ベルセルク 41巻、12月24日発売予定…!
それは惜しいというには、存在が大きすぎた…
:: 2021/8/20 金曜日::

■[漫画]5人の女たち「BLACK LAGOON」12巻

BLACK LAGOON12巻BLACK LAGOON12巻
出版社:小学館
作者名:広江礼威
作者サイト:Welcome.
作者twitter:広江礼威さん(@hiroerei) / Twitter
紙書籍通販:BLACK LAGOON (12)
Kindle版まとめ買い:BLACK LAGOON
DMM電子書籍:BLACK LAGOON (12)

ある日ロアナプラに現れた5人の黒スーツの女性たち。
フランス語を話す彼女たちは大柄な黒人男性を殺してまわり、
流石にやりすぎて連絡会に目を付けられた。
そしてその条件に合致するダッチに火の粉が掛かる前にロックは動き出して…

3年振りの新刊で新章開始です。
今まで出自不明で謎だったダッチの素性が少し見えてきた12巻でしたね。
まぁ、まだ確定はしてない状態なんですけども。

しかし今回の新キャラも濃いですね。

黒スーツの女性5人という時点で濃いけど、
垣間見えるそれぞれの事情というのも中々に濃いです。
ロアナプラという悪所でも生き残れる暴力を持ちつつ、
厄介で面倒くさい任務があるというのが濃いんですよね。

ロックが動く動機がとてもロックでしたけど、
ロアナプラにわりと染まってきているのもロックでしたね。
前回知り合った中国人のフォンとは良いビジネスパートナーになってるみたいだし、
居心地の良いポジションを得てきているんじゃないかな、と思うんだけど、
レヴィに言わせればそれはアカンやつなわけで。
難しい場所だなぁ、ロアナプラってのは。

裏切られたら裏切り返して、
鉄火場の中を駆け抜けるとか、本当に怖いところですよ。

表紙を飾ったこのルマジュールは生き残れるのかどうか…
うーん、半々くらいかなぁ…?

ちなみに巻末に20周年記念の記事が収録されてますが、
長い休載期間の理由が正確に載ってましたね。
サボってたとは思わなかったけどうつ病だったとはなぁ…
これはちゃんと公表しなかったのは悪手だったと思いますよ。
何しろ我々世代だと原稿落として逃げた作家の話とか山盛り聞いてるので、
そっちを連想する人がそれなりに出るのは分かりきっていたので。

まぁ、やはり心を壊す前にちゃんと休まないとですね。
呪術廻戦みたいに。
手遅れになる前にね。

:: 2019/8/24 土曜日::

■[漫画]ガール・ミーツ・ヴァンパイアガール「ヴァンピアーズ」1巻

大好きなお祖母ちゃんのお葬式で出会った少女アリア
お祖母ちゃんの言う通りに運命を感じた一花だけど相手は同性の女の子な上に、
彼女の頼みでお祖母ちゃんの遺品を探しをしていたら血を吸ってくるような吸血鬼で…

「ストレッチ」のアキリさんによる新作は、
吸血鬼の少女と人間の少女のガール・ミーツ・ガール漫画です。
やはりアキリさんは一般向けだと百合モノを描くようにしたのでしょうか…
これはこれで良いことだと思います!

悠久の時を生きるアリアの願いが死、というのはわかるけれど、
運命を感じた好きな相手を殺すことなんてできるはずもなく、
逆ギレというか子供の癇癪の如く拒否する一花ちゃん可愛いです。

風呂上がりのアリアの可愛さに感動して震えて、
アリアが長期戦とみて一緒に住むことになったら感動して泣いて、
一緒に住めると実感したらにやけてしまって、
血を吸いたいと言われたらOKしちゃう…

うーん、一花ちゃんってばマジ惚れですな!
良いじゃないですか、女の子同士だって!
問題ないじゃないですか、吸血鬼だって!
だって、運命感じちゃったんだもの!

「ストレッチ」が好きだった人ならOKだと思うし、
人外百合というジャンルが好きな人ももちろんOkだと思われます。
しかし、お祖母ちゃんの千代さんとも友達で、
明治時代の日本を知っているアリア…
一体何歳なんだろう…?

