殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」2巻は4月22日発売!
おじさん…!
:: 2019/4/17 水曜日::

■[漫画]友達と家族と幸せと「働かないふたり」16巻

働かないふたり16巻働かないふたり16巻
出版社:新潮社
作者名:吉田覚
作者サイト:浅いところでバシャバシャする
作者twitter:吉田覚 (@nurunurunumeri) | Twitter
連載サイト:働かないふたり | くらげバンチ
Kindle版:働かないふたり (16)
Kindle版まとめ買い:働かないふたり
DMM電子書籍:働かないふたり (16)

相変わらず読んでゲラゲラ笑ってストレス解消しまくりです。
私にとっては最高に相性が良い漫画なので大好きなのです。
作品内の世界で過ごしたいまであるね…!

別に働かないニート生活が羨ましいという訳ではないのですが…
いや、ちょっとは羨ましいんですけど!
こう、働かない守や春子と遊んでくれる友達がいる環境が羨ましいんですよね。
小学生の頃のノリをそのまま楽しむことができる友達がいるって最高じゃないですか。

この16巻で言えばあかねちんとユキちんがそうですね。
河原に遊びに行って毛布で寝るだけの休日とか、凄く癒やされそう…

あかねちんが気付いた通り、無理に楽しむ必要も楽しませる必要がない。
一緒にいるだけで安心できる友達と過ごす日常って貴重ですよ。

他にも傘とゴムボールでゴルフしたり、
風邪になったら見舞いに来てくれたり、
友達が居てくれるありがたみに幸せを感じるんだなぁ。

それと家族との団らんも楽しそうで、読んでて笑いまくりなんですよ。
春子にがんばルンバと言われたお父さんが、
ルンバを教えてあげるところとか超楽しい!

お母さんに怒られるところまで含めて、
とても楽しそうだなぁ、と思っちゃいます。

お父さんと言えば丸山のお父さんも楽しかった!w
丸山発案のグラドルの顔だけでおっぱいの大きさ推理して並べるのを、
全問正解するだけで尊敬を集めるとかw
乳で父の威厳を保つとかどんな一家だよ!w
もうね、笑いすぎて腹が痛いですw

あと、今回の単行本描き下ろしネタは、
本編で語られていた守が青春時代にデリカシーのないことをした後始末の話なんですが…
これがとても綺麗にまとまっていたので、とても良かったです。
この描き下ろしまで読んで、守の話に区切りが付いたな、と感じました。
良い話だ…

:: 2018/11/18 日曜日::

■[漫画]変わる友達、変わらない友情「働かないふたり」15巻

働かないふたり15巻働かないふたり15巻
出版社:新潮社
作者名:吉田覚
作者サイト:浅いところでバシャバシャする
作者twitter:吉田覚 (@nurunurunumeri) | Twitter
連載サイト:働かないふたり | くらげバンチ
Kindle版:働かないふたり (15)
Kindle版まとめ買い:働かないふたり
DMM電子書籍:働かないふたり (15)

疲れた日常の癒やしであり、
読んでてゲラゲラ笑ってしまう、私にとって漫画らしい漫画です。
ホント、なんでこんなに笑ってしまうんだろう。

倉木さんのダサい水着姿でも笑ってしまうし、
クソダサ水着だと聞いてガッカリしている丸山でも笑ってしまうし、
サブリミナろうとする春子のアホっぷりにも笑ってしまいます。
もう、とにかく笑ってしまう!w

倉木さんも遠慮なくツッコミを入れるようになってきて、
本当に馴染んできたな、という感じがしますね。
しかし故障したゲーム機の追悼バカンスとか、
そんな変なノリにも乗ってくれるとか染まりすぎな気がしないでもないですが、
倉木さん的にはそれが幸せだろうし問題ないかな!

