殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」3巻は10月21日発売!
セガ公認メガドラミニ番外編も収録なるか?
:: 2019/9/26 木曜日::

■[漫画]母と妹と「座敷娘と料理人」3巻

座敷娘と料理人3巻座敷娘と料理人3巻
出版社:スクウェア・エニックス
作者名:佐保里
連載サイト:座敷娘と料理人 | ガンガンONLINE
Kindle版:座敷娘と料理人 (3)
Kindle版まとめ買い:座敷娘と料理人
DMM電子書籍:座敷娘と料理人 (3)

田舎の旧家に宿る座敷わらしのお姫様を、
お姫様が見える雇われ管理人のタオが作った料理で幸せにするという、
のんびりスローライフでハートフルなんだけど、
ちょっぴり不思議なこともある物語です。

今回は狐娘の金華の上役(?)である万時様が出てくるんですが、
狐だけあってか变化が得意なようんで、
老若男女に化けてくるわけなんですが…

今後は是非ともこの美少女ver.をデフォにして頂きたいです。
やはりかわいいは正義ですので。

可愛いと言えばもちろんお姫様です。
恵方巻きという最近の文化を堪能するお姫様がとても可愛いです。

タオも言ってるけど、ハムスターみたいですよね。
お姫様は凄い能力を持っているみたいだけど、
タオが作った料理を美味しそうに食べるところが可愛い、
普通の女の子のように思ってしまいます。

そして3巻の見どころは、タオの母と妹の登場だと思うのです。

連絡もなしにいきなり来た上に、
疑り深くて人の話を聞かない母とか、
私自身にもとても身に覚えがあるだけに、
タオと同じようにストレスが溜まってしまいました。

ですが、私と違ってタオはお屋敷の加護が後押ししてくれたとはいえ、
母ときちんとコミュニケーションを取って、
気持ちを伝えてわだかまりをなくしてて、
なにか、読んでる私まで救われた気持ちになりました。

それと、単純にタオの妹である真那ちゃんが可愛かったですね。

真那ちゃんはお姫様のことが見えるみたいなので、
タオの次の管理人になったりするかもしれなかったり?
まぁ、なるとしても10年以上先の話になると思うので、
タオには当面の間はお姫様を楽しませて欲しいものであります。

:: 2019/4/20 土曜日::

■[漫画]君の名は。「座敷娘と料理人」2巻

座敷娘と料理人2巻座敷娘と料理人2巻
出版社:スクウェア・エニックス
作者名:佐保里
連載サイト:座敷娘と料理人 | ガンガンONLINE
Kindle版:座敷娘と料理人 (2)
DMM電子書籍:座敷娘と料理人 (2)

誰も居なくなった田舎の旧家に宿る座敷童子の神様と、
神様が見える住み込み管理人バイトの青年タオによる、
少し不思議でちょっとほんわかする日常&グルメ漫画です。
姫様は神様なんだけど、タオが作るお供え料理にメロメロで可愛いのです。

不思議な存在は姫様だけでなく他にもいるんですけど、
今回は近所のお稲荷さんのところに住む可愛い子狐の小鐘くんも出てきます。
その小鐘くんが巻き起こすちょっとした騒動から、
タオの過去が垣間見えるんだけど…
確かに罪滅ぼしと友達付き合いって難しいもんですよね…
こういった後悔ってのは多少の差はあれど、誰もが持ってるんじゃないでしょうか。
だから、その後悔を反省して、今回はちゃんとした対処が取れたのは、
ちょっと救われた気がします。

そして2巻でメインとなる話なんですけど、
これがまた少し不思議系なイベントで!
タオが朝目覚めたら知らない女性の身体に宿っていた…!

「君の名は。」的なシチュなわけですが、
精神交換型のあちらとは違ってこちらは精神憑依型の性転換なわけで、
タオとこの女性、美夜子さんは頭の中で同居状態で、
空腹度合いで切り替わるという何とも不思議なことになってるんですよね。

タオからすると3世代くらい前の時代のお屋敷での日常なわけですが、
当時は和服が当たり前だったので、女性の和服での過ごし方に戸惑う所とか面白いですね。

洋服が当たり前の現代から考えると歩幅が制限される服とか不便で仕方がないけど、
当時はそれが当たり前であり、ある意味礼儀の一環だったんでしょうね…
時代を超えての性転換モノというのも、中々に興味深いものなのであるなぁ。

料理漫画的には少ない材料と竈といったローテク環境でも、
スイートポテトとか作れるんだな、と驚きました。
タオってばなんだかんだで状況適応力高いですよね。
それにしてもスイートポテトが美味しそうである…

それと現代に戻ってクリスマスにタコパをやってましたけど、
ロシアンたこ焼きは結構キツいものがありますよ。
若い頃に今はなき巫女居酒屋の月天で食べたことあるけど、
当たりの激辛はマジ痛かったです…
流石に姫様向けだとそれほどでもないだろうし、
ちゃんとたこ焼きに良い印象を持てているようだし良かったです。

さて、次巻は新キャラ登場ですよ。
というか3巻まで続いてくれそうで少しホッとしています。
最近のガンガンONLINEはオリジナルの新作に厳しい印象があるからなぁ…
末永く頑張って欲しいものであります。

:: 2018/10/26 金曜日::

■[漫画]甘党な神様「座敷娘と料理人」1巻

座敷娘と料理人1巻座敷娘と料理人1巻
出版社:スクウェア・エニックス
作者名:佐保里
連載サイト:座敷娘と料理人 | ガンガンONLINE
Kindle版:座敷娘と料理人 (1)
DMM電子書籍:座敷娘と料理人 (1)

貯金額が増えるのが人生の楽しみなバイト青年の菅波多緒。

ある日バイト先の同僚に勧められた高収入短期バイトとして、
田舎の屋敷の管理人的なことをやることになるんだけど、
そのお屋敷には見える人には見える、可愛い神様がいて…

田舎の屋敷で可愛い神様との二人暮らし。
食欲旺盛な座敷童の神様に美味しいご飯をお供えする簡単なお仕事です。

田舎の屋敷で誰もいない、誰にも見えない状態でずっと過ごしてきた姫様が、
久しぶりに話すことができる人間である多緒に餌付けされて、
幸せそうにご飯を食べる姿にほっこりしますね。

見える人間に会えるのが数十年ぶりということで、
お供えされる食事も大きく洋風化されたのを知らないので、
カレーやパスタといった食事が目新しく写り、
その美味しさを新鮮に感じて大興奮な姫様が可愛いのです。

姫様だけでなく、キツネのお稲荷さんが出てきたり、
屋敷で不思議な過去の光景を見たり、
色々と非日常な生活の部分もあるけれど、
姫様と多緒の触れ合いがこの漫画の根底にある面白さなんじゃないかな、と思います。

巻末描き下ろしの4コマを読んで思いましたが、
姫様って本当に味覚がお子様ですよね…
お寿司はわさび抜きじゃないと食べられないんじゃないでしょうか。
というか、お屋敷は内陸っぽいし新鮮なお寿司とか食べた事がない可能性も…
多緒くんに頑張ってもらって、いつか姫様にお寿司を食べさせて欲しいですね。

HTML convert time: 0.828 sec. Powered by WordPress