ベルセルク 41巻、12月24日発売予定…!
それは惜しいというには、存在が大きすぎた…
:: 2017/9/5 火曜日::

■[漫画]おねショタの下剋上「君にしか教えない」

君にしか教えない君にしか教えない
出版社:白泉社
作者名:志摩時緒
作者サイト:SCARECROW
作者twitter:志摩時緒 (@shimaso) on Twitter
Kindle版:君にしか教えない
DMM電子書籍:君にしか教えない

子供の頃に隣に住んでいた8歳年上の明里お姉さんが好きだった千秋くん。
6年後、同じ高校に教師と生徒として再会した二人は、
ひょんなことから大人の関係を結んでしまう。
しかし千秋くんには既に年上の彼女がいて、
明里は教師と生徒という関係と自分に芽生えた気持ちに思い悩んで…

おね→ショタ漫画は志摩時緒さんの同人誌を含めて多く見ましたが、
ショタ→おね漫画は比較的珍しいように思えます。
まぁ、その理由はわからないでもないんですよね。
往々にして初恋の相手ってのは頭が上がらないものですし、
更に子供の頃から知られているお姉さんが相手ですからね。
こんな千秋くんのようにクールというかスカしているというか、
そんな態度を取れるショタなんて想像が難しいんだと思います。

ただ、明里ちゃんは”お姉さん”よりも”可愛さ”が先に来るから、
イジりたい気持ちが湧き上がっちゃうのはわからなくもないですね。
自分を弟としか見てなかった相手が、異性として意識してくれるんだもの。
これはイジりたくなるのも仕方ないでしょう。
まぁ、私なら舞い上がってそれどころじゃなくなるだろうけど。(笑

それとこの漫画には前作「あまあま」のヒロインたちが登場してます。
成長して教師としてゲスト出演してくれた上に、
今でもラブラブで、これからもラブラブそうなのも示唆されており、
「あまあま」が好きな人にとっては嬉しいエピローグと言えるでしょう。

連載で読んでいた時には気付かなかったことも気付きやすいので、
単行本は一気読みすることをお勧めします。

:: 2017/6/4 日曜日::

■[漫画]捲るめく変態エロス「正しいスカートの使い方」1巻

正しいスカートの使い方1巻正しいスカートの使い方1巻
出版社:白泉社
作者名:位置原光Z
作者twitter:位置原光Z (@ichiharZ) on Twitter

「お尻触りたがる人なんなの」の位置原光Zさんの新刊です!
とてもクセが強い作品なんですが、
とても面白いのでクセになる漫画なのです!
写植を使わず手書きの文字を使ってるのもクセが強いですよね。
一般的には写植の方が読みやすいんですが、手書き文字の微妙な汚さが味わい深いのです。

この単行本は基本的に「楽園」で連載していた作品が収録されているのですが、
その「楽園」にはあの久米田康治さんも連載しているんですよね。
で、その久米田康治さんの連載作の直後に掲載された「一般論」の一コマがこちらになります。

何だろうね。
「ラブひな」の赤松健と「かってに改蔵」の久米田康治の因縁を知っていると、
それだけで別な面白さが見えてきますよね。
それはそうとおっぱいは触りたいですね!

それにしても何をどうしたらこんな発想が出てきて、
それをどうやったら漫画として面白く出来てしまうのか不思議でなりません。
何だよ強制射精拳て…
護身術で習うって練習台は誰なんだよ…
あと、男の勃起はエロいこと考えてなくてもしてしまうものなので、
あまり突っ込まないであげて欲しいなぁ、と思いました。

とても面白い作品で私は凄く好きなんですが、
クセが強い作品だとは思うので万人受けしないかもしれません。
でも、面白い作品なので読んで欲しいなぁ、と思う次第であります。

:: 2017/5/4 木曜日::