笑いだけでなく心にジーンと来るところもあるのです。
春子の学生時代の友達のあかねちん。
美人だけど学生時代は孤立してて、春子だけが友達で、
今ではキャバ嬢やってるあかねちん。
客として訪れた丸山に聞いて会いに行ったら昔通りに接してくれて…

春子はアホなんだけど、アホだからこそ偏見がないんですよ。
そんな春子に救われる人がいるんですよ…
春子もあかねちんもええ子やで。

登場人物は増えてきたけれど、
この漫画の面白さはブレないままなので、
のんびりと続いていって欲しいものであります。

:: 2018/7/11 水曜日::

■[漫画]忍耐≠努力「働かないふたり」14巻

働かないふたり14巻働かないふたり14巻
出版社:新潮社
作者名:吉田覚
作者サイト:浅いところでバシャバシャする
作者twitter:吉田覚 (@nurunurunumeri) | Twitter
連載サイト:働かないふたり | くらげバンチ
Kindle版:働かないふたり (14)
Kindle版まとめ買い:働かないふたり
DMM電子書籍:働かないふたり (14)

何だかんだでゆるっと続いて14巻。
今回も相変わらずニートしてますし、
時代に急かされないのんびりした日々が描かれていて、
本来の人間はこんな生活をすべきじゃないか、と思ってしまう危険性があります。
はぁ… 仕事やめて日々のんびりしたい…

大雪の日にかまくらを作りに外出するとか、
昨今の風潮だと自己責任ガー、危機意識ガー
とか言われそうだけど、普通に楽しそうですよね。
友達で集まってかまくらを作るとか、30年くらいやってないよ…
ちょっとノスタルジックな雰囲気になってしまいます。

ニートとはいえ全く物語が進展しないわけではなくて、
守くんと戸川さんの仲はちょっとずつフラグが立っているわけで。
守くんが戸川さんの同人誌を既に買っていた、という事実を知ったことで、
戸川さんの心境にどんな変化があったのか、
あのページ数だけでは物足りないので、もっと読みたいですね。
次巻以降でなにか語られたりしないかなぁ。

あと、守くんが言っていた「耐えることと努力することは違う」
というのは膝を打つものがありました。
そうだよね、言われてみればそうだよ。
ブラック企業に勤め続けるのは忍耐であって努力ではないよね。
ニートなのに良いこと言うなぁ…

それはそれとして今回印象的だったのは、
倉木さんの後輩ちゃんのおっぱいのサイズでしょうか。
スーツだとあまり分からなかったんだけど、
水着姿を見て再確認しました。

パイでけぇ。

:: 2018/3/10 土曜日::

■[漫画]HUGっと!「働かないふたり」13巻

働かないふたり13巻働かないふたり13巻
出版社:新潮社
作者名:吉田覚
作者サイト:浅いところでバシャバシャする
作者twitter:吉田覚 (@nurunurunumeri) on Twitter
連載サイト:働かないふたり | くらげバンチ
Kindle版:働かないふたり (13)
Kindle版まとめ買い:働かないふたり
DMM電子書籍:働かないふたり (13)

13冊目になり、そろそろ飽きても良いような気がするんですが、
何故か私は未だにこの漫画が大好きでして。
1ページ毎に爆笑してしまうくらいに楽しく読んでまして。
裏表紙の漫画でもツボってしまって、もうどんだけ好きなんだと。
自分でも驚きです。

基本的にニートの兄妹の日常なだけなんですが、
引き篭もりではなく、楽しく遊んでるのが良いんだよなぁ…
昔からの悪友の丸山と、お隣の倉木さんの4人で、
近所の裏山に秘密基地を作ってラーメンを食べるとか、
メチャクチャ楽しそうで羨ましかったです。
そういった仲間がいるってのは、本当に良いなぁ。

あと、何だかんだで守お兄ちゃんは出来る子なんですよね。
石井ママのお友達の息子がブラック企業で心が壊れて引き篭もりになったのを、
一緒にインドに行くことでリハビリさせたり、
子育てに疲れた通りすがりの母娘をユキパパと一緒に癒したり、
疲れた心を癒す効果があるというか。
あと、普通にみんなを楽しませる発想が上手い。

一発芸でこういったネタを思いつくとは…
正直、この発想はなかった。

そんな守お兄ちゃんに触発されすぎて、
まさか戸川さんまで無職になるとは思いませんでしたが…
今が楽しそう、というか表情が豊かになったので、
これも生き方なのかな、とも思ったりも。

