殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」2巻は4月22日発売!
おじさん…!
:: 2016/8/21 日曜日::

■[漫画]全力を振り絞って…!「ツマヌダ格闘街」20巻

ツマヌダ格闘街 20巻 (ヤングキングコミックス)
著者/訳者:上山 道郎
出版社:少年画報社( 2016-08-16 )

作者サイト:別冊兄弟拳
作者twitter:上山道郎(@ueyamamichiro)さん | Twitter
Kindle版まとめ買い:ツマヌダ格闘街

長く続いた「ツマヌダ格闘街」ものこの20巻で堂々完結!
最後の戦いを飾るのは初期の頃からライバルであったジロー・王!
今まで培ってきた経験と身につけてきた技術を全てぶつけ合い、
ミツルはどのような決着を見せるのか…!?

いやー、熱かったですね…!
この熱量を的確に言い表す語彙がないのがもどかしいですが、
もうとにかく熱戦だったとしか言えません!
特に終盤の三昧の境地が切れた先の二人の戦いは、
身につけた技術を考えるよりも反射のレベルで繰り出していて、
食い入るように読みましたよ!

劇中でドラエさんがお忍びでミツルに会いに行った時の話がありましたが、
これでドラエさんがミツルへの好感度が初めから高かった理由が分かりました。
ミツルにとっては一番や一流になることは目的ではなくて、
全力を出しきれることがまず第一で、その結果として一番や一流になれたら嬉しい、
くらいのスタンスということなのでしょう。
それがドラエさんが祖父から受け継いだ教えと重なったからこそ、
ドラエさんはあんなに献身的になったんだなぁ。

ラストのエピローグも良かったですね。
みんないい感じの組み合わせで落ち着いたみたいで良かったです。
エリザの相手がカイン王子というあたり、
元ネタの「チンプイ」の春日エリのことを考えると王子繋がりでニヤリとしましたね。(笑

これからもミツルの戦いは格闘やイラストの分野で続いていくでしょうが、
ドラエさんがいる限り幸せだと思います。

みんなお疲れ様でした!
そしてお幸せに!

:: 2016/3/8 火曜日::

■[漫画]師と弟子の絆「ツマヌダ格闘街」19巻

ツマヌダ格闘街 19巻 (コミック(YKコミックス))
著者/訳者:上山 道郎
出版社:少年画報社( 2016-02-16 )

作者サイト:別冊兄弟拳
作者twitter:上山道郎(@ueyamamichiro)さん | Twitter
Kindle版まとめ買い:[まとめ買い] ツマヌダ格闘街

ドラエさんと血の繋がった家族が続々と登場する19巻!
家族が見守る中、ドラエさんの姉弟たちが参加する王冠マッチが開催!
タッグ戦という変則的なスタイルで繰り広げられる、
ツマヌダチームと外国人チームの戦いは面白いです!

今回の戦いの見所はやはりドラエさんの弟のイヴォンの詠春拳と、
カイン王子のボクシングスタイルの引力拳の対決でしょう。
流石はドラエさんの血筋と言いましょうか、イヴォンの詠春拳も完成度は高かったけど、
実戦経験が豊富で、その経験を糧に成長したカイン王子に軍配が上がったのは、
当然と言える流れかもしれません。
もちろんタッグ戦の勝利に関してはパートナーのイリヤの活躍があってこそですけどね。

そしてドラエさんとミツルの前に現れた柔道着姿のパジャマ仮面!
その正体は割りとバレバレでしたが、まさか30代の頃の橘明道の弟子だとは…
打投極の打を実践的に使っていた脂が乗り切っていた頃の橘明道とか、
確かにヒーローだったろうなぁ、と思いますよ。
あのまま村の一員になってたらまた別の物語があったんだろうけど、
やはり死んだ(と思っていた)妻と子供のことをまだ忘れられなかったんでしょうね…

そんな師匠と弟子の不思議な絆のエピソードを挟んでの、
運命的なミツルとジローの決戦に突入するわけなんですが…
こんなに自信に溢れて強そうなミツルは初めて見るかもしれない。
戦いが始まるまではまだジローが有利かと思っていたんですが、
これはもしかするともしかするかもですね。
これは次の20巻も目が離せませんよ!

