りゅうおうのおしごと! 14 ドラマCD&抱き枕カバー付き特装版 予約開始!
各種専門店では個別の特典もアリ!
:: 2016/4/18 月曜日::

■[漫画]割れ鍋を綴ざした蓋「セカンドバージン」

セカンドバージン (芳文社コミックス)
著者/訳者:二宮ひかる
出版社:芳文社( 2016-04-16 )

作者サイト:写メ風呂
作者twitter:二宮ひかる(@hika_ninomiya)さん | Twitter
Kindle版:セカンドバージン

前作「神崎くんは独身」の続編であり、これ単体でも読める作品です。
神崎くんシリーズは収録されている中編「セカンドバージン」を含めて3部作なんですが、
この「セカンドバージン」は時系列でいうと真ん中に位置します。
それでもこれ単体で読めるんだから凄いなぁ。

神崎くんの家に従姉のユウコが入り浸るようになったのが前作で、
この「セカンドバージン」ではユウコに色々と振り回されるという、
神崎くんにとっては大変だけど、幸せな日々が描かれているんですよね。
神崎くんもめんどくさいけど、ユウコの事情もめんどくさくて、
めんどくさいながらも良いカップルだなぁ、と思っちゃいますね。
まぁ、この後二人に訪れる事情を知っているだけに、
読後には物悲しさも感じてしまうんですけどね…

他の短編も良かったなぁ。
中でも「7年ごとの彼女」が特に良い…!
何でしょうね、私の琴線に触れるものがあるんですが、
それが何かを明確な言葉にすることができなくて非常にもどかしいです。
要素だけで言うなら幼馴染みだとか約束だとか色々あるんですが、
それらを内包する雰囲気そのものが良いとも言えるいうか。
とにかく良いのです。

それとこの単行本には昨年同人誌で発表された「ハヤブサ」も収録されています。
二宮ひかるさんが同人誌という媒体で出すというかなり珍しい作品なんですが、
それでも二宮ひかるさんらしさはにじみ出るというか、
どこまでも、どうしようもないほどに二宮ひかるさんだなぁ、と思わされるんですよね。
そして私はそういった二宮ひかるさんらしさに惹かれるんだよなぁ…
と、再認識させられた作品でした。

:: 2014/12/20 土曜日::

■[漫画]独身こじらせ男と結婚と「神崎くんは独身」

神崎くんは独身 (芳文社コミックス)
著者/訳者:二宮ひかる
出版社:芳文社( 2014-12-16 )

芳文社の週刊漫画TIMESからは「ダブルマリッジ」に続いての単行本です。
そして「ダブルマリッジ」に出てきたキャラクターも登場していますが、
割りとそこら辺は気にしなくて大丈夫な内容になっています。
一応あとがきで二つの作品の関係性が明かされてますが、
そこまで気にしなくて良いんじゃないかと。

この単行本は表題になっているような「神崎くん」シリーズの中編二つと、
その間に短編が二つあるというちょっと風変わりな構成になっています。
「神崎くん」シリーズの前半は正に二宮ひかるだなぁ、と思わせる内容です。
アラサーの神崎トモヤの家に、ある日同い年のイトコであるユウコが訊ねてきて、
泊めてくれ、と頼み込んでなし崩しで一緒に暮らすことになるんだけど…

ユウコに翻弄されている神崎くんが如何にもだなぁ、と。
そして几帳面で真面目な所が長い独身時代でこじらせすぎて、
妙なコダワリを持ちまくってる所も非常によく判りますし共感出来ます。
私も服の畳み方とか決めてるし、ついでに言うと干し方とかもコダワリがあります。
だからユウコに「絶対結婚できないわ」と言われて心にグサリと来ました。(笑

その終わり方まで含めて二宮ひかる作品だなぁ…
と思ってたらまさかの後半部分で驚きでした。
ある意味読後の余韻を壊されたんだけど、これはこれでというか。
いやはや、長い間二宮ひかる作品読んできたけどこういった展開は予想外だったなぁ。

時系列的にハネムーンサラダ的な表紙のような感じにはならないので、
そこだけはご注意下さい。

:: 2014/12/4 木曜日::

■[漫画]二宮ひかる、珠玉の短編集「さ迷える心臓」

さ迷える心臓 二宮ひかる作品集2 (書籍扱い楽園コミックス)
著者/訳者:二宮 ひかる
出版社:白泉社( 2014-11-28 )