あと、描き下ろしはユキ母とユキ父の出会いでしたが、
何故二人が結婚したのか疑問でしたが、何か分かった気がします。
アホはアホだからこそ、人の心を軽くすることもあるんだなぁ。
良い話だった…

:: 2017/10/20 金曜日::

■[漫画]アメリカンクラッカー!「働かないふたり」12巻

働かないふたり12巻働かないふたり12巻
出版社:新潮社
作者名:吉田覚
作者サイト:山田さん、ホオジロザメ、レゴ三昧
作者twitter:吉田覚 (@nurunurunumeri) on Twitter
連載サイト:働かないふたり | くらげバンチ
Kindle版:働かないふたり (12)
Kindle版まとめ買い:働かないふたり
DMM電子書籍:働かないふたり (12)

世の中には面白いけど、面白いが故に読むのにエネルギーを使う漫画があります。
逆に面白いけど、読むのに全くエネルギーを使わず気軽に読める漫画もあります。
後者は個人差が激しく、正にツボにハマるかどうかで決まってくると思うのですが、
私にとってこの「働かないふたり」は後者の漫画なんですよね。
どんなに疲れていても気軽に読めて、笑って心を軽くすることができる…
そんな漫画です。

どこにそんな笑えるかというと色々あるんですが…
春子のアホなところに笑ったり、
倉木さんがツボっているところに笑ったり、
丸山のバカなところに笑ったりと本当に色々ですね。

丸山と言えばあのハリウッドなオーストラリア美人が再登場ですよ!
しかも巨乳な友達も着いてきて今なら二倍に!

うーん、最高に頭を使わずに読めて楽しいな!
丸山のこのスケベなところは嫌いではないな!
というか大好きだ!

そんなバカでスケベで彼女が欲しくてたまらない丸山だけど、
友達を悪く言う人と付き合うことができないという、
そんなところも嫌いではないな!
というか本当に大好きだ!

守くんの一度会ったことがあるだけのおばあさんを助けるために、
遠藤くんと稲森さんを加えて四人で一緒に草刈りをしたりと、
本当に良い友達だと思いますよ。
是非ともそのまま友達を大事にしていって欲しいところであります。

:: 2017/6/21 水曜日::

■[漫画]本好きの妖怪 meeets 本好きの妖怪「働かないふたり」11巻

働かないふたり11巻働かないふたり11巻
出版社:新潮社
作者名:吉田覚
作者サイト:山田さん、ホオジロザメ、レゴ三昧
作者twitter:吉田覚 (@nurunurunumeri) on Twitter
連載サイト:働かないふたり | くらげバンチ
Kindle版:働かないふたり (11)
Kindle版まとめ買い:働かないふたり
DMM電子書籍:働かないふたり (11)

仕事で精神的に疲れている時にこの漫画を読むととても癒されるのです。
人生、働いてお金を得るだけが幸せじゃないんだな、と思わされるというか、
こう、深く考えずに気軽に生きていくだけでも幸せじゃないかなぁ、と。
あまり考えすぎるとニートになりそうで怖くもあるのですが…(笑

今回一番笑ったのは遠藤の彼女の稲森さんの友人であるオーストラリア人女性です。

ハリウッドー!(ハリウッドはアメリカです
デカい、ワールドカップにもほどがあるだろう…!
この凄すぎるおっぱいが生み出す迫力には丸山じゃないけど圧倒されましたよ。
いやー、世界は広い…!

後書きによるとおたふく風邪の影響で生まれたキャラみたいですが、
私としてはとても大好きなので是非とも再登場して欲しいものです。
こう、彼女が出てくると丸山のリアクションも楽しいですしね。
私が巨乳好きなだけではないですよ…?

それと今回注目したのは石井パパの部下である戸川さんでしょう!
虫が苦手という意外と女の子らしいところが可愛かったですし、
何より守と交流を持つようになったのが嬉しい!

