本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第五部「女神の化身X」 12月10日発売!
聖地での戦い
:: 2022/11/25 金曜日::

■[漫画]TVアニメ化決定!「デッドマウント・デスプレイ」10巻

デッドマウント・デスプレイ10巻デッドマウント・デスプレイ10巻
出版社:スクウェア・エニックス
原作者名:成田良悟
原作者twitter:成田良悟さん(@ryohgo_narita) / Twitter
作者名:藤本新太
作者サイト:shinta
作者twitter:藤本新太さん(@shint424) / Twitter
紙書籍通販:デッドマウント・デスプレイ (10)
Kindle版まとめ買い:デッドマウント・デスプレイ
DMM電子書籍:デッドマウント・デスプレイ (10)

なんかアニメ化するらしいですね?
そりゃ成田良悟さんの作品だし面白さは最高なんですが…
かなりグロ描写があるのでそこが心配でもあります。

シヴィルとの戦いで契約に基づき自ら殺してしまった皇帝を召喚した屍神殿。
一気に形勢が逆転して王手を掛けたような形になったんだけど、
そもそもなんで戦う羽目になったんでしたっけ…?

そうなんだよね、元々は友達になるはずだったのに、
シヴィルが喧嘩売ったり自虐的だったりで暴れ始めて、
屍神殿が取り押さえようと過剰になったりで…
タクミンが意外と冷静に客観的事実を述べるのは上手いな、と思いました。
やっぱりタクミンは良い友達だと思いますw

雨降って地固まるというか、シヴィルとも話し合いが出来る仲になったのは良いけれど、
サバラモンドの落とし子という組織も一枚岩じゃないし、
蝙蝠こと神祖返りという超特大に厄介な相手の正体が判明したり、
都会の裏世界の会合があったりと色々と厄ネタばかりですね。
屍神殿の平穏までの道のりは遠くて険しいな…

そして巻末書き下ろしの小説では、
シヴィルがどういった立ち位置なのか少し分かったりしましたが…
向こうの世界も中々にエグいというか、シビアというか…
ゲルドウッド教団がラスボスになりそうな予感…!

:: 2022/10/11 火曜日::

■[漫画]論理の先にあるもの「恋は論破できない」4巻

恋は論破できない4巻恋は論破できない4巻
出版社:スクウェア・エニックス
作者名:柳原望
作者サイト:つれづれやな に
作者twitter:柳原望さん(@nozyanahara) / Twitter
紙書籍通販:恋は論破できない (4)
Kindle版まとめ買い:恋は論破できない
DMM電子書籍:恋は論破できない (4)

彼女の和ちゃんがプチ遠距離住み込みバイトを始めて、
焦った現人くんが凸ってそのままバイトすることになって…
というところから始まる4巻ですが残念ながらここで完結です。
まぁ、ヤングガンガンの読者層と食い合わせ良いとは思えなかったからなぁ…
悲しいけど、仕方ないね…

完結ということで和ちゃんが何故スマホを持てないのか、
というトラウマにも踏み込んでますが、
よくあると言えばよくあることではあるんですよね。
ただ、幸福な家庭に育った現人くんには想像が出来なかっただけで。
正直、そんな現人くんのことが羨ましいくらいです。

現人くんにはそんな経験がないし、
和ちゃんみたいに傷付きやすい思春期を送ってきたわけではないし、
ひたすら論理的でロジハラみたいになりやすいんだけど、
流石に自省できるくらいには成長しているわけで…

ちゃんと考えた上で固まるのはわかるんだけど、
それでも自分なりに精一杯のフォローができたのは良かったんじゃないかなぁ。
まだコミュ力、もとい彼氏力で言えばハイハイがつかまり立ちになったくらいですが、
成長は成長なので、褒めてあげたい気分ですよ。(何故か上から目線

巻末描き下ろしでは数年後の二人が描かれてましたが、
現人くんは遠距離恋愛でのやらかしを早速してましたが、
和ちゃんは割りと押しが強い子なので大丈夫だな、とも思った次第です。
あとは気掛かりなのは草間先生だけど…
このまま独身街道を驀進しそうな気配がプンプンするぜぇ…!

