ベルセルク 41巻、12月24日発売予定…!
それは惜しいというには、存在が大きすぎた…
:: 2021/6/8 火曜日::

■[漫画]性癖のメリーゴーランドやー「悪魔のメムメムちゃん」12巻

悪魔のメムメムちゃん12巻悪魔のメムメムちゃん12巻
出版社:集英社
作者名:四谷啓太郎
作者twitter:四谷啓太郎さん(@ezweb_dylan) / Twitter
紙書籍通販:悪魔のメムメムちゃん (12)
Kindle版まとめ買い:悪魔のメムメムちゃん
DMM電子書籍:悪魔のメムメムちゃん (12)

メムメムちゃん完結…!
類稀なギャグ漫画としてジャンプ+で活躍していたメムメムちゃんですが、
寂しいですがこの12巻で完結であります。
魔王様に素材として取り込まれそうになったけど、メムメムちゃんは今日も元気です。

魔王様に狙われてわりとピンチなはずなのに、
学校の変質者騒動で大爆発とかくだらないことをやるあたり、
とてもメムメムちゃんだよなぁ、と思います。
先生はギリギリで踏みとどまってて偉いなぁ。(そうか?

この漫画の凄いところはやはり性癖の多様性(ダイバーシティー)ではないでしょうか。
かつてひょう太の性癖である「ふとももプロペラ」にはその発想の非凡さ驚愕しましたが、
今回はひょう太以外の性癖も詳らかにされ、更なる驚愕がもたらされたのです…!

この何というか… この…
どうやったらこんな性癖が想像できるのか。
というか、そもそもこんな性癖を何故思いつくのか。
しかもそれが一個じゃなくて複数ある時点でクレイジーというか。
これの前には元気玉のパロとか些細な問題だと思う次第であります。

いやはやしかし、綺麗にハッピーエンドで終わって良かったですね。
描き下ろしも素晴らしかったし、良い漫画でした。
面白かったです!

:: 2020/11/5 木曜日::

■[漫画]カス系能力者「悪魔のメムメムちゃん」11巻

悪魔のメムメムちゃん11巻悪魔のメムメムちゃん11巻
出版社:集英社
作者名:四谷啓太郎
作者twitter:四谷 啓太郎さん (@ezweb_dylan) / Twitter
紙書籍通販:悪魔のメムメムちゃん (11)
Kindle版まとめ買い:悪魔のメムメムちゃん
DMM電子書籍:悪魔のメムメムちゃん (11)

メムメムちゃん、次の12巻で完結…!?

どの巻も最高に面白さが凝縮されているんですが、完結…
確かにギャグコメディ作品は長く続けるのは作者的にも難しいと聞きますが、
10巻ではモモちゃんが再登場して面白さの新次元を見せてくれたから、
まだまだ楽しめると思ったんですが…
でもまぁ、最後まで最高に面白くなりそうなので、
今は静かに、そして楽しみに待つとします…!

で、この11巻は初っ端から飛ばしてます。
特撮ヒーローのわりとお年をめしている俳優さんが記憶を無くした性癖探しですよ。
しかもその性癖がアレですからね…
いや、もう、どこからツッコミを入れれば良いのか…w

かと思ったら魔界に行ってラーメンで戦争を止めたり、
久しぶりにオルルちゃんが出たと思ったら杏ちゃん型のゴーレム作って人命救助したり…

良い話なのにボケを被せてきて面白さが複雑骨折ですよ。

他にもモモちゃんを全肯定して更正させたり、
青春ドラマかと思ったらメムメムちゃんで汚染されたり、
まぁ、どれも最高に面白いわけです。

でも、次巻で完結ということで物語が壮大に動き出しておりまして…

壮大な… カス…!

メムメムちゃん本人も知らなかった事実が、今、ここに…!
どこまでもカスなメムメムちゃんははたして生き残れるのか…!?
今から12巻が楽しみです…!

