りゅうおうのおしごと! 14 ドラマCD&抱き枕カバー付き特装版 予約開始!
各種専門店では個別の特典もアリ!
:: 2017/8/21 月曜日::

■[漫画]notハッピーエンド「青春のアフター」4巻

青春のアフター4巻青春のアフター4巻
出版社:双葉社
作者名:緑のルーペ
作者サイト:青人草の日曜日
作者twitter:緑のルーペ (@midorinorupe) on Twitter
Kindle版:青春のアフター (4)
Kindle版まとめ買い:青春のアフター
DMM電子書籍:青春のアフター (4)

気付かなかったなぁ…
見事に騙された…! 騙されきってしまった…!
まことじゃないけど、これは騙されるって!
だって同じ服、同じ顔なんだもん!
でもまぁ、カチューシャの有無というヒントはあったんだよね…
歴史は変わらないけど、チャンスだけはくれてたのかもしれない。

作者自身もハッピーエンドではないと言ってたけど、誰にとってのバッドエンドなんだろう…
バッドにとってのバッドエンドなのかというと、どうなんだろう?
確かに初恋は実らなかったし、不毛な回り道をしたけれど、
エロゲーで言えばベターエンドと言えなくもない。

ではみいこにとってのバッドエンドなのかというと、これもどうなんだろう?
確かに10年以上待たされることになったけれど、
最後にはちゃんと浮気することなく10年以上想い続けることで、
想い人と再会することができたんだからトゥルーエンドと言えるんですよね。

結局誰にとってのバッドエンドかというと、やっぱりさくらなのかなぁ、と。
初恋の相手と結ばれることはなく、次に好きになった人にはもう恋人がいて、
やっと結ばれたと思ったら記憶が戻って離れていってと、
これはもうバッドエンド以外何者でもないですよ。
結局梅子としてその後どうなったかもわからないし…
もう、色々と切ないし、辛いよなぁ…

いやはや本当に、ものの見事に、最後まで緑のルーペさんの作品でしたね。
心の柔らかく傷つきやすいところを容赦なく抉られた気分です。
でも、最高に面白かったです。
ありがとうございました。

ちなみに後書きにもありますが、先日の夏コミでIF同人誌が発行されたみたいです。


気付いたのがつい先日なんで今はとらのあなの通販待ちです。
早く読みたい…!

:: 2016/11/16 水曜日::

■[漫画]一番大切な人≠一番好きな人「青春のアフター」3巻

青春のアフター(3) (アクションコミックス(月刊アクション))
著者/訳者:緑のルーペ
出版社:双葉社( 2016-11-11 )

作者サイト:青人草の日曜日
作者twitter:緑のルーペ(@midorinorupe)さん | Twitter
Kindle版:青春のアフター (3)
Kindle版まとめ買い:青春のアフター

読めば読むほどに心に抉られるんだけど、面白い。
でも、読むのにとても体力と気力がいるので、
心身が疲れている時に読むことはオススメできません。
覚悟を持ってから読むようにしましょう。

さくらを傷つけてしまったまことが逃げるようにみい子の両親へ挨拶に行き、
そこで幸せハッピーエンドにしてくれないのが緑のルーペクオリティ。
倉橋が余計な気を使ってさくらともどもみい子の実家に押しかけて、
まことの心を更にドロドロにしちゃってもうね…、見てらんない…!

まことの心の声を薄っぺらで薄汚い表現で描いてるのが更に心にくるんですよ。
この心の声を聞きたくないし読みたくないんですが読んじゃうんですよ。
そしてその言葉にどこか共感できてしまうんですよ。
でも、それが自分の心の弱さと汚さを否が応でも見せつけられるんですよ。
結果として自分の心をシャベルでエグるかのように傷つけられるんですよ…
でも、面白いから読んじゃうんだよなぁ…

4人+1人で南の島で心の癒やしがあると思ったらまさかの展開だからなぁ…
あのさくらはさくらではなく、タイムスリップしたさくらでしょうね。
いや、タイムスリップした梅子と言った方が正確なのかもしれない…

次の4巻で完結するみたいですが、はたしてどうなるのか。
さくらと梅子の関係が明らかになったり、
みい子とさくらのどちらを選ぶことになるのか。
まぁ、生半可な決着じゃないのは確定なんだろうけど、
最後までしっかりと見守りたいと思います。