:: 2015/8/20 木曜日::

■[漫画]生き残るための空手「ツマヌダ格闘街」18巻

ドラエさんの姉アーニャが主催するツマヌダ選抜vs外国人招待選手5人で競う「輝ける道記念大会」
ミツルとジローの対決は延期されたけれど、
鷹羽和義と孫安福の師弟の代から続く因縁の対決はまだ始まったばかり!
序盤では孫安福が優勢で進んできたけど、鷹羽も師から託された技があり…

初めは異色の組み合わせかと思ったけれど、終わってみると良い試合でした。
鷹羽と孫安福の明暗を分けたのは二人の功夫の差でしょうね。
才能とかそういったものではなく、純粋に年季の差が功夫に現れたのでしょう。
というか、改めて考えるとジローはよく孫安福に勝てたもんだわ…

そしてもう一つの試合で鷹羽の姉弟子であるアミが初めてまともに試合をしてましたが…
うーん、予想はしていたけれど本当に強いなぁ。
才能もあったんだろうけど、覚悟と鍛錬の質が半端無かったということかな。
それでも試合で得られるものがあったようなので良かったと思います。
しかし…、同年代でアミに勝てるのってドラエさんくらいではなかろうか…
それくらいに圧倒的な強さでしたね。

格闘編だけではなくドラエさんのドラマ編も大きく動きましたね。
17巻で出てきたメイドさんの正体はやはり予想通りでしたけれど、
ドラエさんの実父も出てくるフラグがビンビンに立っているので、
まだまだ魅せてくれると思われますよ!

それとドラエさんとミツルが真剣を持つことになってたけれど、
これは剣術編が開始したりするのでしょうか。
表紙にも珍しく純白の背景に真剣を構えたドラエさんがいますしね。
今までもスポーツチャンバラとか示現流の話はやってたけれど、
もうちょっと踏み込んだ内容になるのかなぁ。
大会の結果ともども気になりますね。

:: 2015/2/18 水曜日::

■[漫画]シャイニングロード記念大会開催!「ツマヌダ格闘街」17巻

前巻でドラエさん出生の秘密が明かされて、
ドラエさんの双子の姉・アナスタシアさんが出てきましたが、
資産家の彼女が一計を案じてツマヌダを舞台に、
ツマヌダ選抜vs外国人招待選手5人で競う「輝ける道記念大会」が開催されることに…!

御存知の通り、この作品は藤子不二雄作品リスペクトですが、
家族が見つかったドラエさんが憂いなく帰国出来るようにと、
成長した姿を見せようと奮闘するミツルの姿は、
正に「さようならドラえもん」のオマージュでしたね。
もっとも、そこからの展開はオリジナリティーに富んでましたけどね。
あのドラエさんの涙は良い涙でした。

しかしドラエさんがあそこまで幸せそうにするとはなぁ…(笑
ニヤニヤのフニャフニャで非常に微笑ましいものがありましたけど、
そんなドラエさんを放っておかないアナスタシアさんが、
またもや大会を開催するという運びに。
そこでしばらく会えないと思っていたジローが出てきたのには驚きましたが、
言われてみればなるほどと思える伏線回収でしたね。
多分、ドラエさんの存在を知ってからその周囲を調べて、
その結果としてジローの実家の窮状を知り出資を持ちかけたんだろうなぁ。
策士やでー、アナスタシアさん…

ジローとミツルの因縁のライバル対決は次回に持ち越しとなったけど、
次の孫安福と鷹羽和義の師弟を超えた因縁の対決の行方も見逃せません。
単純なキャリアと実力だけでなく、その詐欺師紛いの話術もあるから、
孫安福の方が優勢だと思うんだけど、そう単純には進まないだろうなぁ…

そう言えばジローの格闘家としてのキャリアが今回詳らかになってましたが、
まさか本格的に修行を始めたのがここ数年だったとは。
基礎は子供の頃からやっていたとはいえ、それであそこまでの高みに到れるとはなぁ…
もちろん、ツマヌダに来てミツルというライバルが出来たからこそ、
本家に認められる実力を得ることが出来たんでしょうけどね。

お互いに高め合うことが出来る、正にライバル。
その二人の対決の行く末が楽しみです。

:: 2014/8/19 火曜日::

■[漫画]二人のドラエさん「ツマヌダ格闘街」16巻

新章開始!

