ベルセルク 41巻、12月24日発売予定…!
それは惜しいというには、存在が大きすぎた…
:: 2021/7/6 火曜日::

■[漫画]まさかのアニメ第2期!「はたらく魔王さま!」18巻

はたらく魔王さま!18巻はたらく魔王さま!18巻
出版社:KADOKAWA
原作者名:和ヶ原聡司
原作者twitter:和ヶ原聡司さん(@wagahara211) / Twitter
作者名:柊暁生
作者サイト:Christmas-holly
作者twitter:柊暁生さん(@102_55) / Twitter
紙書籍通販:はたらく魔王さま! (18)
Kindle版まとめ買い:はたらく魔王さま!
DMM電子書籍:はたらく魔王さま! (18)

いやはや驚きですね。
第1期から8年近く経っているし、
原作はとっくに完結しているし、
その間にメシとか始まってたけど、まさか2期が決定するとは…
このコミカライズがしっかりと面白く支えてくれていた、というのが大きいのではないでしょうか。

さて、原作10巻のクライマックスが近付いてきたこのコミカライズ18巻ですが、
エミリアの可愛さが光ってましたね。
憎くて仕方なかったはずの魔王のことを思うと心がグチャグチャになり、
涙をボロボロとこぼすエミリアがとても可愛かったです。

そして、アルシエルからの書簡で日本での日々を思い出した時の表情…
これもまたとても良かったですね。
どれだけ日本での暮らしが大切だったのか、というのが伝わってきたし、
魔王への想いも伝わってきたように感じます。

まぁ、その魔王ですが相変わらずアシエスとの融合は上手くいかないし、
エミリアのことは普通にライバルだと思ってますからね…

うーん、罪つくりな男だなぁ。

エミリアとアルシエルのバトルは迫力があるけれど、
それ以上に今までずっと塞ぎ込んでいたエミリアの溌剌とした姿を見られるのが嬉しかったですね。
やはりエミリアは元気で居てくれないとですよ。

次の19巻でおそらく原作10巻のラストまで描かれると思いますが、
そのまま完結までちゃんと描ききってくれると良いんですが、
アニメ第2期に合わせて完結とかにならないようにお願いしたいところです。
何しろメインヒロインであるちーちゃんの見せ場はまだまだこれからなので。

:: 2020/10/31 土曜日::

■[漫画]魔王の告解「はたらく魔王さま!」17巻

はたらく魔王さま!17巻はたらく魔王さま!17巻
出版社:KADOKAWA
原作者名:和ヶ原聡司
原作者twitter:和ヶ原聡司さん (@wagahara211) / Twitter
作者名:柊暁生
作者サイト:Christmas-holly
作者twitter:柊暁生さん (@102_55) / Twitter
紙書籍通販:はたらく魔王さま! (17)
Kindle版まとめ買い:はたらく魔王さま!
DMM電子書籍:はたらく魔王さま! (17)

戻らないエミリア、そして攫われた芦屋とノルドを助ける為に、
鈴乃と一緒にエンテ・イスラに旅立った真奥。
目論見通りに東大陸に辿り着いたけれど、
オルバと天使の魔の手は既に東大陸に及んでおり…

17巻では3人がヒロインムーブしてましたね。
まずはオルバに人質を取られているエミリアですが…
戦闘力は高くともまだ10代の少女ですからね。
老獪であり、エゴの塊であるオルバには一人だと抗しきれず、
簡単に踊らされて心が弱っているところは囚われのお姫様みたいでした。
そんな心が弱っている時は自分の本当の気持ちが見えてくるもので…

いつの間にか真奥のことを信じて頼っていたことに気付かされたエミリアは、
とてもヒロインでしたね…

そして今回一番良い所を持っていったのは鈴乃ですよ。
真奥が何故エンテ・イスラを攻めたのか。
魔王サタンとして生きてきた真奥が抱える罪と罰を知り、
それを赦す時の鈴乃の表情が実に良いんですよ…

人が恋に堕ちた時と、恋を自覚する時はずれていると言いますが、
鈴乃が恋を自覚して認めたのは正にこの時だっただろうな、
というのが伝わってくるような素晴らしい表情でした。
原作で感じ、想像した以上な鈴乃の姿を見ることができて感謝しかないですね…

そして最後のヒロインですが…

名実共に攫われたヒロインである芦屋です。
しかも真奥のスケジュールを詳細に把握している正妻ムーブまでしています。
これはちーちゃんにとっても強敵ですよ。
ラブコメとしてラスボスになるに違いないですよ!

