殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」3巻は10月21日発売!
セガ公認メガドラミニ番外編も収録なるか?

:: 2014/2/19 水曜日::

■[漫画]王子杯決着!「ツマヌダ格闘街」15巻

ツマヌダ格闘街 15 (ヤングキングコミックス)
著者/訳者:上山 道郎
出版社:少年画報社( 2014-02-17 )
コミック ( 187 ページ )
作者サイト:別冊兄弟拳
作者twitter:上山道郎 (ueyamamichiro) on Twitter

今まで「ツマヌダ格闘街」の表紙はその巻の中心人物とドラエさんが描かれていたのですが、
この15巻では珍しいことにドラエさんが不在で、ミツル単体なんですよね。
しかもミツルの気迫が伝わってくる凄味があるモノになっており、
長く続いた王子杯の決着が描かれた15巻に相応しいと言えましょう!

長く続いたと言いましたが実際長かったですよね、王子杯。
作中では2ヶ月間でしたが、連載は丸4年間、単行本で言うと7巻終盤からなので8冊分ですよ。
その間には掲載誌もアワーズ→ヤングキング→月刊ヤングキング→アワーズGHと、
かなり流離ってきてますからね。
それでも続けてこられたのはこの漫画が「面白い」からという、
シンプルすぎる理由があったからだと思います。

実際、この15巻は凄いですよ。
ミツルが今まで培ってきたモノの集大成という言葉でも生温い。
培ってきた実力を自分の中でモノにした上で、
それをミツルの意思で発展させたモノを見せてくれますからね。
これは身体が震えるのも当然と言えましょう。

それもこれも、ミツルとドラエさんとの師弟間に絶対的な信頼関係があればこそなんですよね。
そう考えると王子杯の期間中にドラエさんと橘明道、そしてミツルの関係が詳らかにされ、
二人の想いを再確認したエピソードがあったのも必然なのかな、と思います。

とはいえ、二人はあくまでも師弟の関係なんですよね。
クインシーさんが指摘したように、夫婦の関係になるのも有りなんですけど、
そういったことにお互い意識が及んでないのがある意味不思議ではあるんですが、
二人の性格を考えると、それもまた必然なのかな、と思います。

取りあえずこれで一区切りが付いたのは確かなので、
この後チャンピオンズリーグへの挑戦等もありますが、
ミツルとドラエさんの関係性がどうなるかも踏まえて、
今後の展開を楽しみにしたいと思います。

それはそうとアワーズGHって近所の本屋では全然見掛けないんですけど…
うーん、アワーズ○○って名前の雑誌は休刊するジンクスがあるからなぁ…
また掲載誌が移らないことを願うばかりです…

関連エントリー


ツマヌダ格闘街 17巻 (ヤングキングコミックス)著者/訳者:上山道郎出版社:少年画報社( 2015-02-16 ) …

ツマヌダ格闘街 (16) (ヤングキングコミックス)著者/訳者:上山道郎出版社:少年画報社( 2014-08-16 )…

ツマヌダ格闘街 20巻 (ヤングキングコミックス)著者/訳者:上山 道郎出版社:少年画報社( 2016-08-16 )…

ツマヌダ格闘街 13 (ヤングキングコミックス)著者/訳者:上山 道郎出版社:少年画報社( 2013-02-19 )コ…

ツマヌダ格闘街 19巻 (コミック(YKコミックス))著者/訳者:上山 道郎出版社:少年画報社( 2016-02-16…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.223 sec. Powered by WordPress