15巻で王子杯が終わったので新章が始まるのは当然ですが、
まさかこういった展開になるとは思いもよりませんでした。
中身を読むまで、この16巻の表紙でドラエさんが2人いるのも、
てっきり15巻の表紙で出番が無かったからかと思いましたからね。(笑

エリザの執事である新風イリヤが選手としてデビューしたと思ったら、
ロシアからやってきたバウワン・アマンガムが挑んできての連戦。
システマを修めた巨体相手に苦戦していたら、
何故か向こうの陣営にもドラエさんが居て…

今回はドラエさんの血縁関係が判るエピソードです。
タチアナことドラエさんの実姉アナスタシア・ポコロフスカヤは、
ドラエさんよりもちょっと明るくお茶目な性格ではあるけれど、
家族思いな所とかはそっくりだと思います。

彼女が登場することで、自分とミツルの関係を客観視することが出来たのか、
ドラエさんが赤面するシーンは非常にレアですね。
これはレミィやエリザにとって最強のライバルが目覚めたのではないでしょうか。
まぁ、そう簡単にいかないような気がしますが…
もしかしてロシア編とか今後あるんだろうか…

:: 2014/2/19 水曜日::

■[漫画]王子杯決着!「ツマヌダ格闘街」15巻

ツマヌダ格闘街 15 (ヤングキングコミックス)
著者/訳者:上山 道郎
出版社:少年画報社( 2014-02-17 )
コミック ( 187 ページ )
作者サイト:別冊兄弟拳
作者twitter:上山道郎 (ueyamamichiro) on Twitter

今まで「ツマヌダ格闘街」の表紙はその巻の中心人物とドラエさんが描かれていたのですが、
この15巻では珍しいことにドラエさんが不在で、ミツル単体なんですよね。
しかもミツルの気迫が伝わってくる凄味があるモノになっており、
長く続いた王子杯の決着が描かれた15巻に相応しいと言えましょう!

長く続いたと言いましたが実際長かったですよね、王子杯。
作中では2ヶ月間でしたが、連載は丸4年間、単行本で言うと7巻終盤からなので8冊分ですよ。
その間には掲載誌もアワーズ→ヤングキング→月刊ヤングキング→アワーズGHと、
かなり流離ってきてますからね。
それでも続けてこられたのはこの漫画が「面白い」からという、
シンプルすぎる理由があったからだと思います。

実際、この15巻は凄いですよ。
ミツルが今まで培ってきたモノの集大成という言葉でも生温い。
培ってきた実力を自分の中でモノにした上で、
それをミツルの意思で発展させたモノを見せてくれますからね。
これは身体が震えるのも当然と言えましょう。

それもこれも、ミツルとドラエさんとの師弟間に絶対的な信頼関係があればこそなんですよね。
そう考えると王子杯の期間中にドラエさんと橘明道、そしてミツルの関係が詳らかにされ、
二人の想いを再確認したエピソードがあったのも必然なのかな、と思います。

とはいえ、二人はあくまでも師弟の関係なんですよね。
クインシーさんが指摘したように、夫婦の関係になるのも有りなんですけど、
そういったことにお互い意識が及んでないのがある意味不思議ではあるんですが、
二人の性格を考えると、それもまた必然なのかな、と思います。

取りあえずこれで一区切りが付いたのは確かなので、
この後チャンピオンズリーグへの挑戦等もありますが、
ミツルとドラエさんの関係性がどうなるかも踏まえて、
今後の展開を楽しみにしたいと思います。

それはそうとアワーズGHって近所の本屋では全然見掛けないんですけど…
うーん、アワーズ○○って名前の雑誌は休刊するジンクスがあるからなぁ…
また掲載誌が移らないことを願うばかりです…

