ベルセルク 41巻、12月24日発売予定…!
それは惜しいというには、存在が大きすぎた…
:: 2019/12/7 土曜日::

■[漫画]彼女たちの王子様「東京No Vacancy」3巻

東京No Vacancy3巻東京No Vacancy3巻
出版社:白泉社
作者名:犬上すくね
作者twitter:犬上すくね (@sukuneinugami) | Twitter
Kindle版:東京No Vacancy (3)
Kindle版まとめ買い:東京No Vacancy
DMM電子書籍:東京No Vacancy (3)

ホテルを求めて彷徨い、何故か女性の部屋に招かれることが多い、
出張サラリーマンの山梨英豪(32)の物語もこの3巻で完結です。
寂しいことは寂しいけれど、綺麗に終わっているので不満はあまりないです。

今回新たに登場した女性は二人だけなんですけど、
タワマンに住むキャバ嬢に美人CAと、
いわゆる高めな女性たちなんですが、
そんな女性たちに気に入られる山梨くんの良い人っぷりが好感持てますよね。

それにキャバ嬢の雪さんも可愛くて好感が持てるんだよなぁ。
自分の容姿に自信を持ち、お姫様になりたいという願いを実現し、
それ故に山梨くんのさり気ないお姫様扱いに絆されただけでなく、
山梨くんの等身大の生活にも好感を持つとか…
今までの人生、色んな人に愛されてきたんだろうなぁ…

そしてCAの人は美人なんだけどわりとサバサバしているというか。
一人でビールを飲みながら読書するのが幸せとか、
何というか、わかるわ…!
そんな等身大の魅力がある人で、もう一度運命が交錯すれば、
山梨くんと末永く続きそうだったんだけど…
いやはや、運命は彼女を選んでくれなかったか…

それにしてもメイコさんに同性愛のステディが出来て別れを告げられ、
元カノとの復縁も見事になくなった後、夜の街を歩きながら呟いた一言…

「幸せになれるかなあ 俺…」

この言葉は未だに独身の私に、とても響いてきますね…
毎日ソシャゲやってモンハンやって、好きな漫画を読んでそれなりに幸せですが、
愛し愛されるといった幸せとは無縁だからなぁ。
切ない… とても切ない…
そんな切なさを身に染みさせる一言でした…

山梨くんはちゃんと縁が結ばれたようなので、
そこはちょっと安心できますが、
山梨くんは結構流されやすいので、ちゃんと港に繋いでおかないとダメだと思います。
まぁ、何だかんだで誠実っぽいし大丈夫でしょう。
山梨くん…、幸せになれよ…!

:: 2017/12/23 土曜日::

■[漫画]彼女たちの隣り「東京No Vacancy」2巻

東京No Vacancy2巻東京No Vacancy2巻
出版社:白泉社
作者名:犬上すくね
作者twitter:犬上すくね (@sukuneinugami) on Twitter
Kindle版:東京No Vacancy (2)
DMM電子書籍:東京No Vacancy (2)

出張族の山梨英豪(32)がホテルの空室を求めて彷徨い、
何の因果か美女や美少女たちと一夜を過ごすシリーズの第2巻です。
今回は高校時代の彼女で現人妻だったり、
現在進行形で高校生の少女だったりと一晩一緒になります。

流石に高校生相手にはエッチなことをしないけれど、
その分、純情さとかそういったものが強くて、
情緒豊かというか叙情的というか、とても良いですね。
大人びた美少女が山梨くんの胸の中でじんわりと安心していく演出とか、
とても良かったです。

大人びて見えてもまだまだ傷付きやすい子供なんだなぁ…
守ってあげたい…

そして今回一番心に刺さったのは元カノとの一晩の逢瀬かなぁ…
旦那が一度限りの浮気をしたために心の負い目を気にして生活が上手くいかなくなり、
自分も同じ負い目をおうことでバランスを取ろうだなんて、
その発想自体に驚きましたね。

夫婦生活の打算と、山梨なら受け入れて貰えるという打算。
そして、山梨からの未練をスパッと断ち切る優しげだけど、怖さもある面差し。
いやー、本当に女ってのは凄いなぁ、と思わされましたね。

それに比べてオオトリメイコさんのわかりやすさよ。(笑
まさか再登場するとは思いませんでしたが、
今後も頻繁に出てくるみたいでちょっと安心しました。
良いよね、こういった割り切った関係も。
何というか、山梨くんは現地妻ならぬ現地夫っていう感じですが。(笑

今回もとても読後の残響感が半端ない1冊でした。
次巻も楽しみにしています。

:: 2016/11/30 水曜日::

■[漫画]彼女たちの空室「東京No Vacancy」1巻

東京No Vacancy 1 (楽園コミックス)
著者/訳者:犬上すくね
出版社:白泉社( 2016-11-30 )

作者twitter:犬上すくね(@sukuneinugami)さん | Twitter
Kindle版:東京No Vacancy (1)

九州のとある企業に勤めるサラリーマン山梨英豪(32)
彼は全国各地を飛び回る出張族なんだけど、
急な出張命令と昨今のホテル不足の煽りでホテルの予約が取れない日が多く、
満喫やファミレスで時間を潰そうとするんだけど、
何故か女性と縁があり…

tokyonovacancy01_01

楽園での犬上すくねさんはエロリミッターが解除されてますなぁ…
とか思いながらニヤニヤと読みふけっていたわけなんですが、
あとがきを読んでびっくりしました。
そうだよ、これだけ多くの女性と関係を持つ犬上すくね漫画の主人公は始めてだよ、と。

今までも脇役キャラではヤリチン系の男もいましたが、
恋ディスをはじめ、基本的に主人公は純情一途でしたからね。
そういった意味では確かに珍しいんですが、
この漫画の主人公である山梨くんのキャラクターのおかげか、
全く違和感なく犬上すくね漫画として楽しめてたんですよね。
ですので従来の犬上すくねファンは安心して読むことができると思います。

出張先で出会う女性は様々なんですが、誰もが魅力的なんですよね。
彼女たちの事情もちょっとその日の気分だったり、
不安な日々と人肌の温もりが欲しかったり、
単に性欲だったり、自分の夢のために宿泊代金が欲しかったりとね。

そんな彼女たちと一夜限りの関係を持つことになるんだけれど、
深く入り込むことはせず、一時の癒やしだったり、
気分転換だったりのキッカケになってるのでとても爽やかで、
湿度が低いのでサッパリとした気分で読めるのが良いですよね。

それにしてもこの漫画の女性たちはみんな積極的ですね…

tokyonovacancy01_02

山梨くん本人がガッツキすぎてないから安心して読めるんですが、
その分女性たちの方から求める形が多いんですよね。
でも、それがまた良いというか…
最近は草食男子が多いですからね。
こういった方向も全然有りだというか、むしろウェルカムというか!

あとがきにある通り「孤独のグルメ」よろしくいつまでも続けてられる題材だと思うので、
続きも楽しみにしていきたいですね。
犬上すくねさんの新境地なので新鮮さもありますし。
うん、楽しみだ。

HTML convert time: 3.383 sec. Powered by WordPress