ちなみに血を吸うところまで描かれた第一話は試し読みできます。

:: 2018/11/20 火曜日::

■[漫画]荒野の自由「BLACK LAGOON」11巻

BLACK LAGOON11巻BLACK LAGOON11巻
出版社:小学館
作者名:広江礼威
作者サイト:Welcome.
作者twitter:広江礼威 (@hiroerei) | Twitter
Kindle版:BLACK LAGOON (11)
Kindle版まとめ買い:BLACK LAGOON
DMM電子書籍:BLACK LAGOON (11)

中華人民共和国の電網部隊所属のフォンこと李欣林は、
巨乳インド人ハッカーのジェーンから技術を盗むためにチームに潜入するが、
事前に身元がバレていて試験と称する罠にあっさりとハマってしまう。
ドイツと中国のパワーゲームの結果切り捨てられたフォンに過去の自分を重ねたロックは、
彼女を救うために博打を張ることにして…

BLACK LAGOON、4年半ぶりの新刊です。
作者の広江礼威さんが「Re:CREATORS」に関わっていたこともあり、
長い休載期間がありましたが面白さは変わっていません。
この11巻でフォン編も綺麗に終わっているので、
10巻から読み返すことをお勧めします。

しかし読んでて一番違和感があったのはネット環境とPC環境でしょうか。
作中の時代が20世紀末なことを否応なしに思い出されました。
現代だとタイでもネットカフェどころかネット環境はゴロゴロしてるだろうし、
そもそもディスプレイが液晶じゃないとか、時代を感じすぎですよ。
まさか現代を舞台にした漫画が連載期間中に過去を懐かしむようになってしまうとは…
時代の流れは早いなぁ。

時代は流れても外連味のあるレヴィの銃撃戦も迫力合ったし、
わずかな情報でロックが解決策を見付ける洞察力は面白かったし、
最後にはちゃんと救いがある終わり方だったのにも安心しましたね。
前回のロベルタ編もそうですが、後味の悪いのが多いからなぁ、この作品。

しかしフォンを罠に嵌めたジェーンですが、見事に人を呪わば穴二つでしたね。
ハッキング技術ではジェーンの方が何枚も上手ですが、
人間観察力や裏社会への理解度は圧倒的にフォンが上で、
見事に逆転劇されてるのは痛快でしたね。
これぞ因果応報ですよ。

まぁ、兎にも角にもやっぱり「BLACK LAGOON」は面白い!
と再確認できた11巻でした。
問題は続刊が出るのはまた数年先なんだろうな、ということです。
何しろ来春ゲッサンで新連載らしいですからね。
うーん、オリンピックまでには出ないかな、こりゃ…

:: 2016/9/22 木曜日::

■[漫画]私のご主人様は最高です「蛇沢課長のM嬢」1巻

GXホームで働くやり手エリートの蛇沢課長は成績優秀、イケメン、高身長で人徳も厚いという、
高スペックで女子社員憧れの的…

かと思いきやとある性癖のせいで恋愛対象には見られていなかった。
そう、その冷血そうな人相とは裏腹に蛇沢課長は…

mjou01_01

とてもMだったのです…

この物語はそんな蛇沢課長にご主人様として見初められてしまった蜲川内美々子。
本人はとても不本意そうなんだけど、会社の成績のためにはSっぽく振る舞わないと、
と周りからはからかい半分で言われているんだけど、
実は本人の意志とは裏腹にSの才能があるみたいで…?

とまぁ、何というかとても変態な漫画です。
私はどちらかというとSな方なので、
蛇沢課長にはほとんど共感できないんですが、
それでも美々子さんのドS顔にはちょっとゾクゾクしちゃいますね。

mjou01_02

表紙の時点で中々にクるものがありますが、
本文中で随所に盛り込まれるサドっ気がプンプンする表情は、
前後の話を読むともっとクるものがあると思います。

しかしまぁ、美々子さんのSは本物ですよね。

mjou01_03

これだけナチュラルにご主人様をやっちゃうんだもの…
天性以外のなにものでもないわ…

それにしてもあとがきで月刊ねこだのみから出張掲載依頼があったというのに驚きです。
なんだろう、動物好きはMの資質があるといことなんだろうか…
それとも私が思うよりも世の中の人間の多くはMな人ばかりなのだろうか…
スゴイ世の中になったもんだな…