:: 2013/8/19 月曜日::

■[漫画]いざ、全てを出し切る決勝戦へ!「ツマヌダ格闘街」14巻

ツマヌダ格闘街 14 (ヤングキングコミックス)
著者/訳者:上山 道郎
出版社:少年画報社( 2013-08-16 )
コミック ( 186 ページ )
作者サイト:別冊兄弟拳
作者twitter:上山道郎 (ueyamamichiro) on Twitter

怪我の療養で延期されていた王子杯トーナメント決勝戦が遂に開幕!
延期期間中に九州での修行と、ドラエさんの過去が語られていた為、
思っていたよりも長い寄り道となりましたが、
そういった積み重ねが長かった分、重厚な決勝戦となっていると言えます。

今までの修行の集大成としてより精度の高い正中線の制御を身に付け、
鷹羽の「観の目」ですら認識出来ない動きで先手を取ったミツル。
しかし鷹羽はその圧倒的な学習能力であっという間に自らも成長させ、
より高度な戦いを見せることになり…

今までミツルのことをしっかり描いてきたけど鷹羽は描写が少なかったんですよね。
そういった未知な所もライバル役としての凄味が出ていたんですが、
この14巻では試合展開に伴って謎な部分が露出することになった訳なんですが…
センスは並かもしれないけど、天才と言える学習能力の高さはある種不気味にも思えるくらいで、
何というか圧倒されたと言いましょうか…
割りとチートに近いですね、鷹羽って。

それに対してミツルはちょっと気負いすぎな所があるので、
決勝戦の行方がどうなるのか中々読みづらい展開です。
うーん、どっちが勝ってもおかしくないだけに気になる…

それはそうとまた掲載誌が変わるみたいですね…
今回は掲載雑誌の名前が変わるだけなので厳密には移籍じゃないのかもですが…
それにしてもアワーズHGかー…
今までアワーズ○○という名前が付いた雑誌は尽く休刊してきたので、
割りと縁起が悪いと思うんですがはたしてどうなるやら…
そちらの意味でも気になります…!

:: 2013/2/21 木曜日::

■[漫画]橘明道の軌跡「ツマヌダ格闘街」13巻

ツマヌダ格闘街 13 (ヤングキングコミックス)
著者/訳者:上山 道郎
出版社:少年画報社( 2013-02-19 )
コミック ( 193 ページ )
作者サイト:別冊兄弟拳
作者twitter:上山道郎 (ueyamamichiro) on Twitter

ドラエさんはなぜ明道流武術の後継者にミツルを選んだのか?
そもそもミツルはなぜ都合よくファイトタウンに住もうと思ったのか?
この漫画が始まった当初に感じた、素朴で基本的な疑問の答えが、
この13巻で詳らかに明かされています。

その答え自体は連載途中からある程度予想しており、実際その通りでしたが、
予想よりも答えに辿り着くまでにドラマが内包されており、心に染みこんできましたね。
特に戦時中、そして戦後の橘明道氏が経験したシベリア抑留という地獄。
そしてそんな地獄の中でも見失わない”強さ”には、
人として、男として、大人としての理想が詰まっていました。

また、登場当初からほぼ完成の域に達していたドラエさんが動揺し、
明らかに弱くなった所から、ミツルの祖母の言葉で立ち直った事。
そして祖父である橘明道氏の死によって心が弱り、
そこから祖父から伝えられた教えに気付くことで立ち直ったエピソードからは、
ドラエさんもまた一人の人間なんだなぁ、と感じたような気がします。

それはそれとして、ドラエさんがシベリアに居た頃の姿ですけど、
縦セタで巨乳な上に、今よりも髪が長くてメイド姿とは別の魅力がありますね。
そしてもしかしてメイドになる時に髪を切ったのは、モチーフとなったドラえもんが、
昔ネコミミだったけど、今はなくなっていることの暗喩だったりするのでしょうか?
もしそうだったなら深く考えられててホント凄いと思います。

:: 2012/9/4 火曜日::

