りゅうおうのおしごと! 14 ドラマCD&抱き枕カバー付き特装版 予約開始!
各種専門店では個別の特典もアリ!
:: 2018/11/20 火曜日::

■[漫画]荒野の自由「BLACK LAGOON」11巻

BLACK LAGOON11巻BLACK LAGOON11巻
出版社:小学館
作者名:広江礼威
作者サイト:Welcome.
作者twitter:広江礼威 (@hiroerei) | Twitter
Kindle版:BLACK LAGOON (11)
Kindle版まとめ買い:BLACK LAGOON
DMM電子書籍:BLACK LAGOON (11)

中華人民共和国の電網部隊所属のフォンこと李欣林は、
巨乳インド人ハッカーのジェーンから技術を盗むためにチームに潜入するが、
事前に身元がバレていて試験と称する罠にあっさりとハマってしまう。
ドイツと中国のパワーゲームの結果切り捨てられたフォンに過去の自分を重ねたロックは、
彼女を救うために博打を張ることにして…

BLACK LAGOON、4年半ぶりの新刊です。
作者の広江礼威さんが「Re:CREATORS」に関わっていたこともあり、
長い休載期間がありましたが面白さは変わっていません。
この11巻でフォン編も綺麗に終わっているので、
10巻から読み返すことをお勧めします。

しかし読んでて一番違和感があったのはネット環境とPC環境でしょうか。
作中の時代が20世紀末なことを否応なしに思い出されました。
現代だとタイでもネットカフェどころかネット環境はゴロゴロしてるだろうし、
そもそもディスプレイが液晶じゃないとか、時代を感じすぎですよ。
まさか現代を舞台にした漫画が連載期間中に過去を懐かしむようになってしまうとは…
時代の流れは早いなぁ。

時代は流れても外連味のあるレヴィの銃撃戦も迫力合ったし、
わずかな情報でロックが解決策を見付ける洞察力は面白かったし、
最後にはちゃんと救いがある終わり方だったのにも安心しましたね。
前回のロベルタ編もそうですが、後味の悪いのが多いからなぁ、この作品。

しかしフォンを罠に嵌めたジェーンですが、見事に人を呪わば穴二つでしたね。
ハッキング技術ではジェーンの方が何枚も上手ですが、
人間観察力や裏社会への理解度は圧倒的にフォンが上で、
見事に逆転劇されてるのは痛快でしたね。
これぞ因果応報ですよ。

まぁ、兎にも角にもやっぱり「BLACK LAGOON」は面白い!
と再確認できた11巻でした。
問題は続刊が出るのはまた数年先なんだろうな、ということです。
何しろ来春ゲッサンで新連載らしいですからね。
うーん、オリンピックまでには出ないかな、こりゃ…

:: 2014/5/19 月曜日::

■[漫画]人民解放軍のロック「BLACK LAGOON」10巻 広江礼威アートワーク集+お風呂ポスター付き限定版

9巻が出たのが約4年半前なので超久しぶりの新刊!
中には9巻で完結していたと勘違いしてた人も居たけど、
まだ終わってないよ! 新エピソードやってるよ!

連載自体が途中で3年ほどぷっつりと途絶えていたせいもあって勘違いしていたんだと思いますが…
この連載休止の理由については色々とあるみたいですけど、
まぁ、まずは復活を喜びましょう!

新章はベニーの彼女である偽札偽造グループリーダーのジェーンが、
グループへの参加を志望してきた人民解放軍のスパイであるミス・フォンを、
迎え入れたと見せかけて罠に嵌めたコトから始まる銃撃ロックンロール!

フォンは人民解放軍からは事態の辻褄を合わせるために裏切り者として切り捨てられ、
かつてロックが辿った軌跡をなぞるかのように物語は進んでいきます。

blacklagoon10_01

それがガルシアとロベルタの件で凹んでいたロックにとって良い刺激になったようで、
色々と人間模様が動いていくのが面白い。
ロックとフォンの表情がそっくりな所も良いよなぁ。
これぞ「BLACK LAGOON」って感じがする!
女体の描き方に相変わらず独特の魅力があるしね!

ちなみに久しぶりの新刊ということで限定版も出ているんですが、
こちらは広江礼威アートワーク集にお風呂ポスター付きです。
画集に関してはBarrage以来となるのでしょうか?
結構本格的でサイズや装丁もBarrageと似た感じになってます。
というかこれ単体で充分売り物になるレベルだと思うんだけど…
中身もかなり充実してますよ。

blacklagoon10_02

コミケで配布されたあの伝説の双子団扇の絵柄も収録されているので満足度は高いです。(笑
ただ、お風呂ポスターはレヴィがお風呂に入ってるイラストではなくて、お風呂に貼れるポスターです。
そこだけはご注意を。(笑

:: 2011/2/3 木曜日::

■[ラノベ]ロットンやべぇ「BLACK LAGOON」2巻 罪深き魔術師の哀歌

ブラック・ラグーン 2 (ガガガ文庫)
著者/訳者:虚淵 玄
出版社:小学館( 2011-01-18 )
文庫 ( 232 ページ )
作者twitter:虚淵玄 (Butch_Gen) on Twitter
絵師サイト:Welcome.
絵師twitter:広江礼威 (hiroerei) on Twitter

「血だまりスケッチ」こと「魔法少女まどか☆マギカ」で時の人な虚淵玄が手掛ける、
「ブラック・ラグーン」ノベライズの第2弾。
元よりバイオレンス溢れるエログロなんでもござれな作品ですし、
外連味溢れる台詞のオンパレードから虚淵玄にぴったりな原作ですが、
これほど面白く書かれると脱帽せざるを得ません。

今回はサブタイトルに魔術師というフレーズが含まれているように、
「ブラック・ラグーン」屈指の天然お笑いキャラのロットンがフィーチャーされてるんですが、
CIAとNSAと福建マフィアの思惑だとか色々絡まりまくっている中、
その中を飄々と流離うロットンがマジ半端無い。(笑

まさかのあのロットンが…、いや、ああ見えて実は…、でもそんなはずは…
とか読み進めていく内に色々と疑念やそれを否定する考えが脳裏をよぎりまくりでしたが、
ラストでのオチはその奇跡的な偶然を呼び込む様は余りにもロットンらしく、
もう本当に抱腹絶倒としか言いようがないくらいに笑いまくりました。(笑

この作品は喜劇です。
勿論「ブラック・ラグーン」ですから銃器刃物出まくりで人が死にまくりですが、
やはりこの作品は喜劇としか言いようがありません。
原作の流れを充分汲みながら1巻の内容も組み込み完成度が高いノベライズになっております。

いやー、しかし…
ホント笑ったわ…(笑

HTML convert time: 0.710 sec. Powered by WordPress