りゅうおうのおしごと! 14 ドラマCD&抱き枕カバー付き特装版 予約開始!
各種専門店では個別の特典もアリ!
:: 2014/3/31 月曜日::

■[ラノベ]これで最後の東京こうていわ!「東京皇帝☆北条恋歌」13巻

竹井10日さんの最長期作「東京皇帝☆北条恋歌」がついに完結!
竹井10日さんは非常に多産で速筆の作家さんなんですが、
完結作は意外と少ないんですよね。
しかし今までで一番長かった「東京皇帝☆北条恋歌」が完結することによって、
一つの節目を迎えたような気がします。

進化の塔をクリアしたら成長した姿の衛梨珠が出てきたという12巻でしたが、
この13巻ではちゃんと衛梨珠が居た未来でもちゃんと辻褄合わせもとい伏線回収してます!
しかしどのヒロインも16年経っても誰も何も変わってないというか、
むしろ四菜は初心さが悪化していましたね!
流石はモデルです!(モデル関係ない

それにしても一番驚いたのはあとがきですよあとがき。
特異的な竹井10日さんらしい地の文でのノリツッコミにまさかそんな設定があったとは!?
正直、後付けの設定なんじゃ? と疑ってしまいましたが、、
恋歌の読み方もきっちり伏線張りまくってたから本気で狙ってたんだろうなぁ…
いやはや、正直参りました。
もっと適当に書いてると思ってました。(ぉ

タイトルにもなるくらいの恋歌ちゃんは、
最後の最後で良いポジションをゲット出来てて流石だとは思いましたが、
作品の真ヒロインはやっぱり来珠だったみたいですね。
再構成された世界でも衛梨珠たち複数の娘たちが生まれる、
ハーレムエンドになるだろうと期待しております。

しかし長かったなぁ…
途中でレーベルのフォーマットが変更して背表紙に統一性がなくなったり、
要河オルカさんが身体を壊してお兄さんの高階@聖人さんに変わったりと、
色々とありましたが無事に完結して良かったです。
お疲れ様でした!
そして竹井10日ファンの同士のみなさんはがをられアニメを楽しみしておきましょう!

:: 2013/12/8 日曜日::

■[ラノベ]無限のループのその果てに「東京皇帝☆北条恋歌」12巻

東京皇帝☆北条恋歌12 (角川スニーカー文庫)
著者/訳者:竹井 10日
出版社:角川書店( 2013-11-30 )
文庫 ( 341 ページ )
作者サイト:東京帝国立・八坂原学院/初等部
作者twitter:竹井10日 (tendays_takei)さんはTwitterを使っています
絵師サイト:47starpeople
絵師twitter:高階聖人 (47chop)さんはTwitterを使っています

進化の塔を登り切った恋歌ちゃんと一斗の二人。
多大な犠牲を払った上で辿り着いた先でも、
相変わらずゆるふわ具合を発揮している恋歌ちゃんだけど、
実はそれこそが物語のキーで…

何かいつの間にかこの作品もクライマックスであり、
次の13巻で完結っぽいんですが、マジですかびっくりですよ。
そんなタイミングで初期メンバーの一人である愛藤四菜ちゃんが表紙ですよ。
まぁ、それはあまり関係ないというか、本編でもチョコっとしか出てないんですけど。
四菜ちゃんマジ切ない。

この12巻では恋歌ちゃんと一斗の二人が4人の水先案内人に誘われて、
現在過去未来、それぞれの地点に干渉することで、
物語の伏線を回収すると見せかけて辻褄を合わせたりしていきます。(辻褄合わせ言うな
しかしそのどれもが恋歌ちゃんが居なかったらあり得なかったとか、
恋歌ちゃんマジヒロインですね、流石はタイトルに入っているだけあります。
これは一斗の婚約者である来珠が不憫になるレベル。

そんな来珠との間に未来で生まれている衛梨珠が巨乳美少女として再登場したんですが…
これは隔世遺伝なのかしら…(ぉ
何はともあれ完結に向けてアクセルを踏み出した「東京皇帝☆北条恋歌」が、
どういった結末を迎えるのか、私、気になります!

:: 2013/8/5 月曜日::

■[ラノベ]激オコスティックファイナリアリティぷんぷんドリーム「東京皇帝☆北条恋歌」11巻

ツンデレの語源に深く関わる佐久間晴姫というキャラを生み出した、
元祖ツンデレ作家の竹井10日さんの古くからのシリーズが遂に本格的に再始動!
10巻の時点でアナウンスされていた通り、イラストレーターさんが要河オルカさんから、
要河さんの実兄の高階@聖人さんに変更になりました。
確かに絵柄は若干変わったけど元々雰囲気が似ているので全然許容範囲内ですね!