:: 2016/3/12 土曜日::

■[漫画]青春のカサブタを剥がそう「青春のアフター」2巻

青春のアフター(2) (アクションコミックス(月刊アクション))
著者/訳者:緑のルーペ
出版社:双葉社( 2016-03-12 )

作者サイト:青人草の日曜日
作者twitter:緑のルーペ(@midorinorupe)さん | Twitter
Kindle版:青春のアフター (1)
Kindle版:青春のアフター (2)

辛い… でも、とても面白い…

読むととても面白いんですよ。
でもね、とても心を抉られて辛いんですよ…
こんなに辛いから面白いのか、面白いから辛いのか。
そんなこともよく判らなくなってしまう漫画です。

大好きだった彼女は別の人を好きで。
告白しても罵詈雑言と共にフラれた上に目の前で消失。
彼女が好きだった人と何故かつるむようになり、
彼女の祖母を世話したり怠惰に落ちたり。
それでも何とか這い上がって思い出にして彼女を作って幸せになっていたら、
16年後に彼女が再び現れて…

エロ漫画ではないけど2巻はとてもエロいです。
鳥羽の彼女であるみい子もエロ可愛かったけど、
さくらがまたタイムスリップしてあの日から3年後の世界で、
鳥羽がさくらそっくりな梅子という女性に溺れる現場は、
とても退廃的で淫靡でしたね…
そしてとても残酷で、それ故に美しかったです。

それにしてもラストの展開はなぁ…
これは本当に心を抉ってくるよ…
でもなぁ、これがまた面白いんだ…!

正直言ってこれからどう転んでもハッピーエンドになりそうにないんだけど、
それでも続きを切望しちゃいますね。
梅子の正体はやっぱり数年後のさくらがまたタイムスリップしたのか、
彼女が再登場することがあるのかとか、
もう色々と気になりますよ。
あー、ホントどうなるんだろうこれ。
面白すぎて辛い。

:: 2015/8/22 土曜日::

■[漫画]高校時代の片想いの後始末「青春のアフター」1巻

青春のアフター(1) (アクションコミックス(月刊アクション))
著者/訳者:緑のルーペ
出版社:双葉社( 2015-08-10 )
作者サイト:青人草の日曜日
作者twitter:緑のルーペ@midorinorupe)さん | Twitter

作者が緑のルーペ。

もうこの時点で心を抉りにくるのがモロ判りですが、
ご安心ください。
実際その通りですから!

鳥羽まこと16歳。
バカ高校に通う彼にはクラスメイトに好きな子が居た。
彼女の名前は十和さくら。
バカ騒ぎしてばかりのクラスの中で自分と同じぼっちの匂いがする彼女と、
少しずつ仲を深めていく鳥羽少年。

seisyun_after01_01

彼女の家で一緒にゲームをしたり、彼女の手作り弁当を食べたりしたら、
そりゃー、高校生童貞男子なんてイチコロで勘違いしますよ。
でも、勘違いは勘違いであり、さくらの好きな人は別に居て…

seisyun_after01_02

キツイ、これはキッツい。

でも、それくらいはまだまだ緑のルーペさんにとっては序の口で。
雨の中、さくらは罵詈雑言を浴びせかけている最中に目の前で消えてしまった…

そしてそれから16年。
鳥羽くんは既に別の彼女を作り、同棲生活を始めて順風満帆なのに、
何故かさくらは16年前の姿のまま唐突に現われ、奇妙な3人暮らしを始めることに。
そう、この話は高校時代の片想いの後始末をつける、青春のアフターな物語…

この漫画はただのハーレムラブコメではありません。
鳥羽くんは32歳で彼女のみい子とラブラブですし、
みい子も木石ではないので嫉妬するのも当然です。
そしてさくらにとっては恋する人と会ってたのはつい先ほどの話だし、
でも、辛い時に助けてくれたのは大事な友達の鳥羽くんで…
登場人物たちの想いが錯綜しているところがまた面白いんですよね。

この作品はどうしても心を抉ってくる作品ですので、
まずはニコニコ静画で第一話を試し読みすることを強くオススメします。
珍しくエロ要素が薄い作品ですが、
青春をこじらせた人のトラウマを刺激する面白い作品です。
第一話が大丈夫だったなら是非とも単行本を手に取って欲しいです。

