ベルセルク 41巻、12月24日発売予定…!
それは惜しいというには、存在が大きすぎた…
:: 2021/2/2 火曜日::

■[漫画]ずっと一緒に「ニジとクロ」3巻

ニジとクロ3巻ニジとクロ3巻
出版社:一迅社
作者名:武梨えり
作者サイト:たけなしのーと
作者twitter:武梨えりさん(@takenashinote) / Twitter
紙書籍通販:ニジとクロ (3)
Kindle版まとめ買い:ニジとクロ
DMM電子書籍:ニジとクロ (3)

ニジイロテンゴクオウムという不思議な生き物と、
女子大生のクロの二人の物語、ここにハッピーエンド!

もうちょっと長く読んでいたかったですけど、
綺麗に終わったなぁ、とも感じましたね。
まぁ、最終回の展開はちょっと予想できませんでしたが…
まさかの収益化、もとい印税生活…!

しかし途中でクロが自分が結婚できないのに気付いたのには驚いたなぁ…

鳥友達にアイさんという既婚者がいるので勘違いしていたけれど、
アイさんとその旦那はナナちゃんと家族だけど夫婦じゃないんですけど、
クロはニジから求愛のダンスを受けるくらいに愛されてるから、
ニジにとっては嫁なんですよね。
そりゃ、人間の旦那なんて貰えないわ…

そしてニジの語彙力とコミュニケーション能力の発達が凄い…!

ニジがこの後、クロが芸能人を見るだけで嫉妬しているのを見ると、
これも愛ゆえなのかなぁ、と感じますね。
しかしラルクはここまで凄いことにはなってないことから考えると…
うーん、ニジの愛が重い、ということなのかな…w

ニジとクロの物語がこれ以上読めないのは残念ですが、
二人が幸せそうなのは良かったと思います。
末永くお幸せに…!

:: 2020/2/28 金曜日::

■[漫画]鳥友、ゲットだぜ!「ニジとクロ」2巻

ニジとクロ2巻ニジとクロ2巻
出版社:一迅社
作者名:武梨えり
作者サイト:たけなしのーと
作者twitter:たけなしのーと (@takenashinote) | Twitter
紙書籍通販:ニジとクロ (2)
DMM電子書籍:ニジとクロ (2)

ネットを通じて同じニジイロテンゴクオウムを飼っている人に出会えたクロ。
数少ない同士と直接会うことで新たな情報を得たり、
他の人のニジイロテンゴクオウムと比べることで、
ニジの個性みたいなことが見えてきて…

うーん、クロエの若さが眩しい…!
女子大生なのに飲み会に行ったことがなかったり、
タワマンに行ったことがなかったり…
いや、タワマンには私も行ったことないけども!
実在するんですかね、タワマンって。(地方民並みの感想

それにしてもニジイロテンゴクオウム好きの集まりとはいえ、
中々に絵面がヤバいのには笑っちゃいますねw

何かの儀式かな…?
うーん、どんな匂いがするんだろう…
やっぱり嗅いだらハッピーになるんでしょうか。
…いや、葉っぱ的な意味ではなくて。

ヤバいというかキマってると言えば、
チョコへの欲望が高まりまくったニジがヤバいですね!

うん… チョコ美味しいもんね…
単語を3つも組み合わせてくるくらいに欲しいもんね…
そして、食べ過ぎたら危ないけど自分が食べたいから買うのを止めないクロエの気持ちもわかるね…
チョコ… 美味しい…

大学生としての学生生活がどうなっているか疑問ですが、
プライベートはわりと充実しているようなので大丈夫ですね!
人生それでわりとなんとかなると思いますよ。
ニジとクロ、今後ともお幸せに…!

:: 2019/6/27 木曜日::

■[漫画]ガール・ミーツ・ニジイロテンゴクオウム「ニジとクロ」1巻

ニジとクロ1巻ニジとクロ1巻
出版社:一迅社
作者名:武梨えり
作者サイト:たけなしのーと
作者twitter:たけなしのーと (@takenashinote) | Twitter
Kindle版:ニジとクロ (1)
DMM電子書籍:ニジとクロ (1)

白星クロエ18歳、女子大生。
何事も白黒ハッキリつけないといけない性分なせいで、
セクハラ親父に鉄拳制裁をしてバイトをクビになり、
クレーマーに対して理路整然と意見を言ってバイトをクビになり、
人生に疲れた帰り道で虹色の毛玉と出会い…

