僕の心のヤバイやつ 3巻の特装版が6月8日発売!
山田と市川の両片想いに全力でニヤニヤしよう!
:: 2018/1/21 日曜日::

■[ラノベ]中二病でも恋をした。「異能バトルは日常系のなかで」13巻

異能バトルは日常系のなかで13巻異能バトルは日常系のなかで13巻
出版社:ソフトバンククリエイティブ
作者名:望公太
作者twitter:望公太 (@nozomikota) on Twitter
絵師名:029
絵師サイト:仕事情報 | KONGARI
絵師twitter:029 (@o2929) on Twitter
Kindle版:異能バトルは日常系のなかで 13
Kindle版まとめ買い:異能バトルは日常系のなかで
DMM電子書籍:異能バトルは日常系のなかで 13

長らく刊行が止まっていた「異能バトルは日常系のなかで」もやっと完結!
新シリーズを始めたりと色々と動いてるのは知ってましたが、
前巻の内容を割りと忘れた頃に最終巻が出てくるとはなぁ。
まぁ、その完結巻が遅れたことをメタ的にネタにしているあたり、
変わってないなぁ、とは思いました。

しかし… そういうオチになるとは…(笑

正直、桐生一の異能バトルは割りと乗れなかっただけに、
どんなバトルになってもあまり楽しめないとは思ってたんですが…
うん、なるほど… このオチは有りかな…!(笑
やはりこの作品の面白さは日常系の会話にあると思い知らされました。
鳩子と千冬ちゃんは清涼剤やでぇ…

ラブコメ的にはそうくるかー、と。
異能でマルチエンドを見せてくれた後に、
ラストを匂わせるだけにしたのは割りと上手い手段ですね。
ちょっとモヤモヤ感はあるけれど、
ハーレムラノベのラストとしてはベターな回答ではないでしょうか。

それにしてもマルチエンドでのそれぞれのヒロインたちが…
こう… 良いよね…!
鳩子が一番正統派ヒロインっぽかったですけど、
彩弓さんのも捨てがたい…!
でも、デレ代も有りなんだよなぁ…!
あ、千冬ちゃんは逮捕されそうなのでちょっと…

心残りは工藤さんエンドがなかったことでしょうか…
結構好きだったんだけどなぁ…(笑

:: 2016/9/17 土曜日::

■[ラノベ]メメタァ!「異能バトルは日常系のなかで」12巻

異能バトルは日常系のなかで 12 (GA文庫)
著者/訳者:望 公太
出版社:SBクリエイティブ( 2016-09-14 )

作者twitter:望公太(@nozomikota)さん | Twitter
絵師サイト:KONGARI -http://029-oniku.com/-
絵師twitter:029(@o2929)さん | Twitter
Kindle版:異能バトルは日常系のなかで 12
Kindle版まとめ買い:異能バトルは日常系のなかで

本編の続きかと思った?
残念! アニメの円盤特典小説のまとめでした!

いや、うん、ビックリだね。
てっきり完結直前のつもりで読み始めたら、
いきなり時系列がおかしいと思った直後に、
「これ、円盤の特典小説だ!」と分かった上に、
更にメタネタのオンパレードで、もうどういうことなのかと。
まぁ、本編の筆が進んでないだけなんでしょうけど。

一応書き下ろしもあって、それは表紙になっている運命子ちゃんの話で…
本編でちらっとだけ言われていた彼女が死ぬ話なんですけど、
円盤特典の一十三の話も相まって中々しんみりするモノがありましたね。
そういった意味では予想は裏切られたけど、期待通りのものは少しあったかな、
という気持ちになります。

それとこの円盤特典を読んだ後はとてもアニメ版を観たくなりますね!
特にOP動画は何度も見返しましたよ。
具体的に言うと彩弓さんのおっぱいがブルンブルンと揺れるところを!
彩弓さんが恥じらいを感じていると思いながら観ると、
何というか、こう、こみ上げてくるものがありますよね!(笑

こうやって文庫の形になったことで挿し絵が付いたので、
円盤を全部持っている人にもお得感があると思います。
具体的に言うと鳩子を相手ににラッキースケベが起こったところのイラストとか!