■[漫画]高校時代を思い出す…「日々是平坦」1巻

日々是平坦1巻日々是平坦1巻
出版社:白泉社
作者名:迂闊
作者サイト:ただただうかつ
作者twitter:迂闊 (@ukkariukatu) on Twitter

迂闊さんの楽園連載作の初単行本がこの「日々是平坦」です!
恋愛アンソロジーの楽園連載ですが、
恋愛モノは前半しかありません。
ただ、その純粋恋愛指数が非常に高いので、
恋愛漫画好きとしては充分満足できると思います。

「純粋男女交際」は優等生の村野くんと山下さんの純情カップルの話なんですが、
これがまた、ピュアなようでフェチで、フェチなようでピュアで。
もうね、お互いの肌に触れるだけなんだけど、それがとてもエロいのです。
高校生の初々しいトキメキと異性へのドキドキに悶えてしまうのです…!

そんな村野くんと山下さんの隣のクラスにいるアホな男女の日常「日々是平坦」ですが、
これはこれで面白いんだよなぁ。
特に安達くんが昼飯代を浮かすためにアレコレ試すのが面白かった!

これねー、私も似たような経験があるんですよ。
夏期講習とかだと親が弁当を作ってくれないので、
500円だけ渡されるんだけど、それを如何に浮かせて漫画を買うか。
必死にそう考えていたわけですよ。
私の場合は高校の隣りのスーパーでリンゴ1個買って、それで済ませてたっけ…
一人っ子の友人は1000円貰ってフカヒレラーメン食いに行ってたけど…!

そんな自分の高校時代を思い出してみると、
やっぱり「純粋男女交際」よりも「日々是平坦」寄りだったな、と。
そう思うのでした。(笑

:: 2017/4/30 日曜日::

■[漫画]コロポックルとウコチャヌプコロ「幻想ギネコクラシー」2巻

幻想ギネコクラシー巻幻想ギネコクラシー巻
出版社:白泉社
作者名:沙村広明
Kindle版:幻想ギネコクラシー (1)
DMM電子書籍:幻想ギネコクラシー (1)

沙村広明は「無限の住人」で重厚な長編漫画を描かせたら随一であると証明されましたが、
短編漫画を描いたらそのずば抜けた天才性を遺憾なく発揮してくれます。
まぁ、つまりは面白すぎておかしい。
頭おかしいわ、これ。

特に面白く、(頭が)おかしかったのはコロポックルを扱った「ホモ・ロフィエス」シリーズ。
コロポックルという題材自体はそれほど奇抜ではないんだけど、
その起源の設定が斜め上すぎる!

アンコウから進化した人類とか何をどうしたらその発想に辿り着くのか。
そして書き下ろしコメントで判明したヒロインのアホ毛の必然性!
バカじゃないの! 本当にバカじゃないの!?
いやー、おかしすぎて面白いというか、
面白すぎて頭がおかしくなるというか。
一応恋愛アンソロジー掲載だから恋愛要素あるけれど、
漫画の下地に脈動する面白さがコメディすぎる…!

恋愛アンソロジー的には「ぷれぐなぷれぐな」はかなりまともな恋愛漫画でしたね。
いや、これでまともとか言ったら世の恋愛漫画家に失礼かもしれませんが、
他と比較するとかなりまともというか…
後味も結構良かったし、今回一番一般受けする漫画のような気がします。

それと冒頭に収録されていたヤンマガ掲載の「軍傅」ですが、
「無限の住人」というキテレツ剣術漫画を描いた沙村広明だからこその高度なギャグというか。
剣術の秘密が分った時は膝から崩れ落ちそうになったけど、
最後のオチの面白さには膝を打ちましたね。

うん、やっぱり沙村広明は天才だな!

