りゅうおうのおしごと! 14 ドラマCD&抱き枕カバー付き特装版 予約開始!
各種専門店では個別の特典もアリ!
:: 2015/10/24 土曜日::

■[漫画]Yes! 挿入、No ピストン「源君物語」8巻

源君物語 8 (ヤングジャンプコミックス)
著者/訳者:稲葉 みのり
出版社:集英社( 2015-10-19 )

Kindle版:源君物語 (1)
Kindle版:源君物語 (2)
Kindle版:源君物語 (3)
Kindle版:源君物語 (4)
Kindle版:源君物語 (5)
Kindle版:源君物語 (6)
Kindle版:源君物語 (7)

夕さんと恋人同士になって初めてのエッチ。
ということで執拗に念入りに何話にも渡って繰り広げられ、
盛り上がりつつも夕さんが初めてなこともり、
挿入まで到らずに一晩明けて、これは次回に持ち越しかと思いきや、
まさか朝からとか…!
いやー、やっちゃったねー!

今回は夕さんが可愛くて、そしてエロかったなー
香子さんと比べて小さめなおっぱいを気にして、
仰向けから上体を起こすところも可愛いし、
挿入してからのトロ顔も非常にエロ可愛いことになってて、
これがあの夕さんかと思うと股間が熱くなりますね!

しかしその直後の六条さんのヤンデレっぷりが凄まじくて、
一気に股間の熱量が萎むあたりがなんとも凄いというか。
でも夕さんと六条さんの修羅場っぷりはちょっと良かったかも。
真っ向から立ち向かう夕さんはある意味男らしかったよ!

そして後半からはまさかの学園祭での光海が女装してミスコン参加。
いや、まぁ、似合うとは思ってたけど、
まさか女性用の水着姿を見せてくれるとは。
更に男だからこそわかる理想的な女性のあざとさを見せてくれて、
会場の男どもを悩殺するのは凄すぎるといいましょうか。
光海くん、マジ罪つくりだわー

それでも夕さんとの仲は変わらずこのままラブラブかと思いきや、
まさか夕さんが転勤するとは…
遠距離恋愛…、できるのか…!?
エッチなことは遠距離では難しいぞ!?
どうなる、光海!?

:: 2015/4/8 水曜日::

■[漫画]客も喜び、演者も利を得る「大斬─オオギリ─」

大斬─オオギリ─ (ジャンプコミックス)
著者/訳者:暁月 あきら 小畑 健 池田 晃久 福島 鉄平 山川 あいじ 中山 敦支 中村 光 河下 水希 金田一 蓮十郎
出版社:集英社( 2015-04-03 )
公式サイト:となりのヤングジャンプ : 西尾維新原作短編シリーズ 大斬-オオギリ-
Kindle版:大斬―オオギリ― 西尾維新原作読切集

西尾維新と複数の漫画家のコラボーレション作品集「大斬─オオギリ─」
その漫画家というのがこれまた錚々たる面子でして、
暁月あきら,小畑健,池田晃久,福島鉄平,山川あいじ,中山敦支,中村光,河下水希,金田一蓮十郎と、
ジャンプ系列だけでなく、そこを飛び出し少女漫画家まで連れてきて、
実際掲載誌も週刊少年ジャンプ,ジャンプSQ,ヤングジャンプ,別冊マーガレットと4誌にまたがり、
それはもう凄いものでした。
そういった企画に至った経緯はこの単行本のあとがきに収録されているので是非ご覧下さい。

それぞれの短編は何かしらのお題に沿って描かれているんですが、
何故かどれも面白いほどに作家さんの個性にピッタリとした内容になっているんですよね。
特に小畑健さん作画で「天国」をテーマに描かれた「RKD-EK9」は正に小畑健さんだな! と思わされます。
それでいて山川あいじさんの「指輪」をテーマに描かれた「恋ある道具屋」は、
きちんと少女漫画しているあたりホント凄いです。

それでいてちゃんと作家さんも個性出しているんですよね。
例えば「いちご100%」の河下水希さんはしっかりパンチラ出してきてるし!(笑

oogiri_01

それぞれの作家さんが西尾維新の個性とぶつかり合いながらも、
自分の個性を出し切って一つの漫画作品として昇華しているので、
どれも読んでて面白いです。

ちなみに本作はKindle版も出ているんですが、
金田一蓮十郎さんの「友達いない同盟」で出てきた電子書籍の話のオチに使われていたこの話題。

oogiri_02

ちゃんとこのKindle版にもカバー下の表紙だけじゃなく、カバー折り返しも収録されてましたよ。
そこらへんはちゃんと判ってるなぁ、と思いました。(笑

:: 2014/10/18 土曜日::