うん、何というかおっぱい尽くしだった気がする12巻でした。
これはこれで悪くないんですが…
次巻こそは物語が安藤寿来メインで進みますように。

:: 2016/4/19 火曜日::

■[ラノベ]相模静夢の憂鬱「異能バトルは日常系のなかで」11巻

異能バトルは日常系のなかで11 (GA文庫)
著者/訳者:望 公太
出版社:SBクリエイティブ( 2016-04-14 )

作者twitter:望公太(@nozomikota)さん | Twitter
絵師サイト:KONGARI -http://029-oniku.com/-
絵師twitter:029(@o2929)さん | Twitter
Kindle版:異能バトルは日常系のなかで 11
Kindle版まとめ買い:[まとめ買い] 異能バトルは日常系のなかで

異能力によって異空間に誘われた安藤寿来。
そこで因縁の相手である環によって異能バトルが始まる…!
と思いきや今回の語り部はまさかの相模静夢。
異能バトルの場外で相模がヒロインたちと語り合うことで出した結論とは…?

今までも語り部というか主人公が交代したことはありましたが、
よりによって相模とは…
読んでて思ったのはやはりこの物語の主人公は安藤だなぁ、ということです。
相模が語り部になると何というか西尾維新っぽくなるというか。
まぁ、それでも面白かったけど!

特に安藤の覚醒後の能力の秘密の明かし方とか、
もう何というか「それで良いのか?」と笑わせられるというか。
上手いこと定石を外してきて意表を突かれる面白さがあるんですよね。
それに安藤がいなくてもヒロインたちの可愛さは健在でしたし。
恋する彩弓さんはとても可愛い。

しかし環は確かにラノベヒロインらしくないけど、
少女漫画のヒロインとして考えると割りと普通というか。
Fateシリーズでもバゼットさんという3人の男に惚れるダメな人もいたし、
別ジャンルだと有りな気もするなぁ。
中二時代から続いたこの騒動の原因は相模のジャンルが狭いのことだと思います。

さて、次回はギルディア・シン・呪雷と霧龍・ヘルドカイザ・ルシ・ファーストの戦いになるのか。
それともまた意表を突いてくるのか。
そろそろラストっぽいので続きが楽しみですね。

:: 2016/4/4 月曜日::

■[ラノベ]加熱するラブコメ展開と転換点「異能バトルは日常系のなかで」8~10巻

異能バトルは日常系のなかで 8 (GA文庫)
著者/訳者:望 公太
出版社:SBクリエイティブ( 2014-10-14 )

作者twitter:望公太(@nozomikota)さん | Twitter
絵師サイト:KONGARI -http://029-oniku.com/-
絵師twitter:029(@o2929)さん | Twitter
Kindle版:異能バトルは日常系のなかで 8
Kindle版まとめ買い:[まとめ買い] 異能バトルは日常系のなかで

異能バトルは日常系のなかで 9 (GA文庫)
著者/訳者:望 公太
出版社:SBクリエイティブ( 2014-11-14 )

作者twitter:望公太(@nozomikota)さん | Twitter
絵師サイト:KONGARI -http://029-oniku.com/-
絵師twitter:029(@o2929)さん | Twitter
Kindle版:異能バトルは日常系のなかで 9
Kindle版まとめ買い:[まとめ買い] 異能バトルは日常系のなかで

異能バトルは日常系のなかで10 (GA文庫)
著者/訳者:望 公太
出版社:SBクリエイティブ( 2015-03-13 )

作者twitter:望公太(@nozomikota)さん | Twitter
絵師サイト:KONGARI -http://029-oniku.com/-
絵師twitter:029(@o2929)さん | Twitter
Kindle版:異能バトルは日常系のなかで 10
Kindle版まとめ買い:[まとめ買い] 異能バトルは日常系のなかで

8巻からがアニメ化されていないエピソードなので新鮮でしたね
久しぶりに普通にタイトル通りになった8巻と、
5巻と同じく桐生一サイドの物語である9巻と、
日常編と思わせて最後にターニングポイントを持ってきた10巻です。

8巻は良かったですね。
恋心を自覚したヒロインたちのジュリエット役争奪戦から始まり、
それぞれがお嫁さんアピールをするところが最高に可愛かったです。
それにしても高校生なのにキスでアタフタしちゃう彼女たちは、
初心で可愛すぎだと思います。
小学生なのに一番積極的な千冬ちゃんが全てを持っていったのも、
ある意味当然なのかな、とも思います。

9巻はなんというか普通に異能バトルでしたけど、
禁書目録とか本当にそういった感じでしたね。
問題は一十三視点がほとんどないから野郎ばかりが出てくるため、
萌え成分が極端に少ないことでしょうか。
もっとヒロインをプリーズ!