:: 2020/7/6 月曜日::

■[漫画]面白さはまだまだ加速する…!「悪魔のメムメムちゃん」10巻

悪魔のメムメムちゃん10巻悪魔のメムメムちゃん10巻
出版社:集英社
作者名:四谷啓太郎
作者twitter:四谷 啓太郎さん (@ezweb_dylan) / Twitter
紙書籍通販:悪魔のメムメムちゃん (10)
Kindle版まとめ買い:悪魔のメムメムちゃん
DMM電子書籍:悪魔のメムメムちゃん (10)

メムメムちゃんもついに10巻の大台です!
ギャグ漫画でこれだけ続くのはかなり難しいと思うのですが、
面白さは下がるどころかドンドン充実していますので、
今回も読んでて笑いまくりです!w

この10巻で一番お気に入りのエピソードは囚人メムメムちゃん回ですね!

塵も積もれば山となる、と言いますが、
軽犯罪も繰り返せば死刑となってしまったメムメムちゃんが、
自分の刑期を知らずにのんびりとモモちゃんと一緒に刑務所ライフを楽しむんだけど、
今までひょう太がやってたツッコミ役をモモちゃんがやるだけで、
とても面白く感じるのは何故なんだろう…w

その後もレース先輩のところで一緒にメイドをやってましたが、
そこでもメムメムちゃんのダメっぷりを目の当たりにして、
言葉も出ないモモちゃんがとても面白かったです。

モモちゃんには是非とも今後レギュラー化して欲しい所存です。

それと10巻で一番インパクトがあったのはやはり魔界総メムメム化ですね…

六淫将の手によってメムメム化の呪いがパンデミックになり、
レース先輩もモモちゃんもメムメムになったのには笑ったし、
何よりも画面の全てにメムメムちゃんがひしめいているというのは、
絵面的に凄くて笑いしか起こらなかったですね…!

それと今回の描き下ろしですが、ジャンプ検定かと思うような内容でしたね…

ゆっちゃんが封神演義の竜吉公主で、
杏ちゃんがSHADOW LADYのシャドウレディで、
メムメムがONEPIECEのヒグマだと思うんだけど…

ざっくり30年分のジャンプキャラのオンパレードなので、
ずっとジャンプを読み込んでなければ全員わからないですね。
まぁ、私はせいぜい7割くらいしかわからないのですが。
うーん、誰か解説をしてくれないものか…w

:: 2020/2/11 火曜日::

■[漫画]ふとももプロペラ「悪魔のメムメムちゃん」9巻

悪魔のメムメムちゃん9巻悪魔のメムメムちゃん9巻
出版社:集英社
作者名:四谷啓太郎
作者twitter:四谷 啓太郎 (@ezweb_dylan) | Twitter
紙書籍通販:悪魔のメムメムちゃん (9)
Kindle版まとめ買い:悪魔のメムメムちゃん
DMM電子書籍:悪魔のメムメムちゃん (9)

ひょうたの斬新すぎる性癖が凄い。
というか、この発想は本当に新規性が高いですよ。
性癖の特許制度があれば特許取れますよ。
脚フェチの私でもこの境地にまでは至れなかったなぁ…
ひょうたの妄想力には脱帽しかありません。

さて、そんなひょうたですが、今回はラブコメ方面でも活躍してます。
杏ちゃんとの先延ばしになったデートをしたり、
ゆっちゃんの重量級おっぱいに押し潰されたり、
何かフラグが微妙に成長しているような気がしますね。
まぁ、ふとももプロペラのためにはもう一人必要だと思いますけど…
うーん、雨ちゃん…?

あと今回お気に入りのエピソードは使い魔のティッシュンですね。

初めてのペットみたいな感覚なのか、
ティッシュンを溺愛するメムメムが可愛いし、
そんな愛に応えようと頑張るティッシュンが健気でした。
というか、ギャグ漫画でありながらほのぼのハートフルで、
最後にはほんわかと暖かくなるとか、凄い漫画でしたね…
メムメムちゃんの新たな可能性を感じて面白かったです。

:: 2019/8/7 水曜日::

