殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」2巻は4月22日発売!
おじさん…!
:: 2019/7/25 木曜日::

■[漫画]反撃の狼煙「ナイツ&マジック」9巻

ナイツ&マジック9巻ナイツ&マジック9巻
出版社:スクウェア・エニックス
原作者名:天酒之瓢
原作者サイト:絵師空域 — Index
原作者twitter:天酒之瓢 (@Amazake_Write) | Twitter
作者名:加藤拓弐
作者サイト: RP 新しきかな篇
作者twitter:加藤拓弐 (@isiyumi) | Twitter
Kindle版:ナイツ&マジック (9)
Kindle版まとめ買い:ナイツ&マジック
DMM電子書籍:ナイツ&マジック (9)

フレメヴィーラ王国からオービニエ山地を挟んだ西側の人類が繁栄を謳歌する領域で、
突如ジャロウデク王国から攻撃を仕掛けられたクシェペルカ王国。
圧倒的な膂力と装甲を誇る幻晶騎士を前に防衛線を築くも、
前代未聞の飛空船に王都を強襲されて陥落してしまう。
一方、叔母が嫁ぎ留学していたクシェペルカ王国が攻められていると知ったエムリスは、
銀鳳騎士団とともに救出に向かい…

大西域戦争の本格的な開始です。
今までは魔獣相手の戦いでしたが、これからは幻晶騎士同士の戦いです。
しかも相手はかつてテレスターレを強奪した憎き相手ということで、
銀鳳騎士団の面々はやる気に満ち溢れいますよ!
盗人相手に本家本元が成敗するという流れであります!

まぁ、エルくん本人は愛機イカルガを操縦するのが楽しくてたまらないだけみたいですけどね!

それにしても魔獣相手ならわかるけれど、
人が乗っている幻晶騎士相手だろうと全く容赦がない…!
怯むどころか、むしろ幻晶騎士と戦えることに喜びすら感じているあたり、
エルくんってやっぱり頭がぶっ飛んでるなぁ、と思います。

そして幻晶甲冑を使っての王族救出作戦ですが、
この技術まで盗まれてなかったお蔭で容易に潜入できたのを見ると、
やはり情報ってのは大事だな、と思いますね。
確かに幻晶甲冑が本格的に活躍するようになったのは、
テレスターレが盗まれた後ですもんね。
藍鷹騎士団は救出作戦の前、
フレメヴィーラでの情報封鎖から役立ってるんですよね。
地味だけど重要な役どころだ…

銀鳳騎士団による反撃の狼煙はまだ上がったばかりなので、
面白さはまだこれからドンドン上がっていきますよ!

:: 2019/4/6 土曜日::

■[漫画]イカルガ大地に立つ!!「ナイツ&マジック」8巻

ナイツ&マジック8巻ナイツ&マジック8巻
出版社:スクウェア・エニックス
原作者名:天酒之瓢
原作者サイト:絵師空域 — Index
原作者twitter:天酒之瓢 (@Amazake_Write) | Twitter
作者名:加藤拓弐
作者サイト: RP 新しきかな篇
作者twitter:加藤拓弐 (@isiyumi) | Twitter
Kindle版:ナイツ&マジック (8)
Kindle版まとめ買い:ナイツ&マジック
DMM電子書籍:ナイツ&マジック (8)

森都へと迫る魔獣をツェンドリブルと新装備で見事撃退した銀鳳騎士団。
そしてエルはついに先王より約束のエーテルリアクタの製法を教授されることになるんだけど、
その製法を知るのは森都で暮らすアルヴだけであり、
その難易度も予想以上に高いのだけど、エルがそれで諦めるはずもなく…

ついにこの物語の象徴である、エルネスティ専用機のイカルガの完成です!

いやはや、ここに至るまで長かったですねぇ…
子供のころから魔法能力を鍛え、
前世の知識を活かして魔法を効率化し、
鍛え上げた演算能力を駆使してべへモスを倒し、
その功績もあってみんなで試行錯誤しながらテレスターレを作り、
予想外の外敵に邪魔されたけれど、それをバネに騎士団を作り、
さらには前代未聞の人馬騎士を組み上げて魔獣を狩り、
エーテルリアクタの製法を身に着けて最高のモノを作り上げることでついに…!