10巻は工藤さんも活躍したし、灯代が痛々しかったりと楽しめましたが、
本文の挿し絵が029さんからTRIGGERの人に変わってて違和感がありましたね…
悪いというわけではないんですが、うん、本当に違和感バリバリだったな、と。
それでも久しぶりの恋する乙女な工藤さんは可愛かったし、
鳩子の声優殺しの超長台詞もある意味凄かったです。
まぁ、一番萌えたのはやはり安藤の天然ジゴロに悩殺されて顔真っ赤な彩弓さんなんですけどね。

それにしても檜枝岐の正体は気付けなかったなぁ。
そうくるかー、と思わされましたよ。
続きが気になるけど今月新刊が出るということで安心ですね。
まぁ、私は最近読んだから良かったけどリアルタイムで読んでる人にとっては、
1年以上待ってるということなんですよね…
うーん、レイニー止め並みに大変だったろうなぁ…

:: 2016/4/3 日曜日::

■[ラノベ]知られざる安藤の中二時代「異能バトルは日常系のなかで」5~7巻

異能バトルは日常系のなかで 5 (GA文庫)
著者/訳者:望 公太
出版社:SBクリエイティブ( 2013-11-15 )

作者twitter:望公太(@nozomikota)さん | Twitter
絵師サイト:KONGARI -http://029-oniku.com/-
絵師twitter:029(@o2929)さん | Twitter
Kindle版:異能バトルは日常系のなかで 5
Kindle版まとめ買い:[まとめ買い] 異能バトルは日常系のなかで

異能バトルは日常系のなかで 6 (GA文庫)
著者/訳者:望 公太
出版社:SBクリエイティブ( 2014-03-17 )

作者twitter:望公太(@nozomikota)さん | Twitter
絵師サイト:KONGARI -http://029-oniku.com/-
絵師twitter:029(@o2929)さん | Twitter
Kindle版:異能バトルは日常系のなかで 6
Kindle版まとめ買い:[まとめ買い] 異能バトルは日常系のなかで

異能バトルは日常系のなかで 7 (GA文庫)
著者/訳者:望 公太
出版社:SBクリエイティブ( 2014-07-14 )

作者twitter:望公太(@nozomikota)さん | Twitter
絵師サイト:KONGARI -http://029-oniku.com/-
絵師twitter:029(@o2929)さん | Twitter
Kindle版:異能バトルは日常系のなかで 7
Kindle版まとめ買い:[まとめ買い] 異能バトルは日常系のなかで

この原作5~7巻を読んで一番驚いたのは、
6巻における安藤寿来の中二時代の黒歴史ではなくて、
5巻をたった1話に収めてしまったTRIGGERの手腕です。
ボリュームが有り余るラノベ1冊を20分少々のアニメにまとめるとか、
今考えると暴挙にもほどがあるんだけど、
きちんと収まってて凄いんだよなぁ…

5巻における桐生一の異能バトルストーリーは面白かったけど、
私の心を一番奮わせたのは斉藤一十三さんですね。
桐生一にベタ惚れでヒモ化させちゃうダメンズ好きな彼女が、
デレにデレているところが可愛い…
同棲しながらもキスすらもしていないっぽい初心さも良いですよね!

7巻はTRIGGERがほぼそのままアニメ化してくれてましたが、
やはり鳩子と彩弓さんは可愛いと思うわけなんですよ。
頑張る鳩子も可愛いけど、恥じらう彩弓さんにはかなわないな…!
灯代のパートはちょっと改変されてたんだなぁ、と今更ながらに知りましたが、
まぁ、12話に収めるには仕方ないかな、と思います。

それにしても6巻の安藤の過去編は意外だったなぁ。
ここは丸々オミットされていた話なので新鮮でしたが、
今までの話と雰囲気の毛色が違っていましたね。
環というキャラの無駄なリアリテイさとかが特にそう感じました。
中二の世界に生きてきた安藤のショックの大きさもちょっと判ります。