:: 2017/1/7 土曜日::

■[漫画]百合・ブラコン・過保護魔女「あにいもうと」

あにいもうと
著者/訳者:ハルミチヒロ
出版社:白泉社( 2016-12-22 )

作者サイト:Harumichihiro INFO

ハルミチヒロさんの楽園での短編を収録した単行本2冊目です。
個人的には以前の「シャンプー・リンス・コンディショナー」が至高のままですが、
この「あにいもうと」も中々に珠玉の作品が詰まっています。

今回もバラエティ豊かで百合系な「ガールフレンド」も面白かったし、
ちょっと不思議というかファンタジーが入った「魔法使いの娘」も良かったですが、
私としては表題作になっている「あにいもうと」を推したい!
だってブラコン妹が可愛いから!

こうね、世の妹が居ない男性諸氏が妄想している理想の妹像がここにいるんですよ。
実妹がいる人にとっては面倒なだけなだろうけど、
お兄ちゃんが好きすぎて、お兄ちゃんのお嫁さん候補なんて認められずに拗ねまくりとか、
可愛いにもほどがあるだろうと!

可愛い…
本当に可愛い…
泣いてる顔も最高に可愛い…
黒い感情まで含めてとにかく可愛い…
これが…、これが真の妹萌えというものなのか…!

でもこの物語においてお兄ちゃんはものの役にも立たないんですよね。
そこら辺は妙にリアルに感じました。(笑

それとお兄ちゃんが結婚した後を描いた「あにいもうと after」も良かったですね。
里央ちゃんの教育内容も最高に可愛くて、
終始、妹の可愛さというものを見せつけられた気分であります。

:: 2016/11/30 水曜日::

■[漫画]彼女たちの空室「東京No Vacancy」1巻

東京No Vacancy 1 (楽園コミックス)
著者/訳者:犬上すくね
出版社:白泉社( 2016-11-30 )

作者twitter:犬上すくね(@sukuneinugami)さん | Twitter
Kindle版:東京No Vacancy (1)

九州のとある企業に勤めるサラリーマン山梨英豪(32)
彼は全国各地を飛び回る出張族なんだけど、
急な出張命令と昨今のホテル不足の煽りでホテルの予約が取れない日が多く、
満喫やファミレスで時間を潰そうとするんだけど、
何故か女性と縁があり…

tokyonovacancy01_01

楽園での犬上すくねさんはエロリミッターが解除されてますなぁ…
とか思いながらニヤニヤと読みふけっていたわけなんですが、
あとがきを読んでびっくりしました。
そうだよ、これだけ多くの女性と関係を持つ犬上すくね漫画の主人公は始めてだよ、と。

今までも脇役キャラではヤリチン系の男もいましたが、
恋ディスをはじめ、基本的に主人公は純情一途でしたからね。
そういった意味では確かに珍しいんですが、
この漫画の主人公である山梨くんのキャラクターのおかげか、
全く違和感なく犬上すくね漫画として楽しめてたんですよね。
ですので従来の犬上すくねファンは安心して読むことができると思います。

出張先で出会う女性は様々なんですが、誰もが魅力的なんですよね。
彼女たちの事情もちょっとその日の気分だったり、
不安な日々と人肌の温もりが欲しかったり、
単に性欲だったり、自分の夢のために宿泊代金が欲しかったりとね。

そんな彼女たちと一夜限りの関係を持つことになるんだけれど、
深く入り込むことはせず、一時の癒やしだったり、
気分転換だったりのキッカケになってるのでとても爽やかで、
湿度が低いのでサッパリとした気分で読めるのが良いですよね。

それにしてもこの漫画の女性たちはみんな積極的ですね…

tokyonovacancy01_02

山梨くん本人がガッツキすぎてないから安心して読めるんですが、
その分女性たちの方から求める形が多いんですよね。
でも、それがまた良いというか…
最近は草食男子が多いですからね。
こういった方向も全然有りだというか、むしろウェルカムというか!

あとがきにある通り「孤独のグルメ」よろしくいつまでも続けてられる題材だと思うので、
続きも楽しみにしていきたいですね。
犬上すくねさんの新境地なので新鮮さもありますし。
うん、楽しみだ。

HTML convert time: 2.731 sec. Powered by WordPress