それにしても完全にエルネスティ専用機ですよね。
これ、たとえ盗まれても絶対に起動できないでしょうし、
後世の人もまともに動かせないだろうなぁ…w
良くも悪くも属人的な騎士になってしまったけど、まぁ、それでこそって感じはしますね。

で、そんな最高の騎士も出番がなくては意味がないんだけど、
ついにテレスターレを盗み出した外国がついに牙を剥き始めたわけですね。
先の展開を知る身としてはエルにとっては極上の餌がやってきた、
という気持ちの方が強いわけなんですけど…
このコミカライズではどう魅せてくれるのか、楽しみです。

:: 2018/11/28 水曜日::

■[漫画]魔獣ハンター「ナイツ&マジック」7巻

ナイツ&マジック7巻ナイツ&マジック7巻
出版社:スクウェア・エニックス
原作者名:天酒之瓢
原作者サイト:絵師空域 — Index
原作者twitter:天酒之瓢 (@Amazake_Write) | Twitter
作者名:加藤拓弐
作者サイト: RP 新しきかな篇
作者twitter:加藤拓弐 (@isiyumi) | Twitter
Kindle版:ナイツ&マジック (7)
Kindle版まとめ買い:ナイツ&マジック
DMM電子書籍:ナイツ&マジック (7)

国機研が調整して完成させた量産機『カルディトーレ』を受領した銀鳳騎士団。
感覚派なアディの教導にヘルヴィが苦労させられたり、
先王アンブロシウスと若き脳筋のエムリス殿下のために新型を作ったり、
それなりに忙しいけど平穏な日々を過ごしていたのだけれど、
国の要地であるアルヴヘイムに危機が迫り…

今回は久しぶりの師団級魔獣vs幻晶騎士の大決戦です。
しかし、以前のベヘモス戦と違って今回は装備も一新されており、
あの時ほどに綱渡り的な戦いではないですし、
何より、キッドとアディという頼もしい弟子たちと一緒に戦うので、
エルくん的にも心強いことかと思います。

それはそうと今回の師団級魔獣ですが…

見た目からしてモンハンのシェンガオレンを思い出しますね!
足は硬いけど、一旦倒れたら柔らかい部位をひたすら攻撃したもんです。
エルくん的には幻晶騎士を壊して良いのは幻晶騎士だけなんだろうけど、
モンハン好きとしてはこういった大型魔獣と幻晶騎士の戦いというのは、
ちょっと心躍るものがありますね。

心躍るといえば、アルヴァンズの危機に銀鳳騎士団が駆けつけるシーンは、
原作を読んで展開を知っていてもワクワクが止まりませんでしたね。
かつて競い合った相手が窮地に助けに現れるとか、
男の子が大好きなシチュエーションですよ。

さて、今回の討伐報奨がエルくんにもたらすものは…
当然アレなわけで、そこでソレしてコレすることになるはずなので、
次の8巻もとても楽しみです。

:: 2018/7/26 木曜日::

■[漫画]地上の流れ星「ナイツ&マジック」6巻

ナイツ&マジック6巻ナイツ&マジック6巻
出版社:スクウェア・エニックス
原作者名:天酒之瓢
原作者サイト:絵師空域 — Index
原作者twitter:天酒之瓢 (@Amazake_Write) | Twitter
作者名:加藤拓弐
作者サイト: RP 新しきかな篇
作者twitter:加藤拓弐 (@isiyumi) | Twitter
Kindle版:ナイツ&マジック (6)
Kindle版まとめ買い:ナイツ&マジック
DMM電子書籍:ナイツ&マジック (6)

エルネスティを団長として発足された銀鳳騎士団。
幻晶騎士開発集団兼エルネスティ護衛のためなんだけど、
団長が団長なだけに後者よりも前者としての色合いが強くなってしまうわけで、
エルも早速規格外の騎士の設計図を持ち出してきて…

Web版でも文庫版でも読んで、アニメ版でも見ましたが、
やはりメカを作る風景というのは良いものですねぇ。
しかも作るのが人馬型の幻晶騎士ツェンドルグというのが実に良い。
テレスターレの経験があるとはいえ、やはり試行錯誤があり、
それをブレイクスルーするアイディアもサクっと出してくるあたり、
エルくんはエンジニアとしても格好いいものがありますよ。

試行錯誤と言えば後に「流れ星事件」と呼ばれることになる魔導噴流推進器の試験では、
壮絶な失敗が描かれていて一周回って楽しかったですね!
ロケットのエンジン実験のようなことをしていたみたいですが…

原作にもなかった描写がされてて面白いですね。
エルくんの可愛いクレイジーさも出てて素晴らしいです。

エンジンもそうですがやはり実際に搭載して動かさないとわからないことはありますからね。
むしろロケットみたいに爆発とかしなかっただけ成功ですよ。
まぁ、ロケットと違って燃料を搭載しているわけではない、というのもあるんでしょうけども。
それにしても爆発性がないエネルギーの貯蔵装置と考えると魔法って便利すぎるなぁ…

それと御前試合もロボットバトル展開で面白かったけれど、
その前の国王との会話も結構好きです。

原作でもこのシーン、結構好きだったんですよね。
エルくんのアレっぷりが出てて。
漫画ではエルくんの表情とフォントでそれを表現していて、
とてもよく出来ているな、と思いました。

さて、そろそろエルくんの新しい機体の部品が揃いそうですね。
次巻ではイカルガが登場するのだろうか…
楽しみです!