歴史の強制力なのか閉じた世界であろうとも来珠とゆかり子の二人はそれぞれ、
宰相と元帥に唐突に就任することになるんだけど、
多忙な来珠がたまたま政治的才覚を見せた一斗を気に入ることに。
お陰で元の世界のように来珠、恋歌、ゆかり子の第一次一斗ハーレム包囲網が再結成されて、
この作品の面白さの基盤が再度整った感じがします。

ストーリー的にはクライマックスに突入してシリアスな雰囲気が出来ているんだけど、
相変わらずぽわぽわな恋歌のお陰でしっかりとギャグを入れているのは流石です。
しかも途中から花恋ちゃんまで再登場してぽわぽわ度が更に倍に!
というかあっという間にデレ期に入った来珠の「かじゅと」はダメージでかいな!
最高に可愛いな! いや、もちろんゆかり子さんの「かじゅと卿」も良いんですが!

しかし進化の塔の攻略と明らかになっていく真実というのは、
それはそれで衝撃的ではあるんですが、相変わらず把握しづらい世界観の広がりっぷりが…
エロゲを含めた既存の竹井10日作品を全て網羅していても把握が難しいんだよなぁ…(笑
まぁ、そういった細かい所は目をつぶっても充分面白いんですけどね。
それが竹井10日さんの魅力だと思います。

巻末の短編では来珠が人気投票一位になった記念のモノと、
ザスニに掲載されていた元の世界で来珠が宰相に就任した時の一幕が語られています。
しかしこんだけ一気に仲良くなった来珠、恋歌、ゆかり子の三人を修羅場に落とすとは…
基本流されてばかりなんだけど一斗ってやっぱり凄いのね…(笑

:: 2012/10/3 水曜日::

■[ラノベ]おっぱいヒロインたちの競演「東京皇帝☆北条恋歌」10巻

東京皇帝☆北条恋歌 10 (角川スニーカー文庫)
著者/訳者:竹井 10日
出版社:角川書店(角川グループパブリッシング)( 2012-09-29 )
文庫 ( 295 ページ )
作者サイト:東京帝国立・八坂原学院/初等部
作者twitter:竹井10日 (tendays_takei) on Twitter
絵師サイト:el2

筆が早い竹井10日さんにしては珍しく刊行ペースが落ちているなぁ、
とは思っていましたが、まさか要河オルカさんの体調が悪かったとは…
次巻からは要河オルカさんの実兄の高階@聖人さんに交代とのことですが、
お二人はコミケでも合体スペースで参加されてたりと、絵柄も似てらっしゃいますので、
それほど違和感なく楽しめるとは思いますが、
それはそれとして要河オルカさんの体調のご回復をお祈りしています。
数多い竹井10日作品の中でも、「東京皇帝☆北条恋歌」に物凄くハマったのは、
ひとえに要河オルカさんのお陰ですので…

という訳で1年と少しぶりな続刊ですがノリは相変わらず。
一斗の事を想う花恋によって、過去から帰還することになった一斗と恋歌が、
色々と元いた時代と変わっている世界に漂着することになり、
そこで怪蟲になったはずの雪絵と再会したトコで終わった9巻からの続きです。

世界が閉じられているっぽかったり、何故かゆかり子さんと恋人同士になってたり、
進化の塔を攻略することになったりと、一斗は相変わらず流されております。
ゆかり子さんとの嬉し恥ずかしなデート模様にニヤニヤしたり、
雪絵に対してだけ辛辣な一斗を見てもニヤニヤしたりと、終始ニヤニヤできます。
こわっ!

しかし今回はゆかり子さん大躍進だな!
雪絵も何だかんだでセリフ多いし、おっぱい大きいし良いね!
そして恋歌は人の幸せを踏みにじるのに躊躇いがないよね!
雫がやたら可愛くなってたりもしますが、
出番とデレが極端に少ない来珠と四菜は少々可哀想でした…
大丈夫! きっと次巻以降で活躍するよ!