:: 2022/10/8 土曜日::

■[漫画]最高にヒリつく中堅戦!「咲 -Saki-」23巻

咲 -Saki-23巻咲 -Saki-23巻
出版社:スクウェア・エニックス
作者名:小林立
作者サイト:dreamscape
紙書籍通販:咲-Saki- (23)
Kindle版まとめ買い:咲-Saki-
DMM電子書籍:咲-Saki- (23)

ついに中堅戦が始まるも竹井部長は右手を負傷中。

怪我を隠して臨んだ一世一代の晴れ舞台。
走馬灯が見えるくらいの痛みの中での闘牌は、
竹井部長にとっては最高に楽しいのであった…!

今まで何となく察してはいたけれど、
竹井部長の過去が走馬灯とはいえ詳細に回想されたのは良かったですね。
美穂子さんとの出会いと再会、そして今を知ることで、
二人の関係性への思い入れが深まりますよ。

それはそうと両親のどちらとも母親という設定ですが、
作中で明言はされたないけど同性婚が当たり前の世界観ですからね。
なので竹井部長と美穂子さんが相思相愛でも問題ないのです。
うーん、その場合は美穂子さんが産むのかな…

竹井部長だけでなく他のキャラも強いし個性がありますよね。
臨海女子の風神さんも独特の出生の秘密がある上に強いし、
白糸台も怖いけど、役満を恐れながらも突っ込む憧ちゃんが最高にヒリヒリしましたよ。

私が「よしっ まだイケる…!!」となったら大抵当たるんですが、
憧ちゃんはやり遂げちゃうから凄い!
点差は大きいけど、まだまだ諦めて無いですよ!
竹井部長も憧ちゃんも頑張れ…!

:: 2022/9/28 水曜日::

■[漫画]はじめてのおとまり「その着せ替え人形は恋をする」10巻

その着せ替え人形は恋をする10巻その着せ替え人形は恋をする10巻
出版社:スクウェア・エニックス
作者名:福田晋一
作者twitter:福田晋一さん(@fukudashin1) / Twitter
紙書籍通販:その着せ替え人形は恋をする (10)
Kindle版まとめ買い:その着せ替え人形は恋をする
DMM電子書籍:その着せ替え人形は恋をする (10)

ダイエット中なのでカメ子としてコスイベに参加した海夢ちゃんは、
あまねさんと涼香さんとそのお友達2人のアフターに参加して、
会話の流れでホラーゲームの棺合わせをすることになったんだけど、
面子が足りないのでジュジュ様に参加をお願いすると…!?

久々のジュジュ様登場でわたくし大興奮です!
ジュジュ様は人気が高いと思うんですが、
下手に人気が高まりすぎると海夢ちゃんを食っちゃいそうですしね。
中々出番が回ってこないのも仕方がないでしょう。

だって、こんなに美少女なんですから…!

ジュジュ様が参加するはずがないと想ってたんだけど、
心寿ちゃんに偶然刺さったお陰で妹想いのジュジュ様が出張ってくれたわけですが…
うん… やっぱりジュジュ様ってば可愛いんだわ…
ホラーとか苦手なのに、妹のために気丈に振る舞おうとするジュジュ様ってば尊い…!

そして主人公にしてメインヒロインの海夢ちゃんですが、
今回はとても恋の空回りしてて…w
可哀想だけどめっちゃニヤニヤして読んじゃってました…!w

自分からからかうことは平気なのに、
本気で迫られると思ったら途端に小動物みたいに縮こまるとか、
海夢ちゃんが可愛すぎて困る…!

新菜のことが好きで好きで好きで。
好きすぎるからこそちゃんと付き合いたいんだけど、
告白して断られるのが怖くて泣いちゃう海夢ちゃんが可愛いんですよ!
まるで少女漫画のヒロインのような海夢ちゃんの心の機微にキュンキュンきまくりなのです!

そして終盤ではジュジュ様の悩みを、
先輩コスプレイヤーのミヤコさんが10年のキャリアで解決しようとしてくれてますが、
流石にこのノウハウは新菜には難しいですからね。
ミヤコさんはオタクの悪い所をだすこともあるけれど、
良いお姉さんな面もあるので、頼りにしたいものですね。

しかし、アキラさんのこともあるし、海夢ちゃんの告白のこともあるし、
予想以上に棺コスの合わせが重要なイベントになりそうですね。
はたしてどうなるのかしら…

:: 2022/6/27 月曜日::

■[漫画]人生のエンドコンテンツ「ゆうべはお楽しみでしたね」9巻

ゆうべはお楽しみでしたね9巻ゆうべはお楽しみでしたね9巻
出版社:スクウェア・エニックス
作者名:金田一蓮十郎
作者twitter:金田一蓮十郎さん(@ren10ro) / Twitter
紙書籍通販:ゆうべはお楽しみでしたね (9)
Kindle版まとめ買い:ゆうべはお楽しみでしたね
DMM電子書籍:ゆうべはお楽しみでしたね (9)

パウさんとゴローさんの子育ても順調なんだけど、
ギルメンのまりおくんはまだその想いを志野田さんに伝えてなくて、
そんな折りにゴローさんが女性だと知ったことと、
志野田さんの発現がキッカケで一歩を踏み出したのだった…!