:: 2018/3/24 土曜日::

■[漫画]銀の鳳が羽ばたく時「ナイツ&マジック」5巻

ナイツ&マジック5巻ナイツ&マジック5巻
出版社:スクウェア・エニックス
原作者名:天酒之瓢
原作者サイト:絵師空域 — Index
原作者twitter:天酒之瓢 (@Amazake_Write) on Twitter
作者名:加藤拓弐
作者サイト: RP 新しきかな篇
作者twitter:加藤拓弐 (@isiyumi) on Twitter
Kindle版:ナイツ&マジック (5)
Kindle版まとめ買い:ナイツ&マジック
DMM電子書籍:ナイツ&マジック (5)

カザドシュ砦が賊に襲われ新型機テレスターレが強奪されてしまうも、
エルは自分の乗機がなくて参戦できずにヤキモキしていた所に、
親方がやってきて幻晶甲冑を装備していざロボット戦闘へ!
そして賊を追っていたエドガーは執拗な抵抗を受けて…!

唐突ですが、コミカライズ作家にとって一番重要なことは何だと思いますか?
漫画家としての技術? イラストレーターと親和性の高い絵柄?
それとも原作に追いつけるくらいの筆の速さ?
どれも重要だとは思いますが、私が思うに一番は「原作を好きであること」だと思います。
原作を好きで、原作を楽しみ、原作を理解することで、
原作ファンが納得できるコミカライズ作品になるのではないかな、と思うんですよね。

そういった意味では加藤拓弐さんは本当に原作が好きなことが伝わってきますね。
主にtwitter見てると。(笑

ロボットモノ大好きな人が書いた原作なら、
ロボットモノ大好きな漫画家ならそりゃ好きになるよねー
お陰でこのコミカライズはとても楽しいです。

この5巻でも初っ端からエルくんが大暴走してるんだけど、
それもまた原作通りなですよね。

主人公であるエルくんの無邪気であくどい笑顔させるとか、
割りと勇気がいると思うんですが、原作からしてそんな雰囲気ですもんね。
よく分かってるなぁ、とむしろ感心します。

幻晶騎士同士の戦闘も面白かったけど、
かつて逃げ出して後悔しているディーの覚悟の決め方とか、
そういった生き様の描写も流石の上手さですし、
TVアニメだと多少端折られた国王との謁見も、
きちんとほぼそのまま描かれたのは嬉しかったです。

さて、次回からはまたもやモノ作り編ですよ!
この作品の面白さの半分はこのモノ作り編にあると思いますので、
アニメで端折られたところを丹念にやってくれると期待しています!

:: 2017/9/25 月曜日::

■[漫画]強奪イベント発生!「ナイツ&マジック」4巻

ナイツ&マジック4巻ナイツ&マジック4巻
出版社:スクウェア・エニックス
原作者名:天酒之瓢
原作者サイト:絵師空域 — Index
原作者twitter:天酒之瓢 (@Amazake_Write) on Twitter
作者名:加藤拓弐
作者サイト: RP 新しきかな篇
作者twitter:加藤拓弐 (@isiyumi) on Twitter
Kindle版:ナイツ&マジック (4)
Kindle版まとめ買い:ナイツ&マジック
DMM電子書籍:ナイツ&マジック (4)

ついに新型の幻晶騎士”テレスターレ”を完成させたエルとその仲間たち。
アディとキッドが父親である侯爵にその報告をしたところ、
何故かディクスゴード公爵から新型機の移送を命じられることに。
それとは別に新型機を狙う輩も暗躍して…

TVアニメの放映は終わりましたけど、コミカライズは続きますよ!
アニメでは放映済みですがこの巻では強奪イベントが発生します。
Zガンダムをはじめとしたロボットモノに強奪イベントはなじみ深いモノですが、
味方陣営が奪われる側というのは新鮮ですね。
ロボット大好きなエルくんも自分の身に起こるとは思っても見なかったみたいですし。

しかし… ディクスゴード公爵も大変ですね…

暴走するエルくんの思惑を心配してたら見事に肩すかしくらいまくって、
結果として暴走するエルくんを制御する手綱を握ることになるとは…
何というか、苦労性の人だなぁ、と…
偉い貴族の人のはずなんだけどね…(笑