■[漫画]特訓! 薩摩のジゲン流!「ツマヌダ格闘街」12巻

ツマヌダ格闘街 12 (ヤングキングコミックス)
著者/訳者:上山 道郎
出版社:少年画報社( 2012-08-20 )
コミック ( 194 ページ )
作者サイト:別冊兄弟拳
作者twitter:上山道郎 (ueyamamichiro) on Twitter

剣術が母体となった柔術と、剣術に対抗する為に出来た空手。
そんなミツルと鷹羽が学んでいる武術のルーツに迫り、、
また、空手の仮想的となったジゲン流を学ぶために、
ミツルたちは故郷にしてジゲン流の源流である薩摩へと飛び立つことに。

この12巻では連載当初は作者も想定外だった、ほぼ1冊丸ごとが薩摩編な内容です。
東郷示現流の修行のノウハウ、というよりも、
示現流剣士が修行で培った気合いこそが重要だと伝わってくるようでした。
しかしイリヤのお爺さんは80歳を越えても闊達な人だなぁ。

そして東郷示現流だけでなく、薬丸自顕流を含めて幕末から戦前に掛けて、
その違いと実力を歴史的な薀蓄を交えて描くのは流石。
実は私も二つの名前があるのは知ってましたけど、
てっきり漢字の当て字が二つあるだけで同じ流派だと思っていただけに、
感心しきりでした。

あ、それと一応指宿での修行ということですので、
麗しい女性陣は温泉に入っているサービスシーンもあります。
ですが、作品の傾向からしてどうしても健康的な何かと感じ取ってしまい、
それほどエロさが感じられないのがネックといえばネックかもしれません。(笑

しかし鷹羽とは修行先までも被るとは…
うーん、因縁が予想以上に深いなぁ。
これはクライマックスとなる決勝戦も俄然楽しみになってきましたよ。

:: 2012/2/21 火曜日::

■[漫画]薩摩の女は運命的に「ツマヌダ格闘街」11巻

ツマヌダ格闘街 11 (ヤングキングコミックス)
著者/訳者:上山 道郎
出版社:少年画報社( 2012-02-20 )
コミック ( ページ )
作者サイト:別冊兄弟拳
作者twitter:上山道郎 (ueyamamichiro) on Twitter

チン○イ!

という訳で月刊ヤングキングに移籍しての新展開は新ヒロインの登場で幕を開けました。
執事を従えてツマヌダにやって来た新ヒロインの名前は春日野エリザというお嬢様。
しかもこのお嬢様、ただのお嬢様ではなくて八重樫兄妹の幼馴染み!
更に再開直後にミツルにプロポーズするというラブコメ要員ですよ!
今まで数多くの女性キャラが出てきましたけど、
肉体言語的な意味以外でミツルにアタックする女性は殆ど居ませんでしたからね!
いやはや魅力的なキャラが出てきましたよ!

しかしそんなエリザの前に立ちはだかるのはブラコンな妹のラミィ!
小学校時代の幼馴染みだからか遠慮もなしで遂にはミツルを廻ってのバトルに。
種目は女性向けの競技としてドラエに提案された「ガーター獲り」
下着姿ではないとはいえ女性たちの戦いは華やかなものがありますなぁ。

そして今回は「ガーター獲り」だけでなく「スポーツチャンバラ」というジャンルも登場。
こちらは子供向けを狙った競技なんですが、やるのが達人なら見応えも充分です。
あのドラエさんがエリザの執事のイリヤくんを諫めることから始まった戦いも、
イリヤくんが示現流の蜻蛉の構えをした時からは緊迫感も出てて迫力があって面白かったです。

この作品は身体の使い方の蘊蓄が凄く興味深く面白いですが、
エリザの口から明かされる子供の頃のミツルの行動には思わずジーンと来たりとドラマ性もあって、
そういった切り口でも非常に面白かったです。
個人的にエリザというヒロインは気に入ったので今後の活躍にも期待ですね。

余談ですがエリザの声を林原めぐみさんで脳内再生している人は私だけじゃないと思いますがどうなんでしょう。(笑

HTML convert time: 0.860 sec. Powered by WordPress