「かんなぎ」を描き上げた武梨えりさんの新作です!
今回もちょっと日常とは違った不思議要素はありますけれど、
女性が主人公の癒やし系(?)なペットとのほのぼの漫画です。
…というか、どんな漫画に分類されるんだろう、これ。
ペットのニジは架空の動物だし、ペット漫画に入るのだろうか…?
取りあえず第一話は武梨えりさんがtwitterで上げてるので、まずはそちらをどうぞご覧下さい。

何事にも白黒つけないと性格のクロの人間性は好きだけど、
生きるの大変そうだなぁ、とは思います。
美人なのにキツいと思われてそうというか…
だから今まで人間の彼氏が出来なかったんだろうなぁ、と。

髪型が真ん中分けなのはその性格があるんだろうなぁ…
左の頬に二つホクロがあるから左右対称ではないんだ…
目元がキリッとしているのも良いなぁ…
でも、ニジに癒されて笑顔になった時の柔らかい目元も好きだ…

そしてこの漫画のストーリーは…
物語としては… ただ、ニジの生態に驚かされて癒されて…
うん、基本的にそれだけのものな気がするというか…
ニジに癒され、SNSでバズったクロを見て微笑ましく感じるというか…
特に大きなドラマはないですね、ええ。
でも、そういうのがなくても、癒やしがあるから問題ないと思います!

同じニジイロテンゴクオウムの飼い主であるナナさんと知り合うことで、
もうちょっと物語の幅が広がりそうだけど…
ニジが同じ仲間と出会ってどんなリアクションをするのか。
クロはナナさんと仲良くなって友達になれるのか。
色々と気になりますので、次巻も楽しみです。

:: 2017/7/30 日曜日::

■[漫画]最後のラブレター「かんなぎ」12巻

かんなぎ12巻かんなぎ12巻
出版社:一迅社
作者名:武梨えり
作者サイト:たけなしのーと
Kindle版:かんなぎ (12)
Kindle版まとめ買い:かんなぎ
DMM電子書籍:かんなぎ (12)

文句の付けようもない大団円だった…!

いやもう、何というか。
全体的にこう、面白いとしか言い表せないというか。
ナギ様が尊いし、可愛いし、最高だし、神様だし。
あぁ… これが萌えなのかと…!

最終回まで含めて本当に美しい流れで。
ナギの木のように縁が綺麗に収束したというか。
神様だからご都合主義的に綺麗に終わるのも全然アリというか。
うん、そんなところまで含めてとにかく尊かった…!

正直ね、アニメ放映中に武梨えりさんが倒れられたと聞いた時は絶望したんですよ。
全然続報ないし完結は無理なんじゃないかと覚悟してたんですよ。
それがこんなに綺麗に、満足感たっぷりな最終回を読むことができて…
もうね、物語としての感動と、読むことができた感動で涙が出てしまう訳ですよ。
やばい、私の涙腺がやばい。

ラブコメとしては白亜ちゃん推しだったわけですし、
つぐみもアリかなー、とも思ってたんですよね。
でもね、やっぱりナギ様と結ばれるのがベストなんだなー、と。
そう、思わされたりね、するわけですよ。

あとね、通常版を買ったあとにもう少しかんなぎの世界に触れていたかったので、
アニメイトまで行って限定版を買ったんですが、これが正解だったんですよ!
劇中でナギ様が歌っていた「最後のラブレター」が実に良い…
これを聞きながら12巻を読むと感動が一入ですよ。
そしてそのあとにドラマCDを聞くと涙腺が決壊しちゃいますよ。
あぁ… ナギ様が尊い…

できればもっともっとかんなぎの世界に浸っていたいところです。
たぶん、これから何度も読み返す作品だと思います。
そして読む度に悶えることでしょう。
それくらいに名作だった…!

武梨えりさんは次回作も今年中に発表されるとのことですので、
そちらも楽しみに待ちたいですね。
綺麗な脚のヒロインをお待ちしております!