■[漫画]童女ママと巨女ドーター「悪魔のメムメムちゃん」8巻

悪魔のメムメムちゃん8巻悪魔のメムメムちゃん8巻
出版社:集英社
作者名:四谷啓太郎
作者twitter:四谷 啓太郎 (@ezweb_dylan) | Twitter
Kindle版:悪魔のメムメムちゃん (8)
Kindle版まとめ買い:悪魔のメムメムちゃん
DMM電子書籍:悪魔のメムメムちゃん (8)

メムメムちゃんも早いものでもう8巻か…
ギャグ漫画は描くのが大変だから続けるのが難しいと言われますが、
メムメムちゃんは相変わらずエグい角度から攻めてきて、
まだまだ面白さに陰りがありません。
8巻での性癖の地平線の先に挑んでます。

ひょうたの性癖は多様性に富んでいるというか、
性癖のダイバーシティというか…
ふとももギロチンは私も体験したいものです…
死ぬ時は美女のふとももに挟まれて死にたい…

他にも幼馴染み属性のヒロインが追加されましたね。
まずは見た目は童女なのに未亡人属性があるゆっちゃん。

杏ちゃんから乗り換えることも脳裏をよぎるのも致し方なし…!
というかこれで三十路とか余裕でアリですよ。
それでいて大人乳といったマニアックな性癖も植え付けて…
うーん、これではひょうたの性癖が広がりまくるぞ…!

そしてもう一人のヒロインは妹属性があるゆっちゃん。

子供の頃からは考えられないほどの成長を遂げたて巨女属性も身につけたゆっちゃん…
ゆっちゃんママの遺伝子も確かに受け継いでいるのだろうけど、
これはゆっちゃんパパの遺伝子が働きすぎだろう…!
ケンケンパする時の擬音がドゥムドゥムなあたりから感じるボリューム感が凄い…!

ゆっちゃんはひょうたへのフラグが立っているので、
実は一番ヒロインポジションに近いと思うのですが、
はたしてどうなるのか…
というか、そもそもこの漫画はギャグ漫画であってラブコメ漫画ではないので、
そういった方向の話の展開があるのか…
次の9巻も楽しみです。

:: 2019/4/14 日曜日::

■[漫画]裏返ったァッッ「悪魔のメムメムちゃん」7巻

悪魔のメムメムちゃん7巻悪魔のメムメムちゃん7巻
出版社:集英社
作者名:四谷啓太郎
作者twitter:四谷 啓太郎 (@ezweb_dylan) | Twitter
Kindle版:悪魔のメムメムちゃん (7)
Kindle版まとめ買い:悪魔のメムメムちゃん
DMM電子書籍:悪魔のメムメムちゃん (7)

コメディ漫画として無類の面白さを誇るメムメムちゃんですが、
この7巻ではさらなる飛躍を成し遂げました。
普通は7巻ともなるとコメディとかギャグも中だるみするものですが、
いつもの3倍近い反響を呼ぶほどにクレイジーな話が収録されてます!

それがメムメムちゃんに初指名が入った回です…!
指名システムがあるとかまるでキャバラクラみたいですが、
まぁ、そもそも一応メムメムちゃんは淫魔だからなぁ。
そういうのがあってしかるべきかもしれない…

で、初指名で向かった先はまさかの小日向くんの担任という…!
優しい金八先生みたいで良い人だと思ってたのに…!

このコマだけで笑えてしまうから困る…!
妄想はたくましいけど、実行には移さない節度を持ち、
どう考えても独身のままここまでこじらせちゃった感がある先生…!
もう… ゴールしてもいいよね…?
的な感じで進むと思いきや、性癖を更にこじらせるというウルトラC…!
還暦も近いだろう男性に新たな性癖に目覚めさせるとは…
メムメムちゃん…、君は確かに淫魔なのかもしれない…

他にも面白い回はたくさんありまして、
たとえばVtuberデビューした時に連動して描かれた話とか、
新たな事実が判明したりして驚かされましたね。

まさか… メムメムちゃんが27歳児だったとは…
お前、合法だったのか…!
いや、そもそも淫魔だから法律に縛られてないんだろうけども。

ハロウィン回とかも大いに笑わせられたし、
最初から最後までとても面白かったです。
次も楽しみです。

HTML convert time: 0.643 sec. Powered by WordPress