:: 2014/8/28 木曜日::

■[漫画]退廃的でインモラルな日々へようこそ「こいのことば」

こいのことば
著者/訳者:緑のルーペ
出版社:太田出版( 2014-08-26 )
連載サイト:こいのことば – コミック | ぽこぽこ
作者twitter:緑のルーペ (midorinorupe)さんはTwitterを使っています

エロ漫画家のせんせーと、JCの悠里ちゃんの退廃的な日々。

熱心な当サイト読者なら私が毎回紹介していたのを覚えているかもしれませんが、
この「こいのことば」はぽこぽこで連載していたWeb漫画です。
そして作者の緑のルーペさんはヤングガンガンで連載していたこともありますが、
基本的にはエロ漫画家として有名なので当然この漫画もエロっちい作品であります。
というかエロ指定されないのが不思議なほどにエロ漫画してますね。

もう結構いい歳のエロ漫画家のせんせーこと芳川藤之助。
よくある家庭の事情で家に帰りづらかった女子中学生の栗原悠里。
二人の出会いは深夜のファミレスというありきたりなもの。
そして家に帰りたくない悠里と引き篭もり気味のせんせーが、
セックス三昧になるのも必然の帰結みたいなもので…

koinokotoba_01

いやー、良いですよね。
退廃的な生活を続けながら自分の情けなさを客観視するせんせーも良いし、
信頼していた友達にバラしたと思ったら、彼女が身勝手な行動で恋の自爆をし、
更には悪い噂まで流される悠里ちゃんの可哀想さ。
これぞ緑のルーペって感じで心を抉ってきますね。

JCからJKへの境目にこんな日々を送った悠里ちゃんが、
二十歳になったらどんな選択をするのか。
描き下ろしで明らかになるのかと思ってたんだけど、
明らかになったようでやっぱり最後は読者に託してくるあたり、
やっぱりこの漫画の作者は緑のルーペさんだなぁ、と思い知らされましたよ。
万人に薦められる作品ではなかったけど、良い漫画でした。

:: 2012/5/2 水曜日::

■[漫画]現実のロールプレイングゲーム「ブラパ THE BLACK PARADE」1巻

ブラパ THE BLACK PARADE(1) (ヤングガンガンコミックス)
著者/訳者:緑のルーペ フジワラ キリヲ
出版社:スクウェア・エニックス( 2012-04-25 )
コミック ( 272 ページ )
原作協力サイト:白黒若榴 [SHIRO-KURO THE KURO]
原作協力者twitter:藤原キリヲ (krwfjwr) on Twitter
作者サイト:青人草の日曜日
作者twitter:緑のルーペ (midorinorupe) on Twitter

ネトゲにハマり始めていただけの少年、河野留美が、
住んでいる九州のとある町でトンネルを抜けた先にある廃車両で出会った少女、フジノ。
フジノが廃車両の所有権を賭けて留美に決闘を申し込むことで始まる、
非日常を目指す日常の物語。

RPG的な要素を目指しながら、作中では不思議な能力なんて全くないのが特徴です。
実際、廃車両を奪おうとする不良グループを相手に武道を修めているっぽいフジノも、
一対多数ではあっさり負けてしまうし、留美も怖くて逃げようとしてしまうリアルさ。
でも最後にはエアガンとロードバイクという現実的な手段を用いて立ち向かい、
撃退するという現実冒険ストーリーな訳です。

また、RPGとしてお馴染みのダンジョン探索でも舞台は常に現実にあるもの。
でも、廃工場を探検して割りと死にそうな目にあったりもしますし、
廃坑を冒険していたら懐中電灯が壊れて、いつも先頭に立っているフジノが実は暗闇を怖がったりと、
フジノが単純に留美を引っ張るだけの勝ち気な少女、というだけではないというのが魅力的です。

魅力的と言えば留美の学校での馴染みな少女、篠原雛も忘れてはなりません。
下の名前で呼ばれるだけで赤面する高身長だけど可愛さは抜群な篠原さんですが、
今の所出番が少なめなのが残念な所です。
今後の雛ちゃんの活躍にも期待したいです。

HTML convert time: 0.545 sec. Powered by WordPress