:: 2016/7/31 日曜日::

■[漫画]ヌーベル シノ ワークス!「かんなぎ」11巻 特装版

かんなぎ (11) 特装版 (REXコミックス)
著者/訳者:武梨 えり
出版社:一迅社( 2016-07-27 )

作者サイト:たけなしのーと
Kindle版:かんなぎ (11)
Kindle版まとめ買い:かんなぎ

久しぶりの「かんなぎ」の新刊ですが、表紙を見て「誰?」とか思っちゃいました。
もしかして単行本が出るのが久しぶりすぎて絵柄が変わったのかと心配になったんですが、
ちゃんと最後まで読むとなるほど、と納得できるかと思います。
連載本誌をしっかり読んでおけって話ですけどね。

仁に告白されたナギが仁のことを想うとケガレが出てきてしまうことになり、
頼った先はまさかのざんげちゃん。
ざんげちゃんの結界に匿われたナギとざんげちゃんの口から語られる幼い頃の二人の思い出や、
少々奇妙だけど確かな姉妹の絆が垣間見えてほっこりすることもあるけれど、
ざんげちゃんの思惑に対して白亜ちゃんは心穏やかではいられず…

今回誰がメインだったかというと白亜ちゃんであり、ざんげちゃんだった…
と見せかけての紫乃先輩でしたね!(笑

いや、実際ちゃんと白亜ちゃんは見せ場がありまくりでしたよ!
失恋に向き合って友達の胸の中で号泣する白亜ちゃんを見てると、
失恋してしまったことに対する悲しさを感じるのと同時に、
失恋して泣けるようになった白亜ちゃんの成長も喜ばしく思い、
何というか泣き笑いのような感情になってしまいましたしね。
失恋したのに相変わらず仁のことを想ってて、
白亜の成長を喜ぶ仁の姿にチョロっとしてしまう白亜ちゃんは超可愛かったです。

でも、インパクトでいったらやっぱり紫乃先輩が凄かったというか…
神薙町に巻き起こる異変を止めるために奮闘しているのは仁やざんげちゃんだけでなく、
地元の名士である紫乃先輩もそうだったとは…
というか、紫乃先輩&貴子先輩の二人がやけにナギたちの理解度が高かったのとか、
あれも伏線の一部だったということなんでしょうか。
いやー、ホント凄い衝撃でしたわ…

ちなみに特装版についてくる小冊子ですが、
こちらはほぼ100%がその紫乃先輩についてです。
すっごく面白いのでこれは是非読んで欲しいんだけど、
Kindle版とかには特装版がないので注意が必要です。

:: 2015/7/28 火曜日::

■[漫画]伝えたい、この想い。「かんなぎ」10巻

かんなぎ (10) (IDコミックス/REXコミックス)
著者/訳者:武梨 えり
出版社:一迅社( 2015-07-27 )

作者サイト:たけなしのーと

Kindle版:かんなぎ (1)
Kindle版:かんなぎ (2)
Kindle版:かんなぎ (3)

Kindle版:かんなぎ (8)
Kindle版:かんなぎ (9)
Kindle版:かんなぎ (10)

ナギと大東との間にあった過去を知ることが出来た仁。
その記憶の枝を結ぶことによってナギも思い出したんだけど、
かんなぎ様の本体からは縁を切られることに。
存在が不安定になってしまったナギだけど、
そうとは知らずに仁はナギに自分の想いを告げてしまって…

この10巻はかつてないほどにラブコメしてましたね。
仁に好きだと言われてからのナギが可愛くて可愛くて。
動悸が止まらず、顔も真っ赤になってしまうナギは、
確かにもう超然とした神様ではなくなっちゃってるよね。
これはもう、ただの恋する乙女だよ!

しかし恋を知ったからこそわかってしまう、つぐみの恋する姿。
今までは気付かなかったけれど、判ってしまったつぐみの気持ち。
しかも恋は綺麗なだけじゃない、暗い感情もあるから、
ケガレが出てきてしまうという悪循環。
あぁ…、ナギが可哀想でならない…!

結構クライマックスが近いはずなんですけど、
これは完結までにどう考えても2,3巻必要だと思います。
武梨えりさんの体調も戻られて刊行ペースも戻ってきたようだし、
それほど待たなくて良さそうですけど、
やっぱり一度重病で倒れられたからお大事になさって欲しいです。

それはそうと番外編の貴子先輩ですが、あれは有りだと思いますよ。
後輩に言われて気にして試してと可愛いところあるじゃないですか。
貴子先輩… 可愛い子…!

HTML convert time: 0.733 sec. Powered by WordPress