これでほぼアニメに追いついたわけですが…
いくら6巻を飛ばしたとはいえラノベ6冊を12話に収めるとか凄すぎだわぁ…
特に12話はアニメオリジナルでしたから実質11話ですもんね。
それでいて普通に楽しめたんだもんなぁ…
やっぱりTRIGGERは凄いわ。

:: 2016/4/2 土曜日::

■[ラノベ]ヒーローは遅れてやってくる!「異能バトルは日常系のなかで」1~4巻

異能バトルは日常系のなかで (GA文庫)
著者/訳者:望 公太
出版社:SBクリエイティブ( 2012-06-16 )

作者twitter:望公太(@nozomikota)さん | Twitter
絵師サイト:KONGARI -http://029-oniku.com/-
絵師twitter:029(@o2929)さん | Twitter
Kindle版:異能バトルは日常系のなかで 1
Kindle版まとめ買い:[まとめ買い] 異能バトルは日常系のなかで

異能バトルは日常系のなかで 2 (GA文庫)
著者/訳者:望 公太
出版社:SBクリエイティブ( 2012-10-17 )

作者twitter:望公太(@nozomikota)さん | Twitter
絵師サイト:KONGARI -http://029-oniku.com/-
絵師twitter:029(@o2929)さん | Twitter
Kindle版:異能バトルは日常系のなかで 2
Kindle版まとめ買い:[まとめ買い] 異能バトルは日常系のなかで

異能バトルは日常系のなかで 3 (GA文庫)
著者/訳者:望 公太
出版社:SBクリエイティブ( 2013-03-16 )

作者twitter:望公太(@nozomikota)さん | Twitter
絵師サイト:KONGARI -http://029-oniku.com/-
絵師twitter:029(@o2929)さん | Twitter
Kindle版:異能バトルは日常系のなかで 3
Kindle版まとめ買い:[まとめ買い] 異能バトルは日常系のなかで

異能バトルは日常系のなかで 4 (GA文庫)
著者/訳者:望 公太
出版社:SBクリエイティブ( 2013-07-16 )

作者twitter:望公太(@nozomikota)さん | Twitter
絵師サイト:KONGARI -http://029-oniku.com/-
絵師twitter:029(@o2929)さん | Twitter
Kindle版:異能バトルは日常系のなかで 4
Kindle版まとめ買い:[まとめ買い] 異能バトルは日常系のなかで

アニメもコミカライズも面白かったのでKindle版が安売りして時に買ってはいたものの、
読むのを忘れて放置していたのをKindleのすべてのアイテムを見ていて思い出したので、
ボチボチ読み始めてやっと読破しました。(長い言い訳

主人公が厨二病で更に身近に元厨二病患者が居て、
異能力があって部活の日常モノでロリも完備するという、
ちょっと前にラノベ界隈で流行っていた要素を詰め込んだ内容でありながら、
見事にそれらを活かしながら独自の面白さを演出している作品ですね。
いや、まぁ、アニメとコミカライズ見てたから理解できてはいたんですけどね!

アニメやコミカライズではオミットされていたエピソードも結構あるので、
原液そのままの面白さを楽しめますが、
アニメでの声優さんの演技(特に鳩子のブチ切れシーン)や、
コミカライズでのパロネタの演出はそれらのメディアでこそ楽しめるので、
それぞれ相互補完しているんですよね。
うーん、今更ながらに幸せなメディアミックスをした作品だよなぁ…

1巻は日常&工藤さんとの異能バトルなんだけど、
異能の形態変化とかラノベにおける努力云々とかのエピソードがあったんだなぁ、と。
2巻は鳩子がブチ切れるエピソードがあるんだけど、
改めて読んでみてもこの長台詞を一発OKする早見沙織さんは凄いわ…
3巻は千冬ちゃんと九鬼ちゃんのエピソードですね!
この時に環というキャラが出てくるのに驚きました。
アニメでもコミカライズでも居ないキャラだったからなぁ…
まさかこの後、こんなに重要な役回りになるとは…
4巻は私が大好きな彩弓さんのエピソードであり、
ラブコメとして飛躍するための溜めが入るんですが…
この次のエピソードを読むのにあんなに時間がかかるとは誤算だったんだぜ…

文章も良かったし挿し絵も含めて総じて良かったです。
ただ読むなら4巻まで一気に読んだ方が良いですね。
アニメとコミカライズが面白いと思えたなら原作は大丈夫かと思います。

HTML convert time: 0.517 sec. Powered by WordPress