取り敢えず、続刊が出たことが喜ばしいのでこのまま完結まで頑張って頂きたいです。
しかし…、4作品並列刊行とか割りと無茶しますよね、ホント…
竹井10日さんってばぱないの。

:: 2011/8/4 木曜日::

■[ラノベ]ハーレムエンドが見えた!「東京皇帝☆北条恋歌」9巻

東京皇帝☆北条恋歌 9 (角川スニーカー文庫)
著者/訳者:竹井 10日
出版社:角川書店(角川グループパブリッシング)( 2011-07-30 )
文庫 ( 303 ページ )
作者サイト:東京帝国立・八坂原学院/初等部
作者twitter:竹井10日 (tendays_takei) on Twitter
絵師サイト:el2

最終決戦に臨んだ一斗が偶発的に過去に飛ばされ、そこで目にした真実と、
体験してしまった悲しみを胸に、運命に従い北条皇斗として生きていこうとした矢先に現れた、
北条恋歌と一斗の娘と名乗る西園寺衛梨珠という少女。
果たして一斗の時間軸と幸せな結末はいずこ…?

と思ったら開始すぐの章に一斗、もとい読者の幸せな結末がありましたよ…
衛梨珠が何故過去の世界に来たかという顛末を含めたバックストーリーがあるんですが、
恋歌、来珠、ゆかり子、美文、四菜の5人を孕ませて子供を産ませている一斗さんマジイケメン。
来珠は正妻! 他の4人は愛人で良いじゃないですか!
と言わんとばかりに子供産ませて更にゆかり子さん懐妊中とかマジぱねぇっす!
そうだよ、ハーレムモノは無理に一人に絞る必要はないんですよ。
皇帝なんていう絶対的な権力者がいる世界観なんだから一夫多妻制でも問題ないよね!

とはいえ、その世界も順調とは言えないが故に衛梨珠がエニグマIIIで過去に跳んだんですが、
一斗が最終決戦でMIAになって数ヶ月後の恋歌たちも悲嘆はありつつも、
衛梨珠に聞かされた将来に悶絶してたりと中々に萌えさせられる訳なのです。
うーむ、一斗と皇斗は同一人物だけど同一人物ではないというのはどういうことなんでっしゃろ?
時間軸が絡まりまくってて、一体どういったことになるのか疑問が尽きませんね。
雫のキャラクターも結構謎だし、果たしてどういった真実が隠されているのかなー

しかししばらく出番が少なかったのを埋めるような夕鶴のブラコン変態っぷりが凄い巻でもありました。
というか、5人のヒロインに手を付けながら夕鶴との一線は護ってたとか一斗さんマジぱないっす。
今回である意味幸せなアフターを疑似体験できた訳ではありますが、
まだりせや雫に雪絵といったハーレム要員はいますし、何より一斗が皇帝になっていないので、
まだまだ楽しませてくれそうです。

:: 2010/11/2 火曜日::

■[ラノベ]短編集だよ! 1日東京皇帝☆愛藤四菜!「東京皇帝☆北条恋歌」7巻

東京皇帝☆北条恋歌 7 (角川スニーカー文庫)
著者/訳者:竹井 10日
出版社:角川書店(角川グループパブリッシング)( 2010-10-30 )
文庫 ( 333 ページ )
作者サイト:東京帝国立・八坂原学院/初等部
作者twitter:竹井10日 (tendays_takei) on Twitter
絵師サイト:el2

東京こうていわ!

6巻ラストでの怒濤&急転直下のクライマックスから一転、
今回は短編集なので微妙にヤキモキしちゃう「東京皇帝☆北条恋歌」7巻です。
時系列的に1巻の前から、6巻の途中までの6話構成で、
本編で出番が少なめなヒロインが主に活躍している気がしないでもないよ?

夕鶴は7巻でも表紙を奪取できなかった上にかつての親友のりせに取られてますが、
一応夕鶴ヒロインの話もあるので落ち込む必要はあるような無いような。
というか夕鶴がヒロインだと、夕鶴の変態ブラコンストーカーっぷりが如実に見えてきて、
逆に引く読者が多いんですがそれは良いのかどうか悩ましい所です。

そしてヒロインのりせですが、相変わらずお母さん扱いされまくりで、
もうお母さんキャラで押していく方が良いんじゃないかと思います。
しかし九州の面々が出てくる短編はちょっと懐かしく感じちゃいますね。
同窓会を思い出しちゃいましたよ。

まぁ、個人的には1日東京皇帝☆愛藤四菜さんが今回のMVPだったかなぁ。
恋歌の思い付きで一日立場を入れ替えた四菜が色々やっちゃう話が、
結局は恋歌に色々やられちゃったのには判っては居たけど可哀想というか。
本編で出番がないだけに四菜、結構輝いてたよ?

HTML convert time: 1.508 sec. Powered by WordPress