■[漫画]ねっとり寝取り「源君物語」6巻

源君物語 6 (ヤングジャンプコミックス)
著者/訳者:稲葉 みのり
出版社:集英社( 2014-10-17 )

Kindle版:源君物語 (1)
Kindle版:源君物語 (2)
Kindle版:源君物語 (3)
Kindle版:源君物語 (4)
Kindle版:源君物語 (5)

この6巻とノベル版は同日発売だったんですが、
中には間違ってこの6巻と間違ってノベル版も買ってしまった人もいるようで…
ジャンプを買ったと思ったら赤マルだった的な?(笑
ノベル版は香子さんと朝日が表紙なんだから気が付きそうなものだけどね!
この6巻はヒロインである空蝉と若紫が表紙であります。

ヤンデレヒロインの六条先生に監禁未遂されたせいでEDになってしまった光海。
まぁ、光海はがっつきすぎだからEDになるくらいが丁度良いかな-、
なんて朝日とのキスシーンを読んで思ったりもしたけれど、
「恋愛ってヤるだけじゃないんですね」とドヤ顔で言ってるのはちょっとイラっときたかも。(笑
まぁ、その直後に香子さんに壁ドンされて赤面してるのを見ると、
やっぱり光海は光海だなぁ、と思う訳ですが。

そして香子さんの色気でEDが直って次の標的は空蝉こと、瀬見伊予(27)
この、若いとは言えないけどアラサーと言うのも憚れそうな微妙なお年頃。
そして浮気野郎の強引さに押されて流されての便利な女に甘んじている喪女っぽい瀬見さんを、
酒の勢いを借りて一気に性的な意味で攻略していくのは良いですね!
私は寝取られモノよりも寝取りモノの方が好きなので、これはアリだと思います!

それに瀬見さんは行為中、ずっと眼鏡をかけたままだったのが個人的にポイント高かったです。
光海は眼鏡フェチじゃないけど、とか言ってましたけど、
中々良いポイントを押さえてると思いますよ!
これは光海が眼鏡フェチに開眼する日も近いか…?

若紫の紫亜ちゃん(10)はまだ顔見せみたいなものだったけど、
彼女が今後どうなっていくか心配ですね。
大丈夫かな、児ポ法的に。
源氏物語は文学だからOKとかにならないかな…?

:: 2014/6/25 水曜日::

■[漫画]ファーストキスのお相手は…?「ボクガール」2巻

ボクガール 2 (ヤングジャンプコミックス)
著者/訳者:杉戸 アキラ
出版社:集英社( 2014-06-19 )
作者サイト:sugi-log
作者twitter:杉戸アキラ (cube_sa)さんはTwitterを使っています

2巻になって変態が加速する、性転換コメディ「ボクガール」!

今回は瑞樹くんを性転換のイタズラをした女神・ロキが、
更に瑞樹くんをいじって遊ぶために下界に降臨!
神パワーで瑞樹くんと同じクラスに転入してきて、
より身近で戸惑う瑞樹くんを観察して楽しもうと…

女の子になってしまって時間が経つにつれて、
どんどん内面も女の子らしくなっていく瑞樹くんにニヤニヤが止まらない!
猛に女物の服が似合っていると言われて思わず頬が緩んじゃうとか、
もう結構後戻り出来ない状態になっているとしか思えない。
女湯にも入っちゃったしね!

とはいえ、そこら辺はまだまだ無自覚ですからねー
ロキのイタズラで綱引きの綱が瑞樹くんの股間に食い込んじゃった時とか、
お腹の奥がジンジンする理由とか判ってないみたいでしたし。

bokugirl02_01

というか、綱引きの綱が股でコスれるとか、
一体どういった発想をすればこんな状況に到れるのか…
やっぱりこのマンガは変態だな!

