ベルセルク 41巻、12月24日発売予定…!
それは惜しいというには、存在が大きすぎた…
:: 2011/7/31 日曜日::

■[漫画]白衣×白衣「白衣のカノジョ」1巻

白衣のカノジョ 1 (ヤングジャンプコミックスBJ)
著者/訳者:日坂 水柯
出版社:集英社( 2011-07-19 )
コミック ( 194 ページ )
作者サイト:日坂水柯(ヒサカミカ)日々ヲ記ス
作者twitter:日坂水柯 (hisaka_mika) on Twitter

あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

「同じアパートに住む同僚の養護教諭(♀)と宅呑みしてたら、
 寝惚けた彼女がオナニーをしはじめた」

な…何を言ってるのか わからねーと思うが
おれも何をされたのかわからなかった…

大体そんなシチュエーションから始まる大人たちの奇妙な物語。

元々BJ魂の読み切り作品だったのが好評でBJで連載になった経緯を持つので、
初めの数話は短編的な纏まりがあるので通して読んだら少々違和感があるかもしれません。
ですが、話が進むごとに徐々にキャラクターの内面に理解が及んでくるので、
1巻が読み終わる頃にはそういったものも無くなっていることでしょう。

しかし、養護教諭の支倉先生は本当によく判らないと言いますか…
いやまぁ、女性は総じて男には判らない生き物なんでしょうが、
「ノーパンで過ごす>床に落ちたパンツを履く」
という優先順位で生きるというのが理解できないというか。
支倉先生は案外羞恥心が他の人より低いのかもしれない…

というかですね。
桑原先生はむしろ淡泊だと思いますよ!
二度まで堪えたというのが凄い。
まぁ、ヘタに顔見知りだから手を出せないとかあったんでしょうが。
草食系男子が流行ってる昨今だからこそアリなんでしょうけども。

職場恋愛が禁止されていながら性的な関係を持つようになった二人が、
今後どうイチャラブするのか気になるのですが、BJとSJの合併に際して、
ちゃんと生き残ってくれるのかが気掛かりです。
大丈夫だと良いんだけどなぁ…

余談ですが、今回のヒロインもメガネっ娘でしたね。
流石。

HTML convert time: 1.639 sec. Powered by WordPress