そしてその元凶のエルくんですが、相変わらず倫理観に縛られない子ですよね。

すぐそこで人が死にまくっているのに、
感じるのはロボット同士の戦いに参戦できない口惜しさだけとか。
まぁ、そこがエルくんなんですけども。
魔獣の脅威がすぐそこにある、死が身近な世界で育ったからというのもあるだろうけど、
大部分はロボット以外眼中にないエルくんの気性によるところが大きい気がします。

さて、次回は強奪イベントの結末と新型機の開発ですね。
漫画では開発工程も丁寧にやってくれるので楽しみです。

:: 2017/6/25 日曜日::

■[漫画]本気の失敗には価値がある「ナイツ&マジック」3巻

ナイツ&マジック3巻ナイツ&マジック3巻
出版社:スクウェア・エニックス
原作者名:天酒之瓢
原作者サイト:絵師空域 — Index
原作者twitter:天酒之瓢 (@Amazake_Write) on Twitter
作者名:加藤拓弐
作者サイト: RP 新しきかな篇
作者twitter:いしゆみ/加藤拓弐 (@isiyumi) on Twitter
Kindle版:ナイツ&マジック (3)
Kindle版まとめ買い:ナイツ&マジック
DMM電子書籍:ナイツ&マジック (3)

遂に7月2日からアニメ放映が始まる「ナイツ&マジック」ですが、
その面白さの真骨頂であるロボ作り編が始まるコミカライズ3巻です!

陸皇竜討伐の功績の報奨と若さを危惧した国王との面談で、
いきなり国家機密の開示を求めるエルくん。
当然怪訝に思い理由を求める国王だけど、エルくんからの返答は…

とても予想外なものであった…

自分のためだけのロボットを作るという夢に向かい全力疾走なエルくんが、
国王から国家機密を聞くために幻晶騎士の筐体を作るため、
学園のみんなを巻き込んでのロボ作りが、今始まる…!

という訳で今回はロボット製作回です。
古今東西、ロボット作品はありましたがここまで丁寧にロボット作りをした作品を私は知りません。
ファンタジー世界とはいえ、ロボ作りは工学の世界。
そこにエルくんの地球世界の知識が流入して大変なことに。

とはいえ、すぐにそのまま全て上手く行くかと言えばそんなはずもなく、
3歩進んで2歩下がるというか、問題解決のための発明をしたら別の問題が出てきて、
その問題を解決するためにまたみんなで頭を悩ませるという、
そういった試行錯誤の連続がとても面白いのです。

2巻の巨大魔獣である陸皇竜との戦闘も面白かったけど、
このロボ作りはまた別種の面白さがあるんですよね。
個人的にはこのロボ作り回こそがこの作品の真骨頂だと思うので、
アニメでも是非とも丁寧に仕上げて欲しい所存であります。

:: 2017/3/24 金曜日::

■[漫画]巨大魔獣の侵攻「ナイツ&マジック」2巻

ナイツ&マジック(2) (ヤングガンガンコミックス)
著者/訳者:天酒之瓢 加藤拓弐
出版社:スクウェア・エニックス( 2017-03-23 )
Web版:Knight's & Magic
原作者サイト:絵師空域 — Index
原作者twitter:天酒之瓢(@Amazake_Write)さん | Twitter
作者サイト:RP 新しきかな篇
作者twitter:いしゆみ/加藤拓弐(@isiyumi)さん | Twitter
Kindle版:ナイツ&マジック (2)
Kindle版まとめ買い:ナイツ&マジック
DMM電子書籍:ナイツ&マジック (2)

アニメは7月から開始らしいですね。

既に幻晶騎士が躍動感溢れる動きを見せてくれて、
期待感が大いに膨らんできますが、
このコミカライズもそれに負けないくらいに面白いですよ!

この2巻では原作1巻の見せ場である陸皇竜(ベヘモス)との決戦がメインです。
その分、他のシーンが多少端折られてますが、
この作品で一番の見所は幻晶騎士とそれを駆るエルくんの活躍ですからね。
これくらいは致し方ないでしょう。

圧倒的に巨大な魔獣に対してチクチクと攻めるとか、
現在モンハンXXでラオシャンロンを倒したばかりの私はとても共感できます。(笑
ちょっと油断するとすぐに踏み潰されて簡単に死んでしまったり、
初見の攻撃には為す術もなく一撃死とかモンハンXXでもあるあるですよ…
そんな死と隣り合わせな恐ろしい相手に立ち向かうとかエルくんマジ凄い。