元々縁がある二人なんだけど、再び本好き同士の二人が関わりを持つことになって、
今後物語どう転がっていくのかが気になります。
特に戸川さんの一冊だけ売れた同人誌を守が持っていることを戸川さんが知ることで、
彼女の中で何がどう動くか今から気になるんですよね。
楽しみだなぁ。

:: 2017/2/9 木曜日::

■[漫画]彼女の心が動いたら「働かないふたり」10巻

働かないふたり 10 (BUNCH COMICS)
著者/訳者:吉田 覚
出版社:新潮社( 2017-02-09 )

連載サイト:働かないふたり | くらげバンチ
作者サイト:山田さん、ホオジロザメ、レゴ三昧
作者twitter:吉田覚(@nurunurunumeri)さん | Twitter
Kindle版:働かないふたり (10)
Kindle版まとめ買い:働かないふたり
DMM電子書籍:働かないふたり (10)

主人公がニートなので大きなドラマとかはないですし、
ラブコメ的な展開もほぼ皆無に等しいです。
だというのに私が何故この漫画を紙で買い続けているのか、
自分でもよくわかりません。
ただ、何というか… 好きなんだよなぁ、この漫画。

ストレスなく読むことが出来るし、クスっと笑えるんですよ。
アホな春子の言動は読んでて気持ちよく笑えるし、
たまに守の行動がじんわりと心に染みることがあるんですよね。
こう、仕事で疲れた時に元気を貰える漫画なのです。

ちなみに今回、じんわりと心に染みたのは戸川さんですね。
石井パパの部下にして、読書好きで守とはニアミスしまくりの彼女。
眼鏡でクール… というよりは無表情系の女性で、
何事にも動じないところが彼女の特徴なんですよね。

あの倉木さんも絶叫する臭さなのに、
こんな平淡なリアクションのみ。
彼女の心が動くことなんてあるのだろうかと思っていたその矢先に、
まさかの姿を見ることが出来ましたよ!

読むだけでなく、書くこともする戸川さんが、
即売会で一冊だけ売れた自分の同人誌を、
愛読するブログ(守が運営)で紹介された時のこの変化たるや!
気持ちがちょっとわかるだけに、
共感度が上がり、ぐっと魅力が増しましたね!
もし守と戸川さんの二人が出会ったら何が起きるのかなー
今から楽しみだなー

とはいえヒロイン度は倉木さんの方が高いかも。

いや、うん、まだまだイケるって!
ちょっと春子たちに影響されすぎてアホ入ってると思うけど、
それもまた魅力の一つだと思うんだ!(笑

:: 2016/11/13 日曜日::

■[漫画]ニートの父「働かないふたり」9巻

働かないふたり 9 (BUNCH COMICS)
著者/訳者:吉田 覚
出版社:新潮社( 2016-11-09 )

連載サイト:働かないふたり | くらげバンチ
作者サイト:山田さん、ホオジロザメ、レゴ三昧
作者twitter:吉田覚(@nurunurunumeri)さん | Twitter
Kindle版:働かないふたり (9)
Kindle版まとめ買い:働かないふたり

ある日起きたら石油王になってないかなぁ…

そんな夢を見ている日曜日の夜。
あぁ… 仕事行きたくない…
ある日起きたら美少女になっておっぱい揉むのも夢だけど、
やっぱり石油王になるのも捨てがたいんだよね。
特に社会人になってからは…

石油王になるまでもなく遊んで暮らしている石井家の兄妹ですが、
この9巻ではある意味この働かないふたりよりも、
もっとダメ人間が登場しました!
それはユキちゃんのお父さんです!

neet09_01

娘の友人の家の窓から登場とか、
話に聞いていた以上にエキセントリックな人だぜー!
というか普通に犯罪じゃん!
うら若い女性からしたら恐怖でしかないよ!
しかも格好が格好だしね!