二宮ひかるさんが楽園に掲載していた短編が単行本化されました。
二宮ひかるさんはご存知の通り短編漫画が得意なので、
まさか一話の中に短編を複数入れてくるとは。
しかもそれで面白いのが凄い。
あの中では泣くスポーツが印象的で好きですね。
別れ話をああいった視点で描かれると驚きます。

他の短編だとエロ漫画家の母親を持つ娘とか、
ダメ男製造機な女性だとか色々ありますが、
事後に「ごめんなさい」からの「お付き合いして下さい」流れの短編が好きです。
かつてのローリング土下座からの「やらして下さい」を思い出します。(笑

姉弟モノはそれぞれの視点で描かれることによって、
印象がガラリと変わる作品でしたね。
でもそこが二宮ひかるさんの作品らしいと思います。
あのねっとりとした読後感がたまらない。

そういえば今月も二宮ひかるさんの単行本が出ます。
芳文社からなんですが「神崎くんは独身」という作品です。
こちらも二宮ひかるファンとしては押さえたい作品ですね。

:: 2013/11/30 土曜日::

■[漫画]二世代の恋「あまい囁き」

あまい囁き (書籍扱い楽園コミックス)
著者/訳者:二宮 ひかる
出版社:白泉社( 2013-11-29 )
コミック ( 210 ページ )

わたしが初めて好きになった人は、かつて母の愛人でした。
そんな15歳の少女と30歳の大人の歪な関係。
年齢も倍、関係も複雑、愛情の形は曖昧。
そんな不安定な二人の恋愛模様。

楽園で連載していた二宮ひかるさんの作品が単行本化。
今回はこの二人の関係を基軸として描かれた一連のシリーズです。
二宮ひかる作品としては珍しくセックス描写が殆どありませんが、
それでも二宮ひかる作品らしさで充ち満ちてます。

あっちゃん相手だと大人の余裕を見せている先生も、
10年前はあっちゃんの母親である敦子には翻弄されていて。
その敦子さんのダンナは色々思う所はあったろうに、
それでも真っ当に生きているのがちょっと凄い。
かつての自分の女房の愛人だと気付いていながら、
娘が好きならばと気に食わないけど、許してしまうのが凄いです。

それにしてもあっちゃんの友達が地味に良い存在感がありましたね。
でもその思いは殆ど届いてなかったような気がする…
優先度は恋愛>女の友情かー
そこもあっちゃんらしかったですね。

:: 2012/6/20 水曜日::

■[漫画]もし日本が重婚社会になったら貴方はどうする?「ダブルマリッジ」

ダブルマリッジ (芳文社コミックス)
著者/訳者:二宮ひかる
出版社:芳文社( 2012-06-16 )
コミック ( ページ )

二宮ひかるさん、最近楽園以外では見ないなー
と思ったら週刊漫画TIMESで描かれていたんですね。
掲載誌が変わっても二宮ひかるさんの漫画の面白さはそのままで、
恋愛における情愛を赤裸々に綴られています。

女性総理が誕生し、少子化問題対策で重婚が法律化されそうなifの日本を舞台に、
新婚で文句のない嫁さんがいながら他に女がいるという、
未婚の男から見ればクズとしか言いようが無い男・生田が主人公。
というか何でこんな男がモテるんだ…
作中の後輩くんの神崎じゃないけどホント理不尽だよなぁ。

DVを受けながら夫を愛しているという女性。
仕事で苦労しながら家庭に居場所がない初老の男性。
好きになった人が結婚したり結婚してたり、真面目なのに損ばかりする若い男。
中学時代好きだった人と不倫関係を持ちながら中庸的な女。
可愛い逆玉的な結婚をしながら婚前から外に女を持つ男。
そして愛する亭主に外に女がいることを知らなかった女。
そんな色々な事情を持つ男女の情愛がねっとりと絡み付いている関係が、
何とも二宮ひかる作品だなぁ、と思うわけです。

個人的には未婚の男、ということでババ引いてばかりの神崎に感情移入してしまうのですが、
結構頑張ったりしてるのに最後まで報われないのが割りと辛いです。
それでいて二股かけながら必ずしも破局、という訳ではない男が傍にいるんだもんなぁ…
ホント理不尽だよなぁ…
はぁ…、私もいろいろありたい…

HTML convert time: 1.153 sec. Powered by WordPress