:: 2015/5/27 水曜日::

■[漫画]同居キャンパスラブコメ完結!「バターナッツ!」2巻

バターナッツ! 2 (サンデーGXコミックス)
著者/訳者:犬上 すくね
出版社:小学館( 2015-05-19 )
作者twitter:犬上すくね(@sukuneinugami)さん | Twitter

Kindle版:バターナッツ! (1)

2巻で連載終了とか早い…! びっくりだよ…!
「恋愛ディストーション」の長さに慣れてしまった身としては、
この早すぎる完結には驚かざるをえないんですが、
物語としては綺麗に完結しています。

映画サークル「バターナッツ」の後輩の藍河りょうと先輩の柿山千聖の同居モノ。
以前同居していたりょう子先輩のことを想い続けるヘタレ男子の千聖と、
初めは嫌いだったのにトラブル時に助けてくれた千聖に惚れてしまったりょう。
二人のラブコメはとあるOBのお陰で進展することになって…

いやはや千聖さん、あんたチョロいな!
あんだけりょう子先輩のことを好き好きー、な感じだったというのに。
まぁ、その、若い童貞男子ってこういうモノなんだけども!
それにしたってチョロいなぁ…

とはいえ、そんなチョロい千聖さんもキメる時はキメましたね!
ムカつくOBにタンカきってる所も良かったけれど、
やはりりょう子先輩への突撃取材のアホっぷりが良かったですね!
こういったアホな所は嫌いじゃないです。(笑

それにしてもあとがき漫画でも語られてますが、
この二人は「このあと滅茶苦茶セックスした」んだろうなぁ…
くそぅ、リア充どもめ…! もげろ…!

:: 2014/10/22 水曜日::

■[漫画]不本意な男女同居とモラトリアム「バターナッツ!」1巻

バターナッツ! 1 (サンデーGXコミックス)
著者/訳者:犬上 すくね
出版社:小学館( 2014-10-17 )
作者twitter:犬上すくね(@sukuneinugami)さん | Twitter

犬上すくねさんによるサンデーGXの新作は前作と同じくキャンパスライフモノ!
ファンタジー要素も特になく、普通の大学生たちが主人公なので、
もしかしたら「恋愛ディストーション」のキャラたちが出てくるかも?
なんて期待したりしなかったり。

本作の主人公は大学進学を機に上京してきた藍河りょう(♀)
お金に余裕がないから、大学の掲示板でルームシェアを募集していた人と、
面識がないまま同居することになったんだけど、
その同居相手の柿山千聖(ちひろ)さんは同じ女性ではなくて、
実は男の人な上に入った映画サークル「バターナッツ」の副部長で…

いやー、初っ端からストレス貯まる男がいて「ラバーズ7」を思い出しちゃいますね!
というか、かつての同居人に告白出来なくて相手にされなかったのを八つ当たりして、
りょうちゃんを傷付けるとか最低、マジ最低。
そもそも、好きな女と同居しておきながら押し倒すどころか、
手を握ることすら出来ないとかどんだけヘタレでチキンで残念なんでしょうか。
草食系男子が増えたとは言いますが、流石にこれはないわー

それに比べてりょうちゃんが割りと不憫ですね。
八つ当たりされても真相が判るまでキレなかった所もそうだけど、
何よりこんな残念な男と同居するハメになるだなんて…
しかもこのままだとフラグが立ちそうなのが一番不憫。
勿体無い、ああ勿体ない勿体無い…

されさて、されども「ラバーズ7」は途中から面白さが加速した作品なので、
この作品もその可能性は充分あるので今後にも期待したい所です。
第一話の途中までは試し読みできますのでまずはそちらでどうぞ。
そしてこの機会に「恋愛ディストーション」と「ラバーズ7」の両作品ともどうぞ!
面白いよ!

HTML convert time: 0.664 sec. Powered by WordPress