懐に入ってスピードを活かしてヒット・アンド・アウェイで翻弄するとか、
腕はあっても度胸がないと絶対にできないんですけど、
エルくんはそれを猛烈なロボットへの熱量で代替しているのが、
とってもロボキチで、エルくんらしいなぁ、と思わされますね。(笑

そしてそんなロボットモノとしてよく出来ていると思うのが、
エルくんの全力に機体が付いてこずに内部破壊が起こってしまうところでしょう。

ロボットはメンテナンスが必要であり、
安全マージンをとった上で運用する重要性を知っていないと出てこない描写ですよね。
これが3巻以降の展開の伏線になるというのも上手いと思います。

しかし改めて読んでみると、事前に猛烈に勉強していたとはいえ、
初めて搭乗する機体を奪取するだけでなく、
その場でOS書き換えも同然のことをやるとか、
アムロ・レイやカミーユ・ビダン、そしてキラ・ヤマトに通じるモノがありますよね。
ファンタジー世界でのロボットモノだけど、
そういったガンダム等へのオマージュが散りばめられているのも、
本作の面白さの一つだと思います。(笑

:: 2016/9/24 土曜日::

■[漫画]異世界ロボットファンタジーの開幕「ナイツ&マジック」1巻

ナイツ&マジック(1) (ヤングガンガンコミックス)
著者/訳者:天酒之瓢 加藤 拓弐
出版社:スクウェア・エニックス( 2016-09-24 )

Web版:Knight's & Magic
原作者サイト:絵師空域 — Index
原作者twitter:天酒之瓢(@Amazake_Write)さん | Twitter
作者サイト:RP 新しきかな篇
作者twitter:いしゆみ/加藤拓弐(@isiyumi)さん | Twitter
Kindle版:ナイツ&マジック (1)

崩壊直前のデスマーチを支える「最終防衛ライン」として活躍する凄腕プログラマーの倉田翼。
彼は仕事以外にも没頭できる趣味を持つ趣味人だった。
それは…

knightsandmagic_comic01_01

重度のロボットオタクであり、モデラーということ。
だがししかしそんな彼は大量のプラモを買った帰りに泥酔した車に轢かれて死んでしまう…

ロボットという未練を残したまま死んだ倉田は異世界に転生することになる。
そこは文明レベルが低くプラモもない場所だったが、魔法が存在し、
何よりも人類の天敵である魔獣に対抗するためにあるもの存在した…

knightsandmagic_comic01_02

幻晶騎士。
鍛冶と魔法と錬金術の集大成である人類の護り手。
それを目にした倉田翼あらため、エルネスティは興奮しながら運命に感謝する。

knightsandmagic_comic01_03

前世日本ではプラモデルでしか体験できなかったロボットへの情熱を、
今世では等身大で味わえるのだから…!

小説家になろうで連載された原作をヒーロー文庫で書籍化され大人気になりながらも、
出版社の体力的な問題からかメディアミックスがされなかった本作ですが、
この度コミカライズが始まった上にTVアニメ化も決まったようです!
いやはやめでたい!

異世界転生で日本の知識でチートという、ある意味小説家になろうらしい作品ですが、
そこにロボットものという要素が入るだけでこんなに独自性が強い作品になるんですよね。
ラノベではロボットものは忌避されるので、それが試せるWeb小説の強さが出た結果でもあります。

そしてこのコミカライズですがよく出来ているんですよね。
エルネスティ(♂)の見た目の可愛らしさは元より、
ロボットの迫力がよく出ているんですよ。
漫画界ではラノベ界隈よりもまだロボットものが普及しているとはいえ、
下手な人には描けないジャンルなだけに、
しっかり描ける人がこれほど漫画として面白くしてくれるのはファンとして嬉しい限りです。

エルネスティがロボットという死んでも直らなかった趣味のために、
あらゆる努力を厭わず、手段も選ばずに爆走するところが面白いんですよね。
ロボットの知識を得る度に興奮する表情とかもとても面白いです。

knightsandmagic_comic01_04

作者の加藤さんはエルネスティのことをよくわかってらっしゃる。(笑

原作のエピソードをわりと端折ってますが、
要点となる幻晶騎士に関するエピソードはそのままどころか、
イラストで描かれているので分かりやすいですよ。
そういった意味でも原作未読の人にも優しいコミカライズだと思います。

割りと早い展開だからこそ、序盤のラスボスであるベヘモス戦がもう迫ってます。
まだ中等部の学生であり、自分の幻晶騎士がない状態でエルネスティがどのように暴れ回るのか。
そこら辺は2巻に期待です!

HTML convert time: 1.057 sec. Powered by WordPress