見積もってもR-15相当だからなぁ…
具体的に言うと「まじかるタルるートくん」レベルはあると思う!
今風に言うと「ToLOVEるダークネス」くらいかな!

作品の内容はぶっちゃけタイトル通りな訳ですが、あえて補足すると、
主人公がFPSが趣味のゲーマーで、
お風呂に一緒に入る小学5年生(ふくらみかけ)の妹に、
ポンコツ幼馴染みの日和(後藤邑子ボイスでお願いします)に、
頼れるお姉さんなハル姉とお色気面子が周りに揃っているということでしょうか。
もうこの時点でお察し下さいと言えましょう。(笑

それにしても不思議アイテムで女の子の裸が見えたり、
妹がナイスバディに成長したり、猫になってお姉さんと一緒にお風呂に入ったりと、
これでもかという程にお約束のコテコテでしたね!(笑
そういったお約束を外さない安心感があったので、
「まじかるタルるートくん」の日常パートを読んだ時の感慨を思い出しながら、
頭空っぽにして楽しんでました。(笑

:: 2013/5/26 日曜日::

■[ラノベ]シリーズ丸々温泉回!「温泉ドラゴン王国」1巻

義理と人情を秤にかけりゃ、人情が重たいラノベの世界。
平和さんの編集第2作ということでステマする為に買いましたよ!
ラノベ殆ど読まない友人には献本するくせに私には献本しないという徹底ぶり!
友情で買ってくれるに違いない、という別の思惑が見て取れる今日このごろです。

まぁ、そんな外野の話はどうでも良くてこのラノベのストーリーですけど、
ユ国という山間部にある大国に挟まれた弱小国家の赤字経営に頭を悩ませるアリマ王子の元に、
帝国から古代遺跡を調査しにやってきた少女ハナが「温泉を調べさせてほしい」
と訪ねてきたことから始まる温泉ラブコメディ!

温泉が当たり前だったユ国を救うのは温泉を使った観光立国サクセスストーリー!
と思いきや、この温泉が古代魔法技術の粋を集めたモノで、
源泉を掛け合わせることで「蟻がペガサスになる温泉」「重度の火傷が完治する温泉」
という魔法的な何かの効能を発揮するというアクロバットな展開が面白かったです。

キャラクターも研究員のハナに実姉でブラコンのユフィにドラゴン幼女と、
面白いキャラが多くて賑やかでしたね。
今後は実妹も出てきそうな気配がしてますけど、
多分またブラコンなんだろうなぁ。(笑

しかしアニメとかで人気がある「温泉回」「水着回」を毎回やる為に舞台を温泉にするとか、
お前はどこの「ラブひな」だよ! と思わざるをえないですね。(笑
「ラブひな」も10年以上前の作品なので一周回ってきたのかもしれませんが。
まぁ、女の子の裸が多いというのは素晴らしいモノです。(しみじみ

:: 2013/5/7 火曜日::

■[ラノベ]ハッピーなファンタジーを、君に!!「デスニードラウンド」ラウンド1

デスニードラウンド ラウンド1 (オーバーラップ文庫)
著者/訳者:アサウラ
出版社:オーバーラップ( 2013-04-24 )
文庫 ( 287 ページ )
作者サイト:アサウラの生存観察室
作者twitter:アサウラ (asaura_seizon)さんはTwitterを使っています
絵師サイト:てら速
絵師twitter:赤井てら (akaitera)さんはTwitterを使っています

アサウラさんがオーバーラップ文庫で送り出す新作ということで、
ベン・トーみたいなコメディ作品を期待していたらコレだよ!
いや、面白かったけどさ! どこがハッピーでファンタジーな内容だよ!
硝煙と臓物にまみれるクレイジーでデンジャラスすぎるネタのオンパレードじゃねーか!

葛ユリが両親の借金を返済するために騙されてやらされることになったのは、
硝煙弾雨の世界で生と死の狭間で踊る部隊に参加すること。
しかもユリが加入して初めに依頼された仕事はハンバーガーショップのマスコットキャラクターの、
ロナウダを暗殺するという、とんでもない仕事で…

人体改造された超能力者という設定のロナウダが虐殺しまくるという、
どこぞのハンバーガーショップに訴えられそうなネタだったり、
埋め立て地のテーマパークが禁忌として扱われたり、
何より女主人公の銃器モノという、紙一重なところを飛行するクレイジーさが凄い。

また、ベン・トーで培われた食事描写の巧みさがムダに折り込まれており、
読んでいるとお腹が減ってくること受け合いなんですが、
同時に血と臓物が溢れる内容なので相殺される可能性も高いです。

しかしラウンド1ということはこれからも刊行する予定があるんだろうけど…
一体どこまで攻め込むんだろう…

HTML convert time: 0.625 sec. Powered by WordPress