熊と戦ったりとかクレイジー極まりないユキちゃんのお父さんですが、
たまに名言をはきます。

neet09_02

まぁ、この言葉は箒に跨って飛ぼうとしている時の台詞なんですけどね。
本人はとてもバカだからとても本気なのが最高に痛いです。
特に実の娘のユキちゃんにとっては…
しかもこれで働いてないんだからなぁ…
というかお母さん、よくこんなのと結婚したな…(笑

恒例の描き下ろし短編は高校生時代の春子とユキちゃんが、
友晴くんとお友達になったエピソードです。
相変わらず描き下ろしでは泣かせにくるよなぁ…

それはそうとJK時代の春子は中々アリだと思いました。
やはり制服マジックというのは有効だなぁ…

:: 2016/7/9 土曜日::

■[漫画]現代の貴族たち「働かないふたり」8巻

働かないふたり 8巻 (BUNCH COMICS)
著者/訳者:吉田覚
出版社:新潮社( 2016-07-09 )

連載サイト:働かないふたり | くらげバンチ
作者サイト:山田さん、ホオジロザメ、レゴ三昧
作者twitter:吉田覚(@nurunurunumeri)さん | Twitter
Kindle版:働かないふたり (8)
Kindle版まとめ買い:働かないふたり

はぁ… 働きたくないなぁ…

実際問題現代日本だと娯楽が安価だったり図書館が充実しているので、
住居と食費の問題さえクリアできれば割りと何とかなりそうな気がするんですが、
働かない状態を維持することで発生する焦燥感とかに打ち勝つ心の強さがないと、
正直難しい気がするのでこの兄妹がとても羨ましいです。

特にこの兄妹の場合は二人でいることが多いので孤独に悩む必要がないし、
何より結構友達が多いですからね、この二人。

neet08_01

コミュ障の春子の友達のヤンキーのユキちゃんと、
男の子が好きでハブられていた友晴くんって面識あったんだね。
まぁ、ユキちゃんの好みから友晴くんは外れてるだろうし、
ゲイだからって細かいこと気にするような子じゃないしなぁ。
春子の周りは濃い面子が集まるけど、基本的に良い子ばかりですよね。

初登場時は結構普通だったのにどんどん濃い変態になっている倉木さんですが、
普通に石井兄妹の盗撮写真を常備してたりと、
変態度が犯罪ちっくになってきている気がします。
彼女は一体どこへ向かっているのでしょうか…
このまま兄妹を見守るだけで満足なのかなー

それと気になっているのか石井パパの部下である戸川さんと、
守くんは好みが本当に似通っているのに、
ニアミスしてばかりでちょっとヤキモキしちゃいますね。
二人の運命線がまた交わる日がいつかくるのかなぁ…
きたら良いなぁ…

:: 2016/2/9 火曜日::

■[漫画]トリック オア ニート「働かないふたり」7巻

世のニートの多くは働いてないことへの焦燥感とか、
両親への罪悪感とかそういったものがあり案外お気楽ではないらしいのですが、
この兄妹は本当にニートな日々を楽しんでいるんですよね。
読んでるとそれが伝わってきて、脳天気な気持ちで純粋に楽しめるのです。

兄妹が日々を楽しめる理由に友達がそれなりにいることが挙げられると思うんですよ。
その友達筆頭は暇人で非モテの丸山に、まともに見えて実はのぞき魔な倉木さん。
ふたりともしょっちゅう遊びに来るし、誕生日会をやるくらいに仲良しなのが良いですね!

neet07_01

しかし倉木さんは26歳になったのか…
もし守くんと結婚した場合は姉さん女房になるのかな。

守くんの方は意外とコミュ力が高いので友達が多いのは理解できるんだけど、
春子はコミュ力が低いなりにちゃんと友達がいるのが凄いと思う。
前巻で再登場した長身で格闘技経験アリアリのユキちゃんは、
今回も春子並にコミュ力が低いところが妙に可愛かったけれど、
雪だるまに蹴りを入れたり拳を打ち込む姿は様になってて格好良かったです、ハイ。
巻末描き下ろしでは二人の高校生時代のエピソードがあってほっこりしました。

この7巻でも春子のもう一人の友達である友晴くんが再登場してましたね。
美少年ながら男の子が好きだった友晴くん。
今度は辛い恋はしたくないと言ってたのに…

neet07_02

人が恋に落ちる瞬間を見てしまった…

非モテで悩んでいた丸山、ついに惚れられるの巻。
このままだと惚れられるどころか掘られる可能性も出てきたけど!
ヤバイぞ丸山! ともだちんこやってる場合じゃないぞ!

HTML convert time: 3.236 sec. Powered by WordPress