真面目なシーンでこんなことを言うとかコメディとして面白いですが、
3人のヒロインの中で見事なオチ担当で、そういう意味でも面白かったです。

さて、この流れだと次の18巻で原作10巻のラストになるでしょう。
原作は今年26巻で終わってしまいましたがコミカライズはまだまだ続いて欲しいですね。
できれば原作全てを描ききって欲しいものです。

:: 2020/3/21 土曜日::

■[漫画]剃髪した聖職者は大体悪人「はたらく魔王さま!」16巻

はたらく魔王さま!16巻はたらく魔王さま!16巻
出版社:KADOKAWA
原作者名:和ヶ原聡司
原作者twitter:和ヶ原聡司 (@wagahara211) | Twitter
作者名:柊暁生
作者サイト:Christmas-holly
作者twitter:柊暁生 (@102_55) | Twitter
紙書籍通販:はたらく魔王さま! (16)
Kindle版まとめ買い:はたらく魔王さま!
DMM電子書籍:はたらく魔王さま! (16)

ちーちゃんからのSOSを聞き救援に向かった鈴乃とルシフェルを追い、
窮地に駆けつけた真奥はまさかの聖剣を顕現させて天使たちと戦うことに。
しかしそれらは囮で、本命は悪魔大元帥アルシエルと、
エミリアの実父の誘拐で…

いやはや、オルバへのヘイトが溜まりまくりですなぁ。
元々原作1巻の頃から卑怯な手を使ってきてましたが、
勇者の仲間として得た情報を使ってエミリアを心理的に追い詰めるとか、
これはもう、色々とダメでしょう。
この世界では天使や聖職者ほど悪人なのが救いようがないですよね。

とはいえ同じ聖職者でも鈴乃はとても可愛いんですよね。
今回もちーちゃんたちを助ける為に傷を負うだけでなく、
その治療中の姿を真奥に見られて赤面する姿を見せてくれたわけですが…

痛々しいけれど、それ以上に可愛いな…
やはり聖職者も捨てたもんじゃないかもしれない…

もちろんメインヒロインであるちーちゃんも可愛いです。
バイト中に真奥と話してて、ヒロイン扱いされたらすぐ機嫌を直すあたり、
わりとチョロそうに思えるけれど、まぁ、元々惚れてますからね。
そりゃ恋する乙女は惚れた男の言葉にチョロくなりますよ。

そして、真奥が戻ってきた時のために頑張ろうとするとか、
ちーちゃんは本当に正妻として出来た子ですよ…
真奥は魔界でも日本でも人材に恵まれてるなぁ…
その幸運を自覚した方が良いぞ、真奥…!

さて、次回あたりで真奥が何故エンテ・イスラに侵攻したかがわかると思います。
そろそろオルバに鉄槌を下して欲しいところですが…
このペースだと17巻で区切りがついてくれるか微妙かな…?
楽しみなのは間違いないんですけどね!

:: 2019/7/28 日曜日::

■[漫画]魔王の翼「はたらく魔王さま!」15巻

はたらく魔王さま!15巻はたらく魔王さま!15巻
出版社:KADOKAWA
原作者名:和ヶ原聡司
原作者twitter:和ヶ原聡司 (@wagahara211) | Twitter
作者名:柊暁生
作者サイト:Christmas-holly
作者twitter:柊暁生 (@102_55) | Twitter
Kindle版:はたらく魔王さま! (15)
Kindle版まとめ買い:はたらく魔王さま!
DMM電子書籍:はたらく魔王さま! (15)

エンテ・イスラに帰省してから予定を過ぎても帰ってこないエミリア。
真奥も強がりつつも気を揉んでたせいか原付免許試験のマークシートずれで試験を落ち、
二度目の試験を受けに行ったところ、そこで思わぬ出会いをすることに…
一方、鈴木梨香さんが魔王城に来て話し合ってる最中にちーちゃんからSOSが届き…

表紙になっているようにアシエス・アーラが本格的に登場です!
名前と容姿からわかる通り、アラス・ラムスの関係者なんですが…

イェソドの欠片にして、アラス・ラムスの妹です。
成長しているけれど妹なのです。

アラス・ラムスと同じく可愛らしいんですが、
ちょっと成長している分、めんどくささもあります…
が、これはこれで有りかな、とも思うわけです。
まぁ、原作最新刊のめんどくささはエンゲル係数的に勘弁ですが…w

今回は真奥は文字通りアシエスに振り回されてますが、
一番振り回されているのは鈴木梨香さんでしょう。

主に精神的な意味で…
ちーちゃんに続き、二人目の事情を知る日本人になったわけですが、
展開が衝撃的すぎるので心中察するにあまりあります。
友人が宇宙人だと知らされるのもショックでしょうけど、
想い人もそうであることの方がショックが大きいだろうなぁ…
まぁ、ちーちゃんという先達がいるだけマシですよね。

それはそうと今回も鈴乃が可愛かったです。

ちーちゃんを助けるために活躍するだけでなく、
こうやって啖呵を切るのも格好良いですし、
窮地を真奥に助けられる展開もヒロインしてました。

やはり鈴乃はヒロインとしての風格が備わってきたな…!