志野田さんは可愛いけれど発想というか、見方が面白いですね。
「ゲーム「人生」における結婚や子育てはエンドコンテンツやで」
というパワーワードは衝撃的でしたよ。

言われてみればその通りで、
そう考えると私は自分が気の向くままにプレイするゆるふわエンジョイ勢ですね。
自分のことを世話するので精一杯とも言えますが。

それに結婚情報誌を攻略本、というのも面白かったですw

そう言えばファション情報誌をJKテンプレートが載ってる攻略Wikiと称している作品もありましたね。
ゲームに例えると途端に理解しやすくなるのが我々です。

まぁ、志野田さんはそんな面白い視点を提供してくれるだけでなく、
ちゃんと赤面するところが可愛かったりするのが魅力的ですね。
というか、この二人は手を握ることすらしていないのに、
いきなり結婚を決めるとか、パウさんとゴローさんの突然ルームシェアした時以上にぶっ飛んでますね。
まぁ、この二人らしいと言えばらしいですが…w

パウさんとゴローさんの一家も子育ては大変そうだけど、
夫婦仲も睦まじくてとても良い感じですよね。
でも、やはりゲームは以前ほど出来なくなってるあたりがよく分かります。
ゲーム友達も結婚するとどうしてもイン率下がってたしなぁ…

私もゲーム「人生」におけるエンドコンテンツをやってみたい気持ちはあるけれど、
まぁ、無理でしょうね。
モンハンサンブレイクも勲章コンプまでやりこみそうです。(ライズはコンプしました

:: 2022/5/4 水曜日::

■[漫画]助けてくれる友達「デッドマウント・デスプレイ」9巻

デッドマウント・デスプレイ9巻デッドマウント・デスプレイ9巻
出版社:スクウェア・エニックス
原作者名:成田良悟
原作者twitter:成田良悟さん(@ryohgo_narita) / Twitter
作者名:藤本新太
作者サイト:shinta
作者twitter:藤本新太さん(@shint424) / Twitter
紙書籍通販:デッドマウント・デスプレイ (9)
Kindle版まとめ買い:デッドマウント・デスプレイ
DMM電子書籍:デッドマウント・デスプレイ (9)

サバラモンドの落とし子であるシヴィルに攫われた本物のポルカ。
ポルカを助ける為に屍神殿は匠たちと協力して態勢を整えるんだけど、
新宿という大都会で異能力が全開で暴れ回ると大変なことになって…?

ここで一気に新事実が沢山出てきてビックリです。
何故屍神殿はポルカの身体に転生してきたのか?
何故「サバラモンドの落とし子」という名前の組織なのか?
何故火吹き蟲はサバラモンドの落とし子を敵視するのか?
そして、屍神殿が仕えた帝国は何故滅んだのか?
そういった新事実の数々が一気にわかって脳みそがフル回転です。

シヴィルは知識としては帝国のことを知っているけれど、
帝国で生きていた屍神殿とは圧倒的に経験値が足りてないんですよね。
アリウスの後継者として産み落とされただけあって、
その天才性は遺憾なく発揮しているけれど、
屍神殿と皇帝との関係とか、全く思い至れてないあたりに上っ面の知識の弊害を感じます。

しかし、窮地に助けてくれるのが友達っていうのが良いですよね。

今まで培ってきた屍神殿としての数々の人徳が結実し、
それらが屍神殿を助けてくれるという展開がとても熱いです。
とはいえ、まさかソリティアまで協力するとは思いもよりませんでしたが…w

シヴィルとの戦いの決着は10巻に持ち越しですが、
ヤングガンガン本誌では既に決着してますのでご安心下さい。
今回出てきた「蝙蝠」というワードも気になりますし、
まだこの作品は続いてくれそうですね。

巻末書き下ろしの小説もわりと佳境っぽいですが…
どういった結末に向かっていくのかなぁ…
先が読めないだけに楽しみです。

HTML convert time: 0.899 sec. Powered by WordPress