それにしてもまさか瑞樹くんの可愛さに猛がやられるのは判るけど、
それがこうも早くノックアウトされちゃうとは予想外でした。
果たして瑞樹くんを取り巻く人間関係はどうなるのか。
3巻では更にカオスになること請け合いなので、次も楽しみです。

:: 2014/6/19 木曜日::

■[漫画]生と死の円環の中でのボーイ ミーツ ガール「All You Need Is Kill」1,2巻

コミカライズ担当が小畑健とか卑怯。

スーパーダッシュ文庫が生み出した奇才、桜坂洋の「All You Need Is Kill」
トム・クルーズ主演で劇場版が制作され、来月から日本でも公開される程の傑作ですが、
だからこそ、集英社も総力を上げてきたんでしょう。
まさか「DEATH NOTE」「バクマン。」で知られた小畑健を投入してくるとは…

物語の舞台は近未来の地球。
突如出現したギタイという名の異形の生物は人類を駆逐し、自らの生存圏を広げていく中、
人類は防疫軍を結成し、パワードスーツで対抗していた。

AllYouNeedIsKill01_01

キリヤ・ケイジは初年兵としての初陣で死んだはずが、
気が付けば前日の朝に戻っており…

この作品は「STEINS;GATE」や「ひぐらしのなく頃に」と同じ、いわゆるループ物です。
ギタイという異形の生物とそれに対抗する主人公、という意味では「マブラヴ」が近いでしょうか。
しかし、それらの面白さとは別種のモノを持っています。

まず1巻はケイジがループを100回以上繰り返すことで、
徐々に戦闘経験を積み、初年兵なのに一流の戦士として成長していく過程が描かれています。
死ぬ描写も当然あるんですが、グロテスクと芸術の境界線のような美麗さで、
そこは流石は小畑健だと言わざるを得ません。
また、何度も死を積み重ねていくことでケイジの精神が摩耗していく様も描かれており、
そこもまた小畑健の凄さを如実に感じられます。

そして2巻ではメインヒロインであるリタ・ヴラタスキが物語に食い込んできます。
ケイジと同じ、ループしているリタが同じく精神を摩耗していく中、
ループの謎を解き、それを脱した先達として描かれています。
しかし、一人だけループするという孤独の輪の中で3年間過ごしていた彼女だからこそ、
同類であるケイジと出会った時の感情の爆発には目を見はるものがありました。

AllYouNeedIsKill02_01

ここはもう、小畑健の画力にただただ脱帽しました。
リタの表情の変化で、その心の発露がこれ以上ないほど伝わってきましたからね。
もうただただ圧巻されました。

ラストまでの道筋と、その終わり方も心に残るものであり、
確かに傑作であることが充分に判りました。
これは原作に手を伸ばしても良いかも。
ちなみに原作はカバーイラストを小畑健さんに変えて新創刊してます。

All You Need Is Kill (JUMP j BOOKS)

このコミカライズ版1,2巻と並べると趣深い表紙になっていると思うので、
揃えたくなってしまいますね。

それと、3話まではとなりのヤングジャンプで読むことが出来ます。
まずはそちらで雰囲気を掴むことをオススメします。
超面白いよ!

:: 2014/4/5 土曜日::

■[漫画]神々の競演「カツラアキラ 桂正和×鳥山明 共作短編集」

カツラアキラ (桂正和×鳥山明 共作短編集) (ジャンプコミックス)
著者/訳者:鳥山 明 桂 正和
出版社:集英社( 2014-04-04 )
コミック ( 202 ページ )

鳥山明と桂正和の二人が親友だというのは割りと有名でして、
別にマニアじゃなくても知っているんじゃないでしょうか。
どちらも少年ジャンプで活躍し、時代を作った巨匠ですから、
その二人の力を合わせた共作短編集も勿論面白いに決まっているのです。

この単行本には2つのエピソードが収録されています。
一つはジャンプSQ.で掲載された「さちえちゃんグー!!」で、
もう一つはヤングジャンプで短期連載された「JIYA-ジヤ-」です。
そして両方とも鳥山明がネームを切って桂正和が作画しています。

鳥山明がネームを描いているので両方とも宇宙を股に掛ける銀河パトロールが存在する世界観ですし、
判りやすいバトル展開もあるし、奇抜な設定もあるんですよ。
桂正和が作画しているから奇抜なファッションの女の子が出てくるし、
ヒーローの姿が格好いいし、女の子の尻がエロいのです。

中身については詳しく語るのは無粋なので、
もう買って読めとしか言えないですね。
この二人の作品に世話になった世代にとって買って読むのは当たり前でしょう。

ちなみに巻末には桂正和の設定画集と二人の対談記事が載ってるんですが、
DNA2でのスーパーサイヤ人的なアレについての顛末がちゃんと描かれていたのには笑いました。(笑
そして二人の当時の連載作を綺麗に引用するのは流石ジャンプだなぁ、変なトコに感心しました。

いやー、それにしても…
二人が合作を出すとか小学生の頃は思いもよらなかったなぁ…
長生きはするもんだ。(笑

HTML convert time: 0.628 sec. Powered by WordPress