:: 2019/1/27 日曜日::

■[漫画]5人の大元帥四天王就任!「はたらく魔王さま!」14巻

はたらく魔王さま!14巻はたらく魔王さま!14巻
出版社:KADOKAWA
原作者名:和ヶ原聡司
原作者twitter:和ヶ原聡司 (@wagahara211) | Twitter
作者名:柊暁生
作者サイト:Christmas-holly
作者twitter:柊暁生 (@102_55) | Twitter
Kindle版:はたらく魔王さま! (14)
Kindle版まとめ買い:はたらく魔王さま!
DMM電子書籍:はたらく魔王さま! (14)

今まで何度も真奥と恵美の騒動に巻き込まれてきたちーちゃんだけど、
前回はついに身体に影響が出るほどになってしまったので、
ついに自衛のために法術を会得するつもりに!
でも、覚えたいのは連絡手段としてのイデアリンクで…

原作を読んだ時にコミカライズで読みたいと思っていた8巻の章が開幕です!
私が何故この章をコミカライズしてもらいたかったというと、
まぁ、その、ぶっちゃけ銭湯回があるからです!

勇者と聖職者、女子高生との圧倒的乳力差に落ち込むの図…

二人が小さいわけではないんだ…
ちーちゃんが大きすぎるだけなんだよ…!
だから…、ドンマイ!

この銭湯回も別に純粋なサービス回というわけではなく、
法術習得のためのレッスンという意味合いはあるんだけど、
紙面はとても華やいでいたのも確かです。
まぁ、ゆらぎ荘とかToLOVEるみたいな肌色乱舞というわけでないですけどね!

まぁ、そういった意味だけでもなくちーちゃんは大活躍でした。
主にラブコメ的な意味合いでになりますが。
もうね、恵美に嫉妬するちーちゃんの可愛さたるや…
ありがてぇ、ありがてぇ…!

というか、ちーちゃんが嫉妬するポイントを察することができないとか、
恵美はちゃんと年頃の女の子なのかと疑問に思いますね。
大事な時期を魔王討伐のために充てられたというのもあるだろうけど、
あそこまでツンデレするのはヒドい。
そりゃちーちゃんも笑顔で怒るよ…

それにしても真奥の扱いが最近ぞんざいな感じがしなくもないですが、
まぁ、女心を察しない真奥にも問題があるから仕方ないよね!

次の巻ではちーちゃん以外も活躍すると思うので、
楽しみに待ちたいと思います。
今回は北海道の大停電による休載もあって刊行ペースが落ちてしまいましたけど、
次は多少は早めに出るんじゃないかな、と思います。

:: 2018/5/8 火曜日::

■[漫画]鈴乃が可愛い「はたらく魔王さま!」13巻

はたらく魔王さま!13巻はたらく魔王さま!13巻
出版社:KADOKAWA
原作者名:和ヶ原聡司
原作者twitter:和ヶ原聡司 (@wagahara211) | Twitter
作者名:柊暁生
作者サイト:Christmas-holly
作者twitter:柊暁生 (@102_55) | Twitter
Kindle版:はたらく魔王さま! (13)
Kindle版まとめ買い:はたらく魔王さま!
DMM電子書籍:はたらく魔王さま! (13)

ちーちゃんの父方の実家で農作業をすることになった真奥たち一行。
エミリアとベルも合流し、熊退治といったハプニングがありつつも、
穏当な雰囲気で進むと思いきや、近隣では作物泥棒が出没するらしく、
真奥たちは佐々木家の農作物を守るために立ち上がり…

原作5.5巻の内容もこの13巻で完結です!
ただの農作業のはずなのに熊退治や泥棒退治と、
次々とトラブルに遭うあたりは真奥たちの人徳なのかもしれない。(笑

それにしてもこの5.5巻では「はたらく魔王さま!」にしては珍しく、
明確なラッキースケベ的な要素があったんですよね。
それがこのシーンです!

鈴乃のおっぱいタッチ!
まるで90年代のラブコメ漫画みたい!(笑

一瞬、虚を突かれた表情をするのが可愛いし、
恥じらって赤面するのも可愛いし、
総じて鈴乃が可愛いです!
物語としてこのシーンが必要かと言われれば、
特に必要ないとは思うのですが、
読者サービス的にはとても必要だと思います!

そんな鈴乃も車を受け止めた上で持ち上げるとか、
流石の能力を見せてくれるわけですが…
まぁ、普段は可愛い女の子ですからね。
実年齢が幾つなのかは知りませんが…!

それにしても作物泥棒ですが、モブなのにいい感じのデザインでしたね。
ちょっとイキってる感じのヤンチャしはじめたばかりの大学生って感じで。
鉄パイプを振り回すシーンとか、腰がはいってなくて、
とてもそれっぽいと思いました。

また、この13巻には他のエピソードも2つ程入っており、
真奥が子猫を拾う短編と、第0話とも言える短編も収録されております。
特に子猫の銀シャリを拾う短編が良くてですね…
具体的に言うと鈴乃が可愛かった…!

もうこの時点で子猫に惚れているのがわかるわけですが、
一人きりで子猫を可愛がっているシーンとか、
微笑ましいにも程があるって感じででしてね!
これは是非とも読んでもらいたい可愛さでした。
子猫的な意味でも、鈴乃的な意味でも!

さて、次の巻からは原作6巻のエピソードに入りますね。
久しぶりに物語が大きく動くことになると思うので、
心して待ちたいと思います。

HTML convert time: